Word 2016 セキュリティ更新プログラムについて2017 年 12 月 13 日

適用対象: Word 2016

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、特別に細工された Office ファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります。 脆弱性の詳細については、「ADV170021 | Microsoft Office の多層防御機能の更新プログラム」を参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Word 2016 がインストールされている必要があります。

Microsoft ダウンロード センターの更新プログラムは、Microsoft インストーラー (.msi) ベース エディションの Office 2016 に適用される点に注意してください。 Microsoft Office 365 Home など、Office 2016 クイック実行エディションには適用されません (「Determining your Office version」(英語情報) を参照してください)。  

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムには、次のセキュリティ以外の問題についての機能追加と修正が含まれています。

  • この更新プログラムは、Word 2016 の VBA でスタイル プロパティに関するパフォーマンスを改善します。

  • 変更履歴の記録モードで文書を保存すると、一部のテキストが文書から失われます。 

  • Word 2016 で OpenType (*.otf) フォントを使用すると、行間が正しく表示されません。

  • Word VBA でテキスト ボックス内の最初の段落の段落 ID を設定できません。

  • 表の列幅を調整すると、セル内のテキストが重なります。

  • Word 2016 で OLE オブジェクトをアクティブ化しようとすると、新しく開いたアプリケーションでオブジェクトが突然アクティブ化されます。 

  • インターネット一時ファイル フォルダーにあるテンプレートに基づいて文書を作成および編集し、その文書を印刷すると、セキュリティ バーが予期せず再表示されます。[編集を有効にする] をもう一度クリックすると、Word がクラッシュします。 

  • Word 2016 で表示倍率を変更すると、水平線が消えます。 

  • 右から左方向の Word 文書を PDF または XPS ファイル形式で保存すると、行番号がテキストの右側ではなく、左側に表示されます。 

  • 水平線の図形を含むバイナリ文書 (*.doc) を開くと、Word 2016 がクラッシュします。

  • Office 2016 アプリケーションでヒンディー語を使用すると、アラビア文字の小数点がピリオドではなくカンマで表示されます。  

  • Word アプリケーションを別のアプリケーションに OLE オブジェクトとして埋め込み、ナビゲーション ウィンドウを使用すると、Word 2016 がクラッシュします。

  • Office 2016 で以前の文章校正プログラムの文法オプションを変更しようとすると、Word 2016 がクラッシュします。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセスします。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2017 年 12 月 13 日

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム KB 4011242 に置き換わるものです。 

ファイル ハッシュ情報

パッケージ名 パッケージ ハッシュ SHA 1 パッケージ ハッシュ SHA 2
word2016-kb4011575-fullfile-x86-glb.exe 09A72261DC2747EE6FBBCE86F73EE726AB2A62FB BB5131346146EF0FC9381564D33C256E3D6C6809016606351235D1D6BDA47DD7
word2016-kb4011575-fullfile-x64-glb.exe 45850C56B58259EBA69566269146E21CE63D2FC4 07DC2F004B2266D9A6A0EC8B17220858C52A47B268FDC4DEADCE9E877E26019F

ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しいセキュリティ更新プログラムがリリースされている可能性もあります。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

サポートされているすべてのバージョンの Word 2016 (x86 ベース)

ファイル識別子 ファイル名 ファイル バージョン ファイル サイズ 日付 時刻
igx.dll igx.dll 15.0.4981.1000 8990880 16-Nov-17 03:11
oart.dll oart.dll 15.0.4989.1000 14451896 16-Nov-17 03:11
oartodf.dll oartodf.dll 15.0.4981.1000 2139336 16-Nov-17 03:11

サポートされているすべてのバージョンの Word 2016 (x64 ベース)

ファイル識別子 ファイル名 ファイル バージョン ファイル サイズ 日付 時刻
igx.dll igx.dll 15.0.4981.1000 10372256 16-Nov-17 03:11
xlsrv.ecs.igx.dll igx.dll 15.0.4981.1000 10372256 16-Nov-17 03:11
oart.dll oart.dll 15.0.4989.1000 21243576 16-Nov-17 03:11
xlsrv.ecs.oart.dll oart.dll 15.0.4989.1000 21243576 16-Nov-17 03:11
oartodf.dll oartodf.dll 15.0.4981.1000 3783880 16-Nov-17 03:11
xlsrv.ecs.oartodf.dll oartodf.dll 15.0.4981.1000 3783880 16-Nov-17 03:11

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法


更新プログラムのインストールのヘルプ: Windows Update に関する FAQ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション: セキュリティに関するサポートとトラブルシューティング

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: Microsoft Secure

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート

Office 中核の機能の提案およびフィードバックの提供: Office User Voice ポータル