Windows 10 で設定アプリケーション グループ ポリシーを使用する方法

適用対象: Windows 10, version 1909, all editionsWindows 10, version 1903, all editionsWindows 10, version 1809, all editions

概要


Windows 10、verson 1703 およびそれ以降のバージョンでは、設定アプリケーション ページへのアクセスを管理するためのグループ ポリシーが導入されています。 これにより、IT 管理者はユーザーにアクセスして欲しくないページを非表示にしたり、ユーザーにアクセスして欲しいページやアクセスしてもらう必要があるページへのアクセスを有効にしたりできます。 Windows 10、version 1703 以前は、管理者は設定アプリケーションを完全にロックしたり、フル アクセスを有効にしたりできました。

背景情報


設定アプリケーション

各設定アプリケーション ページには、プログラムによってページを識別するために使用できる URI があります。 これは、設定アプリケーション グループ ポリシーがアクセスを有効またはブロックするページを指定する方法です。 管理者は、ページの URI を使用してコントロールしたいページをグループ ポリシーに指示します。 ms-settings URI の完全な一覧について、MS-Settings URI スキーマの参照。

設定アプリケーション グループ ポリシー

設定アプリケーション グループ ポリシーには 2 つのモードがあります。 管理者は、表示する設定アプリケーション ページの一覧または非表示にする設定アプリケーション ページの一覧を指定することができます。 これを行うには、グループ ポリシーを有効にし、セミコロンで区切られた設定アプリケーション ページの一覧が続く表示のみ: または非表示: で始まる複数行文字列値を指定します。

設定アプリケーション グループ ポリシーの使用方法


  1. ローカル グループ ポリシー エディターを開き、[コンピューターの設定]、[管理用テンプレート]、そして [コントロール パネル] の順に移動します。

  2. グループ ポリシーの [設定ページの表示] オプションをダブルクリックし、[有効にする] を選択します。

    Select

    図 1: ページ設定表示 グループ ポリシー

  3. 必要に応じて、 表示のみ: または非表示: 文字列を指定します。

    プロキシとイーサネットのみを表示したい場合、文字列は次のようになります:

    表示のみ: ネットワーク プロキシ; ネットワーク イーサネット

    Specify the string

    図 2: プロキシおよびイーサネットを除くすべてのページを非表示にするには、表示のみを使用します。

    プロキシとイーサネットを非表示にし、その他全てへのアクセスを有効にしたい場合、文字列は次のようになります:

    非表示: ネットワーク プロキシ; ネットワーク イーサネット

    制限

    図 3: プロキシおよびイーサネットのみに制限された設定アプリケーション

設定アプリケーション ページの URI を確認する方法


設定アプリケーション ページの URI を確認するには、 ms-settings:上で URI を探します URI スキーマの参照 ページ。

たとえば、モバイル ホットスポット 設定へのアクセスを制御する必要がある場合は、Web ページでモバイル ホットスポット エントリを検索します。 URI は "ms-settings:network-mobilehotspot" です。 文字列の「ms-settings:」部分を削除する必要があります。 モバイル ホットスポット 設定 ページへのアクセスのみを制限するには、文字列を Hide: network-mobilehotspot として設定する必要があります。

複数のページを制限する必要がある場合は、各 URI の間にセミコロンを使用する必要があります。 たとえば、 モバイル ホットスポットプロキシへのアクセスを制限するには、次のように指定します:

非表示: ネットワーク モバイル ホットスポット; ネットワーク プロキシ