2017 年 8 月 17 日 — KB4034661 (OS ビルド 14393.1613)

適用対象: Windows 10, version 1607Windows Server 2016

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • このパッケージには d3dcompiler_47.dll が含まれています。詳細については、ブログの投稿「HLSL, FXC, and D3DCompile」(英語情報) を参照してください。
  • Windows Server 2016 から展開された Citrix XenApp 上でアプリケーションを起動すると、黒い画面が表示される問題を修正しました。 詳細については、CTX225819 を参照してください。
  • ユーザー アカウント制御 (UAC) のメッセージが他の開いているウィンドウの背後に表示される問題を修正しました。
  • イベント コレクター データで、他のドメイン コントローラー (DC) からのユーザー ログオン イベント (ID 4624) に % 記号が含まれるデータが破損する問題を修正しました。
  • システムに保証キーの証明書が存在する場合でも、PowerShell コマンド Add-HgsAttestationTpmHost で検出できない問題を修正しました。
  • システムの起動時に、暗号化されたハード ドライブ デバイスのロックが自動的に解除されない問題を修正しました。
  • アカウントを選択すると AppLocker の規則ウィザードがクラッシュする問題を修正しました。
  • サードパーティのディレクトリ構造によるディスク クリーンアップ処理で、ブート ドライブにアクセスできなくなる問題を修正しました。
  • NtfsQueryLinksInfo のアクセスが非同期になり、システムがクラッシュする問題を修正しました。
  • I/O フラッシュが非常に多い場合、エラーが発生することがある問題を修正しました。
  • スマート カードの pin プロンプトで、ユーザーが誤って入力した場合に発生する信頼性の問題を修正しました。
  • Docker for Windows 起動時のタイムアウト期間を長くすることで、0x5b4 エラーが発生する問題を修正しました。
  • ADFX サーバーが HTTP プロキシを使用するように構成されている場合に発生する Azure Multi-Factor Authentication (MFA) の問題を修正しました。
  • ADFS 4.0 および Windows Server 2016 RS1 ADFS サーバーで、411 イベントが発生した場合、セキュリティ イベント ログに呼び出し元の IP アドレスがログに記録されない問題を修正しました。 この問題は、成功の監査と失敗の監査を有効にした後でも発生します。
  • エラー 1789 “このワークステーションとプライマリ ドメインとの信頼関係に失敗しました” で、コンピューター アカウントがドメインのメンバーシップを失う問題を修正しました。 エラー 0xc0000206 “[Pre-Approved] 指定した操作に対するバッファーのサイズが無効です” で、ユーザーのパスワードを変更できない場合にも、内部的に同じ問題が発生します。
  • プライマリ サーバーの計画的な再起動後に、ストレージ レプリケーションが予定どおりに自動的な再開しない問題と、 再起動後にストレージ レプリケーション サービスがランダムに停止する問題を修正しました。
  • ユーザーがネットワークから切断して再起動すると、GPO ログオン スクリプトを使用したネットワーク ドライブのマップが失敗し、 ユーザーが再ログインすると、マップされたドライブを使用できなくなる問題を修正しました。 この問題は、ログオン スクリプトで持続フラグを TRUE に設定している場合でも発生します。
  • SMBv1 のアンインストール後に、SPN 検証レベルを 2 に設定して UNC 共有にリモートからアクセスすると (\\<コンピューター名>\C$ など)、要求が STATUS_ACCESS_DENIED で失敗する問題を修正しました。
  • RD ゲートウェイを使用して接続しようとすると、リモート デスクトップ クライアントが断続的に接続または切断できなくなる問題を修正しました。
  • 有効期限が切れた、または失効した証明書を ADFS プロキシ サーバーに提示しても、ユーザーにエラーが返されない問題を修正しました。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
[更新履歴] に以前にインストールした更新プログラムが表示されません。

次善の策として、適用された品質更新プログラムを確認するには、[コントロール パネル] -> [プログラム] -> [インストールされた更新プログラムを表示] の順に選択し、インベントリを表示します。

この問題は KB4039396 で解決されています。 KB4039396 では、削除された更新プログラム履歴または非表示の更新プログラムは復元されません。 ただし、これらの現象を起こさずに、この更新プログラムではなく KB4039396 をインストールすることができます。

この更新プログラムをインストールすると、以前に非表示だった更新プログラムが表示されるようになる可能性があります。

以前に非表示だった更新プログラムは、改めて非表示にすることができます。

この問題は KB4039396 で解決されています。 KB4039396 では、削除された更新プログラム履歴または非表示の更新プログラムは復元されません。 ただし、これらの現象を起こさずに、この更新プログラムではなく KB4039396 をインストールすることができます。

KB4034658 のインストール後に Windows Update クライアントで最初のスキャンを実行すると、WSUS サーバーの CPU、メモリ、およびネットワーク使用率が上昇します。 この問題は KB4039396 で解決されています。 KB4039396 をインストールせずに KB4034658 をインストールした場合は、フル スキャンが実行されます。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4034661 のファイル情報をダウンロードしてください。