[Active Directory ユーザーとコンピュータ] の UPN ボックスに破損したデータが含まれる

現象

[Active Directory ユーザーとコンピュータ] を使用してユーザーをコピーする際、ユーザー名の隣にある UPN ボックスに @ユーザードメイン名.com ではなく破損したデータが含まれています。ボックスの隣の矢印をクリックすると、正しいユーザー プリンシパル名 (UPN) を含むフィールドが表示されます。

原因

この問題は、Active Directory ディレクトリ サービスのユーザー オブジェクトに関する無効な情報が UPN 属性に含まれているために発生します。この属性には、ユーザー名@ユーザードメイン名.com が含まれている必要がありますが、この場合は @ユーザードメイン名.com がなく、それが破損の原因となっています。Ldp.exe または AdsiEdit.msc を使用して、この属性をチェックできます。

回避策

この問題を回避するには、Ldp.exe または AdsiEdit.exe を使用して、ユーザー オブジェクトの UPN 属性を正しい ユーザー名@ユーザードメイン名.com 文字列に変更します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 331651 (最終更新日 2002-12-12) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:331651 - 最終更新日: 2003/07/27 - リビジョン: 1

フィードバック