Outlook 2013 セキュリティ更新プログラムについて2018 年 8 月 15 日

適用対象: Microsoft Office 2013 Service Pack 1

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。 これらの脆弱性の詳細については、Microsoft の一般的な脆弱性と漏洩 ADV180021 を参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft Office 2013 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。

Microsoft ダウンロード センターの更新プログラムは、Microsoft インストーラー (.msi) ベース エディションの Office 2013 に適用される点に注意してください。 Microsoft Office 365 Home など、Office 2013 クイック実行エディションには適用されません (「Determining your Office version」(英語情報) を参照してください)。  

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムには、次のセキュリティ以外の問題についての機能追加と修正が含まれています。

  • [会議室] ボタンまたは会議室の検索アドインを使用してミーティングの会議室を変更すると、新しく選択された会議室と一致するようにミーティングの場所が自動的に更新されません。
  • インターネット メッセージ アクセス プロトコル (IMAP) ストアのフォルダーを削除しても、Outlook 2013 でインターネット メッセージ アクセス プロトコル (IMAP) サーバーのフォルダーが削除されません。 また、インターネット メッセージ アクセス プロトコル (IMAP) サーバーから .OST ファイルで削除されたフォルダーが再びダウンロードされます。 この問題は、更新プログラム KB 4018376 を適用し、IMAPUIDRefactor レジストリ キー値を 1 に設定した場合に発生します。

  • Windows 10 の最新の認証を使用しないアカウントで Outlook 2013 にサイン インしたと仮定します。’ 他のウィンドウの背後にセキュリティ サポート プロバイダー インターフェイス (SSPI) 認証プロンプトが表示されることがありますが、キーボードからアクセスできません。 詳細については、サポート技術情報 4032226 を参照してください。

  • 他のウィンドウの背後に 認証プロンプト が表示されることがあるものの、キーボードからアクセスできないことのある問題を解決する更新プログラム KB 4032240 の翻訳をすべての言語で追加します。 (この翻訳の修正は、上記の箇条書きで説明した問題に関するものです。)

  • この更新プログラム は、サードパーティー製の MAPI アプリケーションのクラッシュの可能性を修正します。
  • 次の資料に文書化されている EnableRoamingFolderHomepages レジストリ キーを使用してすべてのローミング フォルダー ホームページを有効にしない限り、Dynamics CRM の機能がブロックされます。

  • 2017 年 10 月の Microsoft Outlook 用セキュリティ更新プログラムをインストールすると、Microsoft Dynamics 365 for Outlook が Web ページをレンダリングできない

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2018 年 8 月 15 日

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム KB 4022169 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

ファイル名 SHA1 ハッシュ SHA256 ハッシュ
outlook2013-kb4032240-fullfile-x86-glb.exe A0DA2911787DCE1310C1A0C524F65BFEE3BC712E 6499086880A2AEE1680612538B9E5CCAF885AD7537AB6AFC9F41655115099584
outlook2013-kb4032240-fullfile-x64-glb.exe E5DBCFEBD8C64AE1049FEC5E23AC2C3552286546 0B6DA84CA9AE5F98E0CD9877B26B435B2BEE745B13DB74D50C4F0167C4C91014

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法


更新プログラムのインストールのヘルプ: Windows Update: FAQ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション: TechNet セキュリティに関するサポートとトラブルシューティング

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: Microsoft Secure

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート