更新プログラムのロールアップの System Center 2016 Operations Manager には、[3

適用対象: System Center 2016 Operations Manager

概要


この資料では、Microsoft System Center 2016 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 3 で修正される問題について説明します。この資料には、この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

修正される問題


  • エージェント モジュールのバージョン 1.6.2-337 を実行すると、次の警告が表示されます。
  • すべてのフランス語ロケール (FRA) 環境で System Center 2016 Operations Manager を実行するとカスタム イベントのレポートの日付の列が空欄になります。

  • System Center Operations Manager コンソールの [ HTTP を使用しての高度な監視を有効にするタスクはありません WebSphere 深い Linux システム上で監視を有効にします。

  • Azure の管理パックによって作成されたルールに複数のプロパティをオーバーライドするには、重複データの上書きの名前が作成されます。これは、場合、オーバーライドが失われます。

  • ハートビート エラー モニターがトリガーされると、コンピューターが停止した場合でも、「コンピューター接続できません」メッセージが表示されます。

  • Get SCOMOverrideResult PowerShell コマンドレットでは、効果的なオーバーライドのリストを返しません。

  • サービス レベル (SLA) のダッシュ ボードとサービス レベルのオブジェクト (SLO) を含むクライアントの管理パック (MP) を作成するときのオブジェクトのローカライズされた名前が正しく表示されないクライアントのCurrentCulture設定は、で一致しない場合はCurrentUICulture設定します。ローカライズされた設定が英語、英語、ENG、またはオーストラリア英語、ENAの場合、問題があるオブジェクトの名前を変更します。

  • イベント ID: 26373変更された「緊急」メッセージから、"情報"のメッセージをが大量のメモリ消費が発生して、サーバーのパフォーマンスに影響を与える、エラーが発生しました。

  • システム センター 2016年オペレーション マネージャー エージェントでの、アプリケーション パフォーマンス監視 (APM) 機能では、.NET Framework 2.0 ランタイムで実行されている IIS アプリケーション プールのクラッシュが発生します。Microsoft エージェントの監視を有効にするには.NET Framework 2.0 アプリケーション プールでバイナリの更新を APM を使用するすべてのサーバーで更新されます。サーバーを再起動しなければならない場合が場合は、更新時に APM のライブラリが使用されている

    重要 更新プログラム ロールアップ 3 で、この問題は完全には解決されません。この問題の詳細については、Microsoft の web サイトでUR3 に付属しているエージェントのクラッシュ問題を修正する更新プログラムのブログを参照してください。

  • UseMIAPIのレジストリ サブキーには、red Hat Linux のシステムのプロセッサのパフォーマンス データの収集ができなくなります。また、カスタムのパフォーマンス コレクション ルールは、 UseMIAPIの設定によっても影響します。

  • システムの Active Directory 組織単位 (OU) のプロパティがされていない検出、または設定します。

  • Microsoft.SystemCenter.Agent.RestartHealthService.HealthServicePerfCounterThreshold回復タスクが失敗したエージェントを再起動して、次のエラー メッセージが表示されます。

    このシステム上でスクリプトの実行が無効になっているために、LaunchRestartHealthService.ps1 を読み込むことができません。

    エージェントが多すぎるリソースを消費しているときに復旧作業を行うには、この問題を解決されています。

     

  • Microsoft.SystemCenter.Internal.xml でDiscoverAgentPatches.ps1スクリプトが失敗し、次の例外が発生します。

     
    例外:
    メソッドの呼び出しに失敗しました [System.Object [] には、'op_Subtraction' をという名前のメソッドが含まれていません。
    C:\bin\scripts\patch.ps1:37 の char 型: 35 で
    + ($count = 0 になります。($productList.Count-1)。$カウントでは)
    +                                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo: これらの列: (op_Subtraction:String)、[変換
    + FullyQualifiedErrorId: MethodNotFound

     

  • 実行ポリシーが追加されている受信トレイの管理パック内の PowerShell スクリプトを制限なし。

  • 保守スケジュールの SQL エージェント ジョブは、既定のデータベースを使用します。データベース名は、既定ではない場合、ジョブは失敗します。

  • この更新プログラムは、OpenSSL1.0 のサポートを追加します。AIX コンピューター xにします。この変更により、System Center Operations Manager は、OpenSSL の 1.0 を使用します。AIX、および OpenSSL 0.9 でサポートされている既定の最小バージョンとしては、 xです。xがサポートされていません。

System Center 2016 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 3 を取得する方法


Operations Manager の更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストール、Operations Manager のコンポーネントがインストールされているコンピューターにこれらの手順に従います。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、し、[ Ok] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

Windows Server 2016 またはそれ以降のバージョンは、コンピューターが実行中、以下の手順を実行します。

  1. 開始] をクリックし、[設定] をクリックします。
  2. の設定] で、更新プログラムとセキュリティをクリックします。
  3. [場所] タブの [ Windows Update Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 、更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動でダウンロード

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

オペレーション ・ マネージャーの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

Operations Manager のインストール手順


インストールに関する注意事項

  • 重要 システム センター 2016年オペレーション マネージャー サーバー (KB3209591)の更新プログラムをシステム センター 2016年オペレーション マネージャー サーバー (KB4016126)の更新プログラムをインストールする前にインストールする必要があります。
  • この更新プログラムのロールアップ パッケージは、次の言語で利用可能な Microsoft Update からです。
    • 簡体字中国語 (CHS)
    • 日本語 (JPN)
    • フランス語 (FRA)
    • ドイツ語 (DEU)
    • ロシア (RUS)
    • イタリア語 (ITA)
    • スペイン語 (スペイン)
    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)
    • 繁体字中国語 (CHT)
    • 韓国語 (KOR)
    • チェコ語 (CSY)
    • (NLD) オランダ語
    • ポーランド (POL)
    • ポルトガル語 (ポルトガル) (機関-PTG)
    • スウェーデン語 (スウェーデン語)
    • トルコ (TUR)
    • ハンガリー (HUN)
    • 英語 (英語)
  • いくつかのコンポーネントは複数の言語、およびこれらのコンポーネント用の更新プログラムはローカライズされません。

  • 管理者として、この更新プログラムのロールアップを実行する必要があります。

  • コンソールの更新プログラムの適用後にコンピューターを再起動しない場合は、コンソールの役割の更新プログラムを適用する前に、コンソールを閉じます。

  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するに Silverlight でブラウザーのキャッシュをクリアして、Silverlight を再起動します。

  • System Center 2016 Operations Manager サーバーをインストールした後、数時間以内にこの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。

  • ユーザー アカウント制御が有効な場合、ファイルを実行、.msp 更新プログラム管理者特権でコマンド プロンプトから。

  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、オペレーション データベースとデータ ウェアハウスのデータベース ・ インスタンスでは、システム管理者の権限が必要です。

サポートされているインストールの順序

  1. 次のサーバ ・ インフラストラクチャの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
    • 管理サーバーまたはサーバー
    • Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
    • ゲートウェイ
    • オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター
  2. SQL スクリプトを適用します。
  3. 手動で管理パックをインポートします。
  4. エージェントの更新プログラムを適用します。
  5. エージェントの手動インストール、またはプッシュ オペレーション コンソールで、保留からのセットアップを表示するには、Nano のエージェントの更新プログラムを適用します。
  6. Unix および Linux の MPs とエージェントを更新します。

オペレーション マネージャーの更新

更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードして、更新プログラム ロールアップ パッケージに含まれているファイルを抽出、次の手順を実行します。

  1. 更新プログラムのダウンロード パッケージをコンピューターごとにマイクロソフトの更新プログラムが用意されています。マイクロソフトの更新プログラムは、各コンピューターにインストールされているコンポーネントによって適切な更新プログラムを提供します。ダウンロードしたり、 .であるマイクロソフト ・ ダウンロード ・ カタログ
  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    注: 更新プログラムのロールアップ パッケージでは、の MSP ファイルが含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。たとえば、web コンソールとコンソールの役割が管理サーバー上にインストールされている場合は、管理サーバー上の MSP ファイルを適用します。ロールごとに特定のサーバーを保持しているサーバー上の 1 つの MSP ファイルを適用します
  3. OperationsManagerDB データベースに対してデータベース ・ サーバ上には、次のデータベースの SQL スクリプトを実行します。
     
    Update_rollup_mom_db.sql


    注: このスクリプトは次のパスにあります:
    更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2016\Operations Manager\Server\SQL スクリプト
  4. 以下の管理パックをインポートします。
    • Microsoft.SystemCenter.Internal.mp
    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Internal.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Image.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb
    • Microsoft.Windows.InternetInformationServices.CommonLibrary.mp
    • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.IntelliTraceProfiling.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.SyntheticTransactions.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.AM.DR.2007.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.SummaryDashboard.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Resources.(LANGUAGECODE_3LTR).mpb
    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.ServiceLevelComponents.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.ACS.Internal.mp
    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.ServiceLevelComponents.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.ACS.Internal.mp

ディスクから管理パックをインポートする方法の詳細については、以下を参照してください。オペレーション マネージャーの管理パックをインポートする方法Microsoft TechNet web サイトにします

注: 管理パックは、次の場所にサーバー コンポーネントの更新プログラムに含まれている:

更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2016\Operations Manager\Server\Management パック

Nano のエージェントの更新


Nano エージェントに更新プログラムのロールアップ 2 の更新プログラムを手動でインストールするには、 KB3209591-8.0.10913.0-NanoAgent.cabのファイルをダウンロードします。Nano エージェント システムにこの更新プログラムをインストールするには、次の PowerShell スクリプトを使用します。

.\UpdateNanoServerScomAgentOnline.ps1 -NanoServerFQDN <FQDN of target Nano Server> -BinaryFolder <Path where the update .cab is already expanded OR path to one or more Nano-agent update .cab files> -IsCabExpanded <$true if BinaryFolder path is to an expanded .cab, $false if it is for a packed .cab file(s)> -RemoveBackup <$true to remove the previous binaries from the agent machine>

 

UNIX および Linux の管理パックの更新


監視パックを更新しを UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェントをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. System Center 2016 Operations Manager 環境に更新プログラム ロールアップ 3 を適用します。
  2. 次のマイクロソフト web サイトからシステム センター 2016年の更新された管理パックをダウンロードしてください。
     
  3. 管理パック ファイルを抽出する管理パックの更新プログラム パッケージをインストールします。
  4. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとに更新された管理パックをインポートします。
  5. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、 UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザード] または [更新プログラム SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。

アンインストール情報


更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec /uninstall PatchCodeGuid /package RTMProductCodeGuid

注: PatchCodeGuidプレース ホルダーは、次の Guid のいずれかを表します

PatchCodeGUID

コンポーネント

アーキテクチャ

言語

{DDBE1ED2-862B-4D34-B248-F1659BE6034F}

エージェント

amd64

en

{C643876F-311B-451F-98D9-3FC433CDDFC4}

コンソール

amd64

en

{1D959DDF-C441-4C12-AAE6-5BEE5ABD6584}

Web コンソール ・

amd64

en

{9182B3E8-C139-49A6-97CC-1B9310053053}

ゲートウェイ

amd64

en

{997B7B7E-01A2-460C-9F48-3F0BF3FE8622}

サーバー

amd64

en

{9D0DB2A0-92BA-41C9-8CDF-BA66101CDE5E}

エージェント

x86

en

{EFD5D573-BA1E-424A-8CB7-B493C723E027}

コンソール

x86

en

{04627346-17C6-472B-808A-42BABA80CF3B}

コンソール

amd64

cn

{4626EC88-91DB-4B30-AE5F-05B7D2D20773}

Web コンソール ・

amd64

cn

{90FC427B-A140-4B99-83A6-FE3E2FFE7B12}

コンソール

x86

cn

{E7FB686D-0F2C-4529-ACE5-705DEC4E58A9}

コンソール

amd64

cs

{CC8D4354-EE12-4C9C-9AA8-082BA64074B0}

Web コンソール ・

amd64

cs

{7537035C-AEA2-491E-AD51-B87E15FB04EB}

コンソール

x86

cs

{E60D42B3-0B31-4B29-B6C7-44EBEE85162F}

コンソール

amd64

de

{AB340B8A-4942-4EBA-8E80-B4B8FD930983}

Web コンソール ・

amd64

de

{EB6EE138-B77C-43E6-9085-01AE03BED1D2}

コンソール

x86

de

{2E2E59F6-C180-4656-864B-92E31734A803}

コンソール

amd64

es

{0F87E593-A789-4162-BE63-BB52C45E220E}

Web コンソール ・

amd64

es

{6CC8563C-7736-4715-9667-21CCDCC34319}

コンソール

x86

es

{4FBF27D1-456A-47AA-834B-BBCF2BAE9133}

コンソール

amd64

fr

{C40ACCE4-BE36-45CC-B2E7-27B1D6C9C7DB}

Web コンソール ・

amd64

fr

{EA38AF56-EFBF-4945-8F69-18B2ED06860D}

コンソール

x86

fr

{13A04A0C-8F3F-4249-B1A6-5C6171907DFD}

コンソール

amd64

%hu

{E192DC3C-DFB3-4087-87D4-FA11C0B064CE}

Web コンソール ・

amd64

%hu

{298C3FE9-E240-4B24-BA84-3E4B5CB2C1CF}

コンソール

x86

%hu

{32F57E40-042B-4F45-BA90-462D5F6CDBC6}

コンソール

amd64

その

{97399D24-700E-4E48-AB76-E43F86F537D3}

Web コンソール ・

amd64

その

{799E9B77-EE76-407A-BE23-3B452DE5205A}

コンソール

x86

その

{53F443DE-87F3-4377-AB9E-692D4DD5D431}

コンソール

amd64

ja

{0AB70C9F-5AB9-4E8C-9557-5F466C8D9108}

Web コンソール ・

amd64

ja

{94836C41-A235-499B-A58D-A84F4AD46FA5}

コンソール

x86

ja

{17D1A98A-A57C-49B5-88FD-44527BC28482}

コンソール

amd64

ko

{B2A6AE7A-7FC2-4D0D-AD0D-4440E5F29D11}

Web コンソール ・

amd64

ko

{95783100-5FDB-47C9-AAFE-3A0F9540747D}

コンソール

x86

ko

{EEF63B1F-E2E5-4584-AE70-918A19522B0B}

コンソール

amd64

nl

{DBB1775C-391B-4F22-8D51-FBBE320FAF85}

Web コンソール ・

amd64

nl

{F5319EE6-92AD-4A63-9673-463814890B1A}

コンソール

x86

nl

{8239C333-73EE-40A2-940D-77BBA0390848}

コンソール

amd64

pl

{C33CF210-9634-42CF-87AB-BA0B5EE1C24F}

Web コンソール ・

amd64

pl

{FDB66706-AA98-4608-881E-4C33D02E8B2B}

コンソール

x86

pl

{5F4908B9-1B1D-4218-82A7-21B99A364761}

コンソール

amd64

pt br

{E0632B27-079F-409E-B9C2-F95A8C3F7AFC}

Web コンソール ・

amd64

pt br

{74D5015B-E7F9-4B7E-A129-73F360E3A6EE}

コンソール

x86

pt br

{AD1275DE-10A0-4718-9250-A0A674165993}

コンソール

amd64

pt pt

{41768680-D07B-483B-AFB8-11B7DF316DE1}

Web コンソール ・

amd64

pt pt

{53228DEC-6EF4-47D3-8B55-9C9A170550E8}

コンソール

x86

pt pt

{EEDA248F-661C-4159-8CBE-A73AEC4F8B74}

コンソール

amd64

ru

{7AE96FBE-C8BB-4D03-A216-E92ED37FCAA6}

Web コンソール ・

amd64

ru

{0B966714-DF4B-412F-A124-107A0FA4B446}

コンソール

x86

ru

{06DFCFEF-67AD-4B2F-8227-D45170EDC799}

コンソール

amd64

sv

{5B51A031-9CE4-4057-8DD1-D6315842BE42}

Web コンソール ・

amd64

sv

{81AE120B-2498-4D2C-8A5B-1F4FFA8DA3B1}

コンソール

x86

sv

{303B4F5B-9AA7-4DF1-8415-DD44118E51C1}

コンソール

amd64

tr

{41E91E0F-A285-4A3A-BBFD-4DB89CA7BAFE}

Web コンソール ・

amd64

tr

{7A593F77-F90A-42B2-80A6-60ECF0337EF7}

コンソール

x86

tr

{53EE6DF1-4028-4F3F-8C57-5985DEF3BFA8}

コンソール

amd64

tw

{D326414D-1172-4BDC-96E0-E12A8502741E}

Web コンソール ・

amd64

tw

{0D9C5AE1-116F-49BC-936A-B2CF1A2A1375}

コンソール

x86

tw

さらに、 RTMProductCodeGuidのプレース ホルダーは、次の Guid のいずれかを表します。

コンポーネント

RTMProductCodeGuid

エージェント Amd64

{742D699D-56EB-49CC-A04A-317DE01F31CD}

エージェント X86

{430BF0E7-3BA7-49FF-8BD1-F34F6F1057A6}

サーバー

{1199B530-E226-46DC-B7F4-7891D5AFCF22}

コンソール Amd64

{E072D8FC-CD31-4ABE-BD65-606965965426}

コンソール X86

{AF337207-0486-4713-AE0F-5CE4110B2D24}

Web コンソール ・

{676EB643-C22A-4EEC-A8CF-13A0719056A5}

ゲートウェイ

{B47D423B-580B-4D57-9AFD-D0325F839FE9}