2017 年 4 月 11 日 - KB4015548 (セキュリティ専用更新プログラム)

適用対象: Windows Server 2012Windows Embedded 8 Standard

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムでは、スクリプト エンジン、Hyper-V、Win32K、Adobe Type Manager フォント ドライバー、Microsoft Outlook、グラフィックス コンポーネント、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコルおよび Windows OLE でのセキュリティに関する脆弱性を解決します。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

この 4 月の更新プログラムには、3 月の更新プログラムに含まれているバージョンよりも古いバージョンの mrxsmb.sys が含まれていますが、 バイナリ コンテンツは同じなので、これらの更新プログラムをインストールしたシステムへの影響はありません。 

更新プログラム

Mrxsmb.sys のバージョン

3 月の更新プログラム KB4012214

6.2.9200.22082

4 月の更新プログラム KB4015548

6.2.9200.22065

 

 

詳細情報


  • このセキュリティのみの品質更新プログラム (KB4015548) に記載されているセキュリティ修正プログラムは、2017 年 4 月のセキュリティ月例品質ロールアップ KB4015551 にも含まれています。 更新プログラム KB4015548 または KB4015551 をインストールすると、ここで説明するセキュリティ修正プログラムもインストールされます。
  • このセキュリティのみの品質更新プログラムには、Internet Explorer 用のセキュリティ修正プログラムが含まれていません。 Internet Explorer 用のセキュリティ修正プログラムを取得するには、Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム KB4014661 もインストールする必要があります。 このセキュリティ月例品質ロールアップには、Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラムは含まれていません。
  • Windows Update 以外の更新管理プロセスを使用し、すべてのセキュリティ更新プログラム分類の展開を自動的に承認している場合、この 2017 年 4 月のセキュリティのみの品質更新プログラム (KB4015548)、2017 年 4 月のセキュリティ月例品質ロールアップ KB4015551、および Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム KB4014661 が展開されます。 目的の更新プログラムが展開されるように、更新プログラムの展開ルールを確認することをお勧めします。
  • このセキュリティのみの品質更新プログラムは、2017 年 4 月 (またはそれ以降) のセキュリティ月例品質ロールアップまたは月例の品質ロールアップのプレビューが既にインストールされているコンピューターへのインストール対象にはなりません。 これらの更新プログラムには、このセキュリティのみの品質更新プログラムに含まれているセキュリティ修正プログラムがすべて組み込まれているためです。