Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム2017年10月11日

適用対象: Internet Explorer 11 on Windows 10Internet Explorer 11 on Windows 8.1 UpdateInternet Explorer 11 on Windows 7 SP1 詳細

概要


このセキュリティ更新プログラムは、報告されたいくつかの Internet Explorer の脆弱性を解決します。 これらの中で最も深刻な脆弱性が悪用された場合、ユーザーが特別に細工された Web ページを Internet Explorer で表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。 脆弱性の詳細については、「Microsoft の一般的な脆弱性と漏洩」を参照してください。  
また、この累積的な更新プログラムの詳細については、 次の記事を 参照してください:
重要 
  • この Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム 4040685 に含まれている修正プログラムは、2017 年 10 月のセキュリティ マンスリー品質ロールアップにも含まれています。 Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラムとセキュリティ マンスリー品質ロールアップのいずれかをインストールすると、この更新プログラムで解決される修正プログラムがインストールされます。
  • Windows Update 以外の更新管理プロセスを使用し、すべてのセキュリティ更新プログラム分類の展開を自動的に承認している場合、この Internet Explorer 用セキュリティ更新プログラム 4040685、2017 年 10 月のセキュリティのみの品質更新プログラム、および 2017 年 10 月のセキュリティ マンスリー品質ロールアップが展開されます。 目的の更新プログラムが展開されるように、更新プログラムの展開ルールを確認することをお勧めします。
  • Internet Explorer 用のこのセキュリティ更新プログラムは、2017 年 10 月 (またはそれ以降) のセキュリティ マンスリー品質ロールアップまたはマンスリー品質ロールアップのプレビューが既にインストールされているコンピューターへのインストール対象にはなりません。 これは、これらの更新プログラムには Internet Explorer 用のこのセキュリティ更新プログラムでのすべての修正が含まれているためです。

この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

展開方法に関する情報


このセキュリティ更新プログラムの展開の詳細については、以下のサポート技術情報番号を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
KB4040685 のインストール後、Internet Explorer 11 パッケージにおいて、いくつかのアプリケーションが閉じた際にアプリケーション例外が起きたというエラー メッセージが表示されることがあります。 これは mshtml.dll を使用してウェブ コンテンツを読み込むアプリケーションに影響を与えることがあります。 この問題はプロセスがすでにシャットダウンしている最中にのみ発生します。 アプリケーションの機能には影響しません。  この問題は、セキュリティ更新プログラム 4047206 で解決されています。

この KB をインストールした後、SQL Server Reporting Services (SSRS) を使用している Internet Explorer 11 ユーザーは、スクロール バーを使用してドロップダウン メニューをスクロールできなくなることがあります。

マウスのスクロール ホイールを使用すると、期待どおりに動作します。  また、この問題はドキュメント モード 11 にのみ該当します。 そのため、ドキュメント モード 10 を使用してページを読み込もうとした場合は、この問題を回避できる可能性があります。  

Internet Explorer 11 でドキュメント モードを変更するには:

  1. F12 キーを押します。 
  2. [エミュレーション] タブを選択します。
  3. [ドキュメント モード] メニューで [10] を選択します。  新しいドキュメント モードでページの再読み込みが行われます。

注: F12 ツールは、Internet Explorer で表示している任意のページに使用できます。  ツールにアクセスするには、F12 キーを押します。  または、ツール ボタン

ツール
を選択し、[F12 開発者ツール] を選択します。 

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update を介して利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。
 
セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」を参照してください。

注: Windows RT および Windows RT 8.1 用のこの更新プログラムは、Windows Update を介してのみ入手できます。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセスします。

詳細情報


ファイル情報


この累積的な更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4040685 のファイル情報をダウンロードしてください。