Windows 10 で VPN 接続を追加または変更する


仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を使うと、より安全にお使いのネットワークとインターネットに接続できます。 

  • 新しい接続を作成して VPN に参加します。まず、[スタート]   ボタンを選択し、[設定]  > [ネットワークとインターネット]  > [VPN] の順に選択して、[VPN 接続を追加する] を選択します。 
    VPN 接続の追加
  • 次の手順に従って VPN サービスから取得した情報を入力します。これが VPN プロファイルになります。 
    • [VPN プロバイダー][Windows (ビルトイン)] を選択します。

    • [接続名] ボックスに、VPN 接続プロファイルの認識しやすい名前を入力します。

    • [サーバー名またはアドレス] ボックスに、VPN サーバーのアドレスを入力します。

    • [VPN の種類] で、作成する VPN 接続の種類を選択します。会社または VPN サービスで使われている VPN 接続の種類を知っておく必要があります。

    • [サインイン情報の種類] で、使用するサインイン情報の種類を選択します。

    • [保存] を選択します。

  • VPN プロファイルを取得したので、いつでも接続できるようになります。 
    • タスク バーの右端で、[インターネット アクセス]  を選択します。

    • 使用する VPN 接続の下で [接続] を選択します。または、[設定]  > [ネットワークとインターネット] > [VPN] の順に選択して、VPN 接続を選択します。

    • サインイン情報を求められた場合は入力します。接続されると、VPN 接続名の下に [接続済み] と表示されます。 

  • 追加の設定から選択するか、VPN 接続情報を編集します。
    • [スタート]   ボタンを選択し、[設定]  > [ネットワークとインターネット] の順に選択し、[VPN] を選択します。
    • [詳細オプション] で、[従量制課金接続経由での VPN を許可する]  または [ローミング中の VPN を許可する] をオンにします。