2017 年 9 月 13 日 - KB4038783 (OS ビルド 10586.1106)

適用対象: Windows 10, version 1511

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • 検索ボックスがある Internet Explorer 11 のナビゲーション バーの更新プログラム。
  • IME を使用した文字の変換が取り消された場合、[元に戻す] が機能しない Internet Explorer の問題を修正しました。
  • spoolsv.exe がクラッシュする問題を修正しました。
  • スマート カードを使用してリモート デスクトップ サーバーにログオンすると、応答しなくなることがある問題を修正しました。
  • ログが有効な場合に、パスワードをログに記録しないように、BitLocker.psm1 PowerShell スクリプトを更新しました。
  • パスワードの自動更新後に、管理されたサービス アカウント (MSA) を使用するサービスがドメインに接続できない問題を修正しました。
  • CA 管理コンソールで無効なユーザー アカウントと関連付けられた証明書の失効が失敗する問題を修正しました。 エラーは "ユーザー名またはパスワードが正しくありません。 0x8007052e (WIN32: 1326 ERROR_LOGON_FAILURE)” です。
  • LSASS がサーバー メッセージ ブロック 2.0 (SMB 2.0) クライアント リダイレクターでデッドロックする問題を修正しました。 リモート デスクトップ サーバーにログオンする試行がすべて失敗します。
  • フォルダーにリダイレクトがある場合に、Windows エラー報告で一時ファイルがクリーンアップされない問題を修正しました。
  • MS16-087 - Windows 印刷スプーラー コンポーネント用セキュリティ更新プログラムの再リリースです。
  • Internet Explorer、Microsoft Edge、Windows Hyper-V、Device Guard、Windows カーネル、Windows Virtualization および Base、Windows Cryptography、Windows Scripting、Microsoft Edge、Windows シェル、Microsoft Uniscribe、Windows カーネルモード ドライバー、Microsoft Graphics Component、および Microsoft Scripting Engine のセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

(コントロール パネルの [ディスプレイ設定] を使用して) アイコンの文字サイズを大きい値に設定している場合、Internet Explorer の起動時に問題が発生することがあります。

アイコンの文字サイズを小さい値に減らすか、[すべての項目のサイズを変更する] 設定を使用すると、この問題を軽減できます。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4038783 のファイル情報をダウンロードしてください。