Microsoft SQL Server のテクニカル サポート ポリシー

適用対象: SQL Server 2017 on Linux (all editions)SQL Server 2017 on Windows (all editions)

概要


この記事では、サポートされているプラットフォームにインストールされている Microsoft SQL Server 製品のサポート ポリシーとトラブルシューティングの境界について説明します。

サポートされているオペレーティング システム


SQL Server のバージョンとエディションに応じて、サポートされている Windows オペレーティング システムに SQL Server をインストールできます。 正確な詳細は、製品のドキュメント ページに記載されています。

このドキュメントでは、製品のテストと検証が行われている特定のオペレーティング システムについて説明します。 新しい Windows オペレーティング システムに古いバージョンの SQL Server をインストールする場合、「Windows 8 以降のバージョンの Windows オペレーティング システムでの SQL Server の使用」で説明されているように、サポートされているサービス パックを使用している必要があります。

Microsoft SQL Server 2017 以降、SQL Server on Linux オペレーティング システムをインストールできます。 製品ドキュメント ページでは、SQL Server をインストールして実稼働環境用に構成できる、サポートされている Linux オペレーティング システムの現在の一覧の概要を説明しています。

Microsoft SQL Server 2019 以降、Kubernetes に SQL Server ビッグ データ クラスターをデプロイできます。 「SQL Server ビッグ データ クラスターのリリース ノート」の「サポート可能性」セクションで、サポートされている Kubernetes 用のホスト OS を確認してください。

サポートされているハードウェア


SQL Server のインストールは、x64 ベースの (AMD および Intel) プロセッサーでサポートされています。 これらは、x86 ベースのプロセッサーではサポートされなくなりました。 現在の情報については、SQL Server ハードウェアの前提条件のページを参照してください。 

サポートされる仮想化テクノロジー


Microsoft は、Server Virtualization Validation Program (SVVP) によって認定された Microsoft Hyper-V およびその他のハイパーバイザーを含む仮想化テクノロジーへの SQL Server の展開をサポートしています。 SVVP の詳細については、「Windows Server Virtualization Validation Program」を参照してください。

Hyper-V で Linux 仮想マシンをホストする場合は、サポートされている LIS ドライバーがあることを確認してください。 Microsoft は、Azure Virtual Machine、Amazon EC2、Google Cloud などのクラウド インフラストラクチャ サービスへの SQL Server のインストールをサポートしています。 仮想環境での SQL Server の詳細なサポート ポリシーを参照してください。

ホスト オペレーティング システムのベンダーは、システムでサポートされているハイパーバイザーを公開しています。 次の一覧には、いくつかの例が含まれています。

オペレーティング システムのドキュメントで、オペレーティング システムの特定のバージョンでサポートされている最新のハイパーバイザーおよび更新されたハイパーバイザーを確認してください。

サポートされているコンテナー プラットフォーム


Linux コンテナーで実行されている SQL Server

このセクションでは、Linux コンテナーで実行されている Microsoft SQL Server のサポート ポリシーとサポートされる構成について説明します。

SQL Server は、Linux コンテナーのユーザー空間で実行されるアプリケーションです。 SQL Server と SQL Server コンテナー内の依存関係は、基になるホスト オペレーティング システムとそのカーネルを呼び出します。 異なる Linux オペレーティング システムには、SQL Server との組み合わせで十分にテストされたさまざまなユーザー空間アプリケーションと Linux カーネルのセットが付属しています。 コンテナーとホストの組み合わせのテストされていない構成またはサポートされていない構成で SQL Server を実行することは可能ですが、これを行うことはお勧めしません。 以下のガイドラインを使用する構成のみをサポートしています。 これらのガイドラインは、SQL Server Linux コンテナーを実行するために十分にテストされ、サポートされている構成を示しています。  

次のガイドラインと例は、SQL Server on Linux コンテナー展開でのサポートに適用されます。 

ガイドライン  

  1. SQL Server コンテナー OS は、ディストリビューションとメジャー バージョンの点でコンテナー ホスト OS と一致する必要があります。 
  2. SQL Server on Linux コンテナーの展開は、コンテナー化されていないワークロードで実行されている Linux on SQL Server と同じサポートされているプラットフォームのセットをサポートします。 詳細については、「 SQL Server on Linux のインストール ガイド」を参照してください。

サポートされている構成の例    

  • Red Hat 7.x ホストで実行されている Redhat 7.x コンテナー上の SQL Server 2019  
  • Ubuntu 16.04 ホストで実行されている Ubuntu 16.04 コンテナー上の SQL Server 2017  
  • SLES 12.x ホストで実行されている SLES 12.x コンテナー上の SQL Server 2017  
  • Windows オペレーティング システムでホストされている Ubuntu 16.04 仮想マシンで実行されている Ubuntu 16.04 コンテナー上の SQL Server 2017 

サポートされていない構成の例

  • Ubuntu Container ホストで実行されている Red Hat 7.6 コンテナー上の SQL Server 2017
  • コンテナーとホスト間で一致しない Linux OS ディストリビューション
  • Ubuntu 18.04 ホストで実行されている Ubuntu 16.04 コンテナー上の SQL Server 2017
  • コンテナーとホスト間で一致しない Linux OS バージョン
  • CentOS Container ホスト上の CentOS コンテナー上の SQL Server 2017 (CentOS は、SQL Server on Linux でサポートされている Linux OS ディストリビューションではありません。 Microsoft は、サポートされている構成で再現可能な問題のみに対処します。)

SQL Server 2017 の Linux コンテナー イメージは、Microsoft Container Registry で入手できます。 Linux イメージは、一般的な DevOps、CI/CD パイプライン、または実稼働環境の導入シナリオで使用できます。 詳細については、コンテナー展開のドキュメント ページを参照してください。

オペレーティング システム ベンダーがコンテナー内のコンポーネントとホスト オペレーティング システムをサポートする方法の詳細については、次のチャネルを参照してください。

Windows コンテナーで実行されている SQL Server

SQL Server 2016 および SQL Server 2017 の Windows コンテナー イメージは、Docker ハブで入手できます。 Windows コンテナー イメージは、開発とテストのためにのみ提供されます。 実稼働環境での使用はサポートされません。 これらのコンテナー イメージには、SQL Server の Express および Developer エディションが含まれています。

コンテナー オーケストレーターで実行されている SQL Server コンテナー

Microsoft は、OpenShift と Kubernetes を使用した SQL Server コンテナーの展開と管理をサポートしています。

Microsoft SQL Server 2019 以降、Kubernetes に SQL Server ビッグ データ クラスターをデプロイできます。 サポートされている Kubernetes プラットフォームについては、「SQL Server ビッグ データ クラスターのリリース ノート」の「サポート可能性」セクションを参照ください。

サポートされているファイル システム


SQL Server on Windows をインストールする場合、サポートされているファイル システムは NTFS と ReFS です。 これは、データベース ファイルとプログラム バイナリを格納するボリュームに適用されます。

SQL Server on Linux をインストールする場合、データベース ファイルをホストするボリュームでサポートされているファイル システムは EXT4 と XFS です。

サポートされている高可用性ソリューション


SQL Server on Windows の高可用性ソリューションをセットアップするときは、「Microsoft クラスタリングの Microsoft SQL Server サポート ポリシー」および「Always On 可用性グループの前提条件、制限事項、推奨事項」のサポート ポリシーと要件を参照してください。

SQL Server on Linux の高可用性ソリューションをセットアップするときは、高可用性に固有の OS ベンダーのサポート ポリシーを確認してください。 実稼働環境では、高可用性のために STONITH などのフェンシング エージェントが必要です。 Linux クラスターは、フェンシングを使用してクラスターを既知の状態に戻します。 フェンシングを設定する正しい方法は、ディストリビューションと環境によって異なります。 現在、フェンシングは一部のクラウド環境では使用できません。 詳細については、次の OS ベンダーのポリシーと推奨事項を参照してください。

SQL Server on Linux でサポートされている高可用性ソリューションについては、「ビジネス継続性とデータベースの復旧 - SQL Server on Linux」を参照してください。

サポートされていない機能


サポートされていない SQL Server 機能の最新の一覧については、リリース ノートの「サポートされていない機能とサービス」セクションを参照してください。 サポートに記載されていないコンポーネントや機能を使用しようとすると、予期しない現象やエラーが発生する可能性があります。 アプリケーションまたはソリューションで機能の組み合わせを使用する場合は、機能間の相互運用性がサポート対象として文書化されていることを確認してください。 ガイダンスについては、 この例を参照してください。

サポート ポリシー


Microsoft は、製品ドキュメントに従って、サポートされているオペレーティング システム、ファイル システム、ハイパーバイザー、およびハードウェア アーキテクチャに展開される SQL Server コンポーネントのテクニカル サポートと製品修正プログラムを提供します。 Microsoft は、サポートされていないオペレーティング システム、ファイル システム、ハイパーバイザー、およびハードウェア プラットフォームに展開される SQL Server ソフトウェア コンポーネントのテクニカル サポートを限定的またはまったく提供しない場合があります。

サポートされていないオペレーティング システム、ファイル システム、またはハイパーバイザーに SQL Server を展開すると、予期しない動作と結果が発生する可能性があります。 このような問題のトラブルシューティングを行う場合、Microsoft サポート チームは、オペレーティング システム、ファイル システム、ハイパーバイザー、およびハードウェア アーキテクチャのサポートされている組み合わせで問題を再現するように依頼する場合があります。 このような状況では、問題がオペレーティング システム、ファイル システム、ハイパーバイザー、またはアーキテクチャのサポートされていない組み合わせでのみ発生した場合、Microsoft は問題のサポートまたは解決策を提供できない場合があります。

SQL Server を使用して構築されたソリューションまたはアプリケーションを使用するときに発生する問題のトラブルシューティングを行う場合、Microsoft サポートは、問題の原因を特定のソフトウェアまたはハードウェア レイヤーのソースに特定しようとします。 問題は、SQL Server ソフトウェアまたは SQL Server が対話するオペレーティング システム コンポーネントにある可能性があります。 問題が SQL Server にある場合、Microsoft サポートは問題に対する適切な解決策とアプリケーションの回避策を提供します。 問題がオペレーティング システムの動作にある場合、Microsoft サポートは、フォローアップと解決のためにオペレーティング システムのベンダーに案内します。 サポートされているオペレーティング システムについては、Microsoft サポートはオペレーティング システム サポート ベンダーと協力して、商業的に実行可能な解決策を提供します。

特定のバージョンのオペレーティング システムに SQL Server を展開する前に、SQL Server の製品ドキュメントを確認し、さらに、構築しているソリューション全体のサポート要件についてオペレーティング システムのベンダーに確認して、関連するさまざまなコンポーネントに互換性があり、これらのコンポーネントがサポートされていることを確認してください。

仮想化、ストレージ、およびハードウェア層の追加のサポート ポリシーに適用されるサポート ポリシーについては、オペレーティング システムのベンダーにお問い合わせください。

Microsoft は、Microsoft がさまざまなコンテナー リポジトリに公開する公式のコンテナー イメージの使用をサポートします。 他のコントリビューターの SQL Server コンテナー イメージを使用している場合、Microsoft サポートは公式のコンテナー イメージで問題を再現するよう要求する場合があります。 この手順は、プライベート コンテナー イメージのカスタマイズまたは変更が問題の原因である可能性を排除するために必要になる場合があります。 問題がコンテナー エンジンの動作に限定されている場合は、コンテナー エンジンのベンダーと協力して問題に対処する必要があります。

サポートされていない機能を使用したり、サポートされていない、または文書化されていない方法で機能を使用したりすると、Microsoft はテクニカル サポートを提供できない場合があります。

Azure 内の SQL Server


Azure の仮想マシンに SQL Server を展開した場合、問題のトラブルシューティングを行うときに Azure のサポート ポリシーが適用されます。 Azure サポート ポリシーはこちらで確認できます。 また、承認されたディストリビューションとサポートについては、Azure のポリシーを参照してください。

SQL Server を他のクラウド ソリューションまたはプラットフォームに展開する場合は、運用または商用サポートを管理する特定のポリシーについてクラウド ソリューション プロバイダーに確認してください。

製品のライフ サイクル


SQL Server は、サポートと更新を取得するための固定ライフ サイクル ポリシーに従います。 各製品バージョンのライフ サイクルとステージ (メインストリーム、拡張、サポート終了) については、Microsoft ライフ サイクル ポリシーの Web ページを参照してください。

SQL Server のサービス パックはバージョン 2016 までリリースされています。 サポートは、次のサービス パックのリリース後 12 か月、または製品のサポート ライフ サイクルのいずれか早い方で終了します。 詳細については、サービス パック ポリシーを参照してください。

SQL Server 2017 以降、サービス パックはリリースされません。 詳細については、「SQL Server 2017 以降では SQL Server Service Pack は廃止される」を参照してください。

SQL Server 2017 で開始するリリースの場合、対応するリリースに最新の累積的な更新プログラム (または過去 1 年間にリリースされた CU) を適用することをお勧めします。 サポート チームは、問題のトラブルシューティングを行うときに、特定の問題に対処する特定の CU を適用するように要求する場合があります。

オペレーティング システムは、独自のライフ サイクルに従います。 該当するライフ サイクルの期間とサポートされているバージョンについては、システム ベンダーにお問い合わせください。

Microsoft からサポートを受ける


SQL Server のサポートを受けることができるチャネルは多数あります。 SQL Server のオンプレミス展開に影響を与える問題が発生した場合は、ビジネス ユーザーのサポート オプションを確認して、サポート チームからサポートを受けることができます。 SQL Server を Azure クラウド環境に展開した場合、Azure 管理ポータルの [ヘルプとサポート] ブレードからサポート要求を送信できます。

問題レポートまたは製品の提案を Connect サイトに送信することもできます。

さらに、次のオプションを使用して、SQL Server エンジニアリング チームと連携することができます。

Linux オペレーティング システム ベンダーからサポートを受ける


発生する技術的な問題が SQL Server 製品に存在せず、オペレーティング システムで発生する場合は、オペレーティング システムのベンダーと直接協力して、問題のトラブルシューティングを行うことができます。 次のチャネルを使用して、オペレーティング システム ベンダーのサポート チームに連絡できます。