Windows 10 Fall Creators Update で削除または非推奨になった機能


概要


Windows 10 Fall Creators Update の次の機能は、現在のリリースの製品から削除された (“削除済み”) か 、現在開発中でなく将来のリリースから削除される (“非推奨” となる) 可能性があります。

この一覧は、これらの機能の削除や廃止をお客様自身の計画に取り込めるよう、支援するものです。 この一覧は変更される可能性があり、すべての非推奨機能が含まれているとは限りません。

一覧表示されている機能とその代替機能の詳細については、該当する機能のマニュアルを参照してください。 この表に示されているリンクに従って、追加のリソースを参照することもできます。

詳細情報


削除および非推奨となる機能

機能

削除

非推奨

3D Builder アプリ

既定では、インストールされなくなります。 代わりに、プリント 3D とペイント 3D を使用してください。 ただし、3D ビルダーは Microsoft Store から今後もダウンロードできます。

X

 

Apndatabase.xml

代替データベースの詳細については、次のハードウェア デベロッパー センターの記事を参照してください。

MO Process to update COSA (英語情報)

COSA FAQ (英語情報)

X

 

Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET)

使用はブロックされます。 代わりに、Windows Defender Exploit Guard の Exploit Protection 機能の使用をご検討ください。

X

 

IIS 6 管理互換

ユーザーは、別のスクリプト ツールおよび新しい管理コンソールを使用することをお勧めします。

 

X

IIS 匿名認証

ユーザーは、代替の認証方法を使用することをお勧めします。

 

X

Microsoft ペイント

Microsoft Store を通じて提供されます。 機能はペイント 3D に統合されています。

 

X

Outlook Express

この機能しないレガシ コードは削除中です。

X

 

リーダー アプリ

Microsoft Edge に統合される機能です。

X

 

リーディング リスト

Microsoft Edge に統合される機能です。

X

 

Resilient File System (ReFS)

作成機能は次のエディションでのみ利用可能になります。 Windows 10 Enterprise および Windows 10 Pro for Workstations。

作成機能は、他のすべてのエディションから削除されます。 他のすべてのエディションには、読み取りと書き込みの機能があります。

(追加: 2017 年 8 月 18 日)

X

 

IIS 用の RSA/AES 暗号化

CNG 暗号化プロバイダーの使用をお勧めします。

 

X

テーマ でのスクリーン セーバー機能

テーマで無効にするために (この表では「削除済み」として分類される)、 グループ ポリシー、コントロール パネル、および Sysprep のスクリーン セーバー機能は、非推奨となりますが、引き続き機能はします。ロック画面の機能とポリシーの使用を推奨します。

X

 X

設定の同期

バックエンドの変更: 今後のリリースでは、現在の同期プロセスのバックエンド ストレージが変更されます。 単一のクラウド ストレージ システムは、Enterprise State Roaming および他のすべてのユーザーに使用されます。 [設定の同期] オプションと Enterprise State Roaming 機能は、引き続き機能します。

(更新日: 2017 年 8 月 18 日)

 

 X

Syskey.exe

この安全でないセキュリティ機能を削除しています。 代わりに、BitLocker の使用をお勧めします。 詳細については、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。

4025993 Syskey.exe ユーティリティは、Windows 10 RS3 および Windows Server 2016 RS3 ではサポートされなくなりました。

X

 

システム イメージ バックアップ (SIB) ソリューション

他のベンダーからのディスク全体のバックアップ ソリューションの使用をお勧めします。

 

X

TCP オフロード エンジン

このレガシ コードは削除中です。 この機能は、既に Stack TCP Engine に移行済みです。 詳細については、次の PFE プラットフォームのブログ記事を参照してください。

Why Are We Deprecating Network Performance Features (KB4014193)? (英語情報)

X

 

タイル データ レイヤー

タイル ストアで置き換えられます。

X

 

TLS RC4 暗号

既定では無効になります。 詳細については、次の Windows IT センターのトピックを参照してください。

Windows 10 および Windows Server 2016 での TLS (Schannel SSP) の変更について

 

X

信頼できるプラットフォーム モジュール (TPM) の所有者の パスワード 管理

このレガシー コードは削除されます。

X

 

信頼できる プラットフォーム モジュール (TPM): TPM.msc および TPM のリモート管理

今後のリリースで新しいユーザー インターフェイスに置き換えられます。

 

X

信頼できるプラットフォーム モジュール (TPM) のリモート管理

このレガシー コードは、今後のリリースで削除されます。

 

X

System Center Configuration Manager を使用した Windows Hello for Business の展開

Windows Server 2016 Active Directory フェデレーション サービス – 登録機関 (ADFS RA) 展開は、より簡単で、より良いユーザー エクスペリエンスとより決定的な証明書の登録経験が得られます。

 

X

Windows PowerShell 2.0

アプリケーションとコンポーネントは、PowerShell 5.0+ に移行する必要があります。

 

X

 

適用対象

この資料は、以下を対象としています。
  • Windows 10 Fall Creators の更新プログラム