作業ファイルから保護を削除する

適用対象: Windows 10

  • 組織で Windows 情報保護を使うと、詮索好きな人から安全に保護するため、作業ファイルと内部 Web サイトが暗号化されます。 この保護では、ファイル内のデータをスクランブル化し、自分や組織内の他のユーザーだけがそのデータを表示できるようにします。

  • 作業コンテンツを簡単に認識する方法は次の 2 とおりです。 エクスプローラーの [ファイルの所有権] 列に、contoso.com が表示されます ("contoso" は組織の名前です)。 また、Microsoft Edge の内部サイトでは、ページの右上にブリーフケース シンボルが表示されます。

  • アプリが組織によって管理されていないために、そのアプリで暗号化されたファイルを開くことができない場合があります。

  • 一部の組織では、ユーザーがファイルを作業用から個人用に手動で変更できるようにしています。 作業ファイルを個人用に変更するには、ファイルを長押し (または右クリック) し、 [ファイルの所有権][個人] の順に選びます。  逆に、個人用ファイルを作業ファイルに変更することもできます。これを行うには、[ファイルの所有権][仕事] の順に選びます。