2017 年 3 月 22 日 — KB4012219 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

適用対象: Windows 8.1Windows Server 2012 R2

この更新プログラムには、マンスリー品質ロールアップ KB4012216 (2017 年 3 月 15 日リリース) に同梱されている品質の向上と修正プログラムが含まれています。 この更新プログラムには、次の新しい品質の向上も含まれており、来月のマンスリー品質ロールアップのプレビューになります。 重要な変更は、次のとおりです。

  • UAC と EnableLinkedConnections が有効な場合に、レンダリングされた DFS-N にマップされたネットワーク ドライブに Administrators グループのメンバーがアクセスできない既知の問題 (KB3192392) を修正しました。
  • セキュリティ更新プログラム MS16-072 のインストール後にユーザー グループの処理を妨げる可能性がある設計の変更について、管理者に通知する警告メッセージをグループ ポリシー管理コンソール (GPMC) で有効にしました。
  • スマート カード モジュールを非接触型スマート カード リーダーとペアリングできない問題を修正しました。
  • パリティ ログの書き込み中ディスクに障害が発生した場合、デュアル パリティ ディスクを使用するスケールアウト ファイル サーバーがディスクにアクセスできない問題を修正しました。
  • ハード リスタートの後にディスクがデタッチする Spaceport ドライバーの問題を修正しました。
  • ドライバーの検証ツールが有効になっている際のマルチパス I/O の問題を修正しました。
  • KB3169982 のインストール後、Azure StorSimple アプライアンスでワークロードが中断される問題を修正しました。 KB3172614 ロールアップ (2016 年 7 月リリース) を使用してインストールが行われます。
  • KB3185279、KB3185331、または KB3192404 のインストール後、マルチパス I/O における回帰が原因でデータ パス管理ソフトウェアがクラッシュする問題を修正しました。
  • サードパーティ製の仮想プロビジョニングされた記憶域エリア ネットワークに KB3121261 をインストールすると、マルチパス I/O イベント ID 48 が発生する問題を修正しました。 これは、Small Computer System Interface の状態、0X28 - SCSISTAT_QUEUE_FULL (SRB Status - 0X4 - SRB_STATUS_ERROR) に応答した結果です。
  • 保存スペースの診断を有効にして収集する PowerShell コマンドレットを提供するため、問題を修正しました。
  • データの破損やアプリケーション エラーを引き起こす可能性があるマルチパス I/O エラーに関する問題を修正しました。
  • リモート デスクトップ プロトコルを使用して接続している際にネットワーク ドライブで検索を実行するとエクスプローラーの応答が停止する問題を修正しました。
  • WinShare とリモート デスクトップ サービスを使用してサーバーに接続しようとするとクラッシュする問題を修正しました。 これは、win32k!pDCIAdjClr+0x4f での STOP エラー 0x50 です。
  • PC が Windows Update で更新プログラムのスキャンまたはダウンロードを試みる際に、プロセッサの世代とハードウェアのサポートを検出できるようにしました。
  • アクセス ポイント名 (APN) データベースに新しいエントリを追加して、ネットワークのサポートを強化しました。
  • サーバー名でワイルドカードを使用可能にすることで、ポイント アンド プリント グループ ポリシーの許可されたサーバーの一覧を簡潔にしました。
  • Windows 8.1 で Windows Defender が更新されるように問題を修正しました。
  • MS16-110/KB3187754 のインストール後、クライアントがサーバー メッセージ ブロック 1.0 と NT LAN Manager 認証を使用してファイル サーバーにアクセスすることができない問題を修正しました。 
  • パイプからデータを読み取るために fread() 関数を使用する際、破損した出力が生成される問題を修正しました。
  • サービスの品質設定が、ホスト単位で設定および維持されるように問題を修正しました。
  • クラスター化された仮想マシン (VM) の高可用性が失われフェールオーバーが失敗する問題を修正しました。 この問題は、VM の既定のデータ ストア設定がクラスターのノード間で一貫していない場合に発生します (一部のデータ ストア設定は %ProgramData% にある一方で、別のデータ ストア設定は共有ストレージを使用しているなど)。 
  • 高負荷時にバックグラウンド タスクのスレッドがブロックされる問題を修正しました。 この問題により、仮想ハード ディスクの共有を使用するクラスターが、いずれもディスクにアクセスできないため 仮想マシンが応答しません。
  • 2 つの Hyper-V クラスター間で仮想マシンをライブ マイグレーションした後に System Center Virtual Machine Manager でエラー (エラー 0x800b) が発生する問題を修正しました。
  • ハイブリッド クラウドの Azure ファイル サービスのインストール後に Windows Server ワーク フォルダーが再インストールされる際、誤ったファイル競合が発生する問題を修正しました。
  • サーバー共有で暗号化が有効、およびオフライン キャッシュが無効になっている際、リモート クライアントが低速リンクで接続する場合に共有コンテンツがオフラインになる問題を修正しました。
  • SHA-1 ではなく SHA-2 を使用するようにリモート デスクトップ サービスの自己署名証明書を生成するため、問題を修正しました。 この更新の後に、RD セッション ホストの既存の自己署名証明書をすべて SHA-2 証明書で更新する必要があります。 ただし、接続ブローカーとゲートウェイにおける既存の自己署名証明書 (ある場合) は、リモート デスクトップ管理サービス (RDMS) UI を使用して再生成する必要があります。
  • ユーザーが仮想アカウントのパスワードを設定できるように、問題を修正しました。
  • IIS の証明書自動再バインド機能が、サーバー証明書の更新時に DS マッパーを無効にすることで Active Directory とのクライアント証明書マッピングを破損させる問題を修正しました。 この問題によって、管理者が手動でバインドを再作成して DS マッパーを有効にしない限り、だれもサイトにアクセスできなくなります。
  • Active Directory が、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル要求のアクティブなスレッドの数を誤って返す問題を修正しました。 スレッドの数が不適切だと、Office 365 が適切に負荷分散を実行できません。
  • タイム ゾーン情報の更新の問題を修正しました。 
  • ユーザーが、クラスターの共有ボリュームの仮想ハード ディスク ファイルにアクセスする際、Hyper-V サーバーで不定期にクラッシュする問題を修正しました。
  • スケールアウト ファイル サーバー クラスター 2012R2 に格納されているファイル共有監視でエラーが発生する問題を修正しました。 このエラーのイベント ID は 1562 で、失敗した正常性チェックのクラスター ログではエラー 64 が記録されます (RFC 7205769 からの抜粋です)。
  • セキュリティ更新プログラム MS16-123 のインストール後、分散ファイル システム名前空間を使用してマッピングされているネットワーク ドライブの一部に管理者がアクセスできない問題を修正しました。 この問題は、ユーザー アカウント制御と EnableLinkedConnections が有効になっていても発生します。
  • 仮想ネットワーク ファイル システム (NFS) サーバー共有で、別の NFS 共有がクラスター環境内の同じ ID を割り当てられている場合に、断続的にマウントに失敗する問題を修正しました。 
  • 要求が長時間停止している場合にライブ カーネル ダンプをトリガーする LiveDump キャプチャ機能を追加するよう、問題を修正しました。
  • 長い名前 (15 文字以上) のクラスターに接続する際、フェールオーバー クラスター マネージャーがクラッシュする問題を修正しました。 この問題は .NET 4.6.1 のインストール後に発生します。
  • Exchange の累積更新プログラムまたはセキュリティ更新プログラムをインストールする際に必ず Exchange サーバーがクラッシュする問題を修正しました。 エラー コード: STOP 0x3B
  • Microsoft Advanced Threat Analytics がトラフィックを監視するセッションを無作為検出モードで開始して停止する際、ネットワーク トラフィックのキャプチャができない問題を修正しました。
  • ユーザーがワイヤレス認証、プロキシ認証、および VPN 認証に接続できない問題を修正しました。 クライアント要求の処理時、オンライン証明書ステータス プロトコル レスポンダー サービスが断続的に IIS 500 エラーを返します。 この問題により、失効確認と、必要なサービスの認証にクライアントが失敗します。
  • Active Directory ドメイン コントローラーのメンテナンス モードを提供するために、問題を修正しました。 
  • Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) が、ADFS プロキシ サーバーのタイムアウトにより外部ユーザーの認証に失敗する問題を修正しました。 

更新されるファイルの全リストについては、KB4012219 をご覧ください。