2016 年 8 月 16 日 — KB3179574

適用対象: Windows 8.1Windows Server 2012 R2

この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。重要な変更は、次のとおりです。
  • 障害が発生したときに、Windows ゲートウェイがフェールオーバーせずに接続が切断されたままになる問題を修正しました。
  • RemoteApp として実行したときに、アプリケーション デスクトップ ツールバー ("アプリ バー" とも呼ばれます) が表示されるデスクトップ領域を、他のアプリケーションに対して使用禁止にできなかった問題を修正しました。
  • KB3072633 のインストール後、SharePoint の OLE ドラッグ アンド ドロップの不具合のために、Internet Explorer からエクスプローラーにドラッグ アンド ドロップでファイルをダウンロードできない問題を修正しました。
  • Windowsカーネルの不具合のために、Skype for Business (旧称 Lync) が動作を停止する問題を修正しました。
  • "リムーバブル記憶域の監査" のグループ ポリシーを有効にしてユーザー レベルでのグループ ポリシーの適用を抑制しても、リムーバブル ストレージ メディアへの読み取りアクセスや書き込みアクセスを無効にできない問題を修正しました。
  • ドメイン ネーム サービス (DNS) を使ったクエリの実行中に、利用可能なメモリがなくなる問題を修正しました。
  • アクティブ/パッシブ モードで NIC チーミングまたは負荷分散/フェールオーバー (LBFO) が設定されている場合に、重複したブロードキャスト データ パケットが各ネットワーク インターフェイス カード (NIC) で受信されてアプリケーションに送信される問題を修正して、パフォーマンスを改善しました。
  • しきい値に達した後、Extensible Storage Engine (ESE) トランザクション ログを自動削除できない問題を修正しました。この問題は、ESE トランザクション ログが動的ホスト構成プロトコル (DHCP) などによって定期的に作成される場合に発生します。
  • IoVolumeDeviceToDosName() ルーチンを使うドライバーで、バックアップの失敗やサーバーの応答停止が発生する問題を修正しました。
  • DNS サーバーに条件付フォワーダーが設定されているドメイン内に、存在しない DNS レコードに対するクエリがある環境で、DNSSEC 検証を有効にすると、DNS エントリでスパイクが発生していた問題を修正しました。
  • ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS) モジュールに障害が発生すると、その後ドメイン コントローラーが何度も再起動し、その時点でドメイン コントローラーにバインドされているアプリケーションやサービスが中断する問題を修正しました。
  • DNS サーバーがループから抜け出せず、DNS クエリへの応答が停止する問題を修正しました。
  • ネットワークの損失がログに記録されて、クラスター サービスが動作を停止する問題を修正しました。これは、ネットワーク接続が切断し、仮想マシン (VM) に 1 つの可能なオーナーが設定されている場合に発生します。
  • [プロキシ有効] を [いいえ] に設定しても、ワイヤレス アプリケーション プロトコル (WAP) 経由で外部ネットワークからパスワードを変更できる問題を修正しました。この問題は、認証に Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) と Web アプリケーション プロキシ (WAP) を使っている環境で発生します。
  • ネットワーク ファイル システム (NFS) クライアントが NFS サーバーにデータを書き込もうとしたときにフェールオーバーが発生すると、データが失われる問題を修正しました。
  • サーバー メッセージ ブロック (SMB) サーバーで、エラー 0x50 が表示されて断続的にサーバーがクラッシュする問題を修正しました。
  • 証明書のログオンが、エラー コード 0xC000006D (エラー メッセージ: "実行しようとしたログオンは無効です。ユーザー名または認証情報に誤りがあります。") またはエラー コード 1326 (エラー メッセージ: "ログオン失敗: ユーザー名を認識できないか、またはパスワードが間違っています。") を表示して失敗します。この問題は、Windows Server 2012 R2 のドメイン コントローラーが、同時に複数の証明書のログオンの試みを処理している場合に発生します。
  • KB3025097 のインストール後に、NFS 共有をマウントすると、サーバーでバグチェックが発生する問題を修正しました。
  • (UNC Hardened Access 機能を使って) 相互認証を必要とするように設定されているコンピューターで、ドメイン DFS 名前空間 (\\contoso.com\SYSVOL など) にアクセスしようとすると、"アクセスが拒否されました" というエラー メッセージが表示される問題を修正しました。

    この問題は、選択されたドメイン コントローラーに、セキュリティ更新プログラム KB3161561 がインストールされていて、ドメイン コントローラーで SmbServerNameHardeningLevel レジストリ エントリが 0 以外の値に設定されている場合に発生します。
  • 複雑なチケットの生成中に、ドメイン コントローラー (DC) が動作を停止する問題を修正しました。

この更新プログラムの入手方法の詳細と、更新されるファイルの全リストについては KB3179574 をご覧ください。