更新プログラムのロールアップ 13 システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の

適用対象: Microsoft System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager

概要


この資料では、Microsoft システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップの 13 に修正される問題について説明します。Virtual Machine Manager、Virtual Machine Manager サーバーの 1 つは、管理者コンソールのいずれかの利用可能な 2 つの更新されます。この資料には、この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

修正される問題


  • ファブリックの管理者 (委任された管理者) は、Windows Azure のパックのユーザーによって作成された仮想マシン (VM) のプロパティを変更できません。
  • 間-スターとクラスター間のライブ移行の原因の長いネットワークのダウンタイムをしています。
  • HNV ポリシーは、仮想マシンのフェールオーバー クラスター マネージャー (FCM) を移動するには更新されません。
  • VM に接続できない、 、VMM の UI からの独立したネットワークの VLAN ベースします
  • テストの VM は、HYPER-V のレプリケーションのフェイル オーバーをテストの検証が成功した後 asr セーブセットまたは VMM から削除は、この他のレプリケートされたデータとファイル (テスト対象の VM に関連していない) の削除が行われます。Asr では、この結果、他の複製された Vm の重大な状態を示します。
  • スナップショットの削除と復元は、すべての依存関係がない場合でも、Vhd を削除しません。
  • WinRM のバージョンが 10 より大きい場合、VM は System Center Operations Manager で重要なものとして表示されます。
  • HNV VM は、レガシ モードになっているホストに移行されると、HNV ポリシーは更新されません、それが原因で、VM の接続が失われます。

注: 、すべての機能強化と前回の累積的な更新プログラムに含まれている修正にはシステム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager 用の更新プログラムは累積的であるため、この更新プログラムに含まれています。詳細については、システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップの 12を参照してください

入手してシステム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップの 13 をインストールする方法


Virtual Machine Manager 用の更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Virtual Machine Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ Ok] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動でダウンロード

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

Virtual Machine Manager サーバーの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします

管理コンソールの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

インストール手順

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権でコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

msiexec.exe の場合パッケージ

の例では、システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager サーバーの更新プログラムのロールアップの 13 のパッケージをインストールするのには (KB4014525)、次のコマンドを実行する:

msiexec.exe 場合 kb4014525_vmmserver_amd64.msp

注:

インストール後

警告を解決するには、"SMBIOS GUID が同じで別のコンピューターが検出された、既存のストレージ ・ スペース直接 (S2D) クラスターで、プロバイダーを削除し、追加し直します。プロバイダーを追加すると後、は、これらのプロバイダーを更新します。

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル


 

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


マイクロソフトを使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語について説明します。