Microsoft SQL Server のテクニカル サポート ポリシー

適用対象: SQL Server 2017 on Linux (all editions)SQL Server 2017 on Windows (all editions)

概要


この資料では、サポート ポリシーおよびサポートされているプラットフォームにインストールされている Microsoft SQL Server 製品のトラブルシューティングの境界について説明します。

サポートされているオペレーティング システム


バージョンとエディションの SQL Server では、によってサポートされている Windows オペレーティング システムで SQL Server をインストールできます。製品のマニュアル ページには、正確な詳細が記載されています。

このドキュメントでは、製品のテストし、検証を特定のオペレーティング システムについて説明します。新しい Windows オペレーティング システムで SQL Server の以前のバージョンをインストールするとする必要が説明されているWindows 8 と Windows オペレーティング システムのそれ以降のバージョンの SQL Server を使用すると、サポートされている service pack にします。

2017 の Microsoft SQL Server を起動して、Linux オペレーティング システムで SQL Server をインストールできます。製品のマニュアル ページでは、現在サポートされている Linux オペレーティング ・ システムをインストールおよび稼働用の SQL Server の構成の一覧について説明します。

サポートされているハードウェア


SQL Server のインストールは、x64 ベースの (AMD および Intel) のプロセッサでサポートされます。それは x86 ベースのプロセッサではサポートされていません。現在の情報は、 SQL Server のハードウェアの前提条件のページを参照してください。

サポートされている仮想化テクノロジ


マイクロソフトでは、Microsoft HYPER-V サーバー仮想化検証プログラム (SVVP) 経由で認定されている他のハイパーバイザーは、仮想化テクノロジを展開する SQL Server をサポートします。SVVP の詳細については、 Windows サーバー仮想化検証プログラムを参照してください。

HYPER-V 上の Linux 仮想マシンをホストしている場合は、サポートされている LIS のドライバーがあることを確認します。マイクロソフトでは、Azure の仮想マシン、Amazon EC2 クラウドの Google などのクラウド インフラストラクチャ サービスの SQL Server のインストールをサポートしています。詳細を参照してください仮想環境で SQL Server のポリシーをサポートします

ホスト ・ オペレーティング ・ システム ・ ベンダーは、システムでは、サポートされているハイパーバイザーを発行します。次の一覧には、いくつかの例が含まれています。

オペレーティング システムの特定のバージョンでサポートされている更新された最新のハイパーバイザのオペレーティング システムのマニュアルを参照してください。

コンテナーがサポートされているプラットフォーム


Docker ハブで 2016 の SQL Server と SQL Server の 2017 のコンテナーの Windows イメージを利用できます。コンテナーの Windows イメージは、開発とテストのためだけに提供されます。運用はサポートされていません。これらのコンテナーのイメージには、SQL Server の高速および開発者向けのエディションが含まれています。

Docker ハブで 2017 の SQL Server の Linux コンテナーのイメージがあります。Linux のイメージを使用するには、通常、DevOps の CI や CD のパイプライン、または実稼働展開シナリオです。コンテナーを展開するためのマニュアル ページを参照してください。

マイクロソフトでは、展開と、OpenShift と Kubernetes を使用して SQL Server コンテナーの管理をサポートします。

サポートされているファイル ・ システム


Windows 上で SQL Server をインストールする場合は、サポートされているファイル ・ システムは、NTFS および参照。これは、データベース ファイルとプログラムのバイナリ ファイルを保存するボリュームに適用されます。

Linux では、SQL Server をインストールする場合は、データベース ファイルをホストしているボリュームに対してサポートされているファイル ・ システムは、EXT4 および XFS。

高可用性ソリューションをサポート


設定すると高可用性ソリューションを SQL Server の Windows を参照してくださいサポート ポリシーと要件は、Microsoft SQL Server は、Microsoft クラスタ リングのポリシーをサポートし、の前提、制限事項、推奨事項を常に可用性グループ

Linux では、SQL Server の高可用性に固有の OS のベンダーのサポート ポリシーを参照してください、高可用性ソリューションを設定するときに。本番環境では、高可用性を実現する STONITH など、フェンシングのエージェントが必要です。Linux クラスターでは、フェンシングを使用して、既知の状態をクラスターを返します。フェンシングを構成する方法は、配布し、環境によって異なります。現在、フェンシングはいくつかのクラウド環境で利用できます。詳細については、 を参照してください 、OS ベンダーのポリシーと推奨事項:

Linux 上の SQL Server では、高可用性ソリューションをサポートするは、ビジネス継続性とデータベースの回復 - Linux での SQL Serverを参照してください。

サポートされていない機能


現在のリリース ・ ノートの「サポートされていない機能とサービス」でサポートされていない SQL Server の機能の一覧が表示されます。コンポーネントまたは解除のサポートとして、ノートに記載されている機能を使用しようとすると、予期しない現象やエラーが発生する可能性があります。アプリケーションまたはソリューションの機能の組み合わせを使用する場合は、サポートされている機能との間の相互運用性が記載されているを確認します。次の使用例を参照してください。

サポート ポリシー


マイクロソフト テクニカル サポートを提供し、製品がサポートされているオペレーティング ・ システム、ファイル ・ システム、ハイパーバイザー、および製品のマニュアルに従って、ハードウェア アーキテクチャに配置された SQL Server コンポーネントの修正します。マイクロソフトは、サポートされていないオペレーティング システム、ファイル ・ システム、ハイパーバイザー、およびハードウェア ・ プラットフォームに配置された SQL Server のソフトウェア コンポーネントの限定的またはない技術的なサポートを提供する可能性があります。

SQL Server を展開するには、サポートされていないオペレーティング システム、ファイル システム、またはハイパーバイザーで、予期しない動作や結果が発生する可能性があります。このような問題をトラブルシューティングするときにマイクロソフトのサポート チームを要求するサポートされているオペレーティング システム、ファイル ・ システム、ハイパーバイザ、ハードウェア ・ アーキテクチャの組み合わせで問題が再現すること。これらの状況では、Microsoft できないことがありますサポートされていないオペレーティング システム、ファイル ・ システム、ハイパーバイザ、またはアーキテクチャの組み合わせでのみ問題が発生した場合、問題のサポートや問題の解決方法を提供します。

ソリューションまたは SQL Server を使用してビルドされたアプリケーションを使用する場合に発生する問題のトラブルシューティングを行う、マイクロソフトのサポートは、特定のソフトウェアまたはハードウェア ・ レイヤーのソースに問題の原因を特定しようとします。SQL Server ソフトウェアまたはオペレーティング システムのコンポーネントの SQL Server と対話するのいずれかの問題があります。SQL Server に問題がある場合は、マイクロソフトのサポートが問題に適切な解像度とアプリケーションの回避策を提供します。問題がオペレーティング システムの動作の場合は、マイクロソフトのサポートが参照を次のシステムのベンダーに動作して、解像度です。に対してサポートされているオペレーティング システムでは、マイクロソフトのサポートは商業的に実行可能な解決方法を提供するオペレーティング システムのサポート ベンダーとの共同作業します。

オペレーティング システムの特定のバージョンの SQL Server を展開する前に確認しても、SQL Server の製品マニュアルおよびオペレーティング システムのベンダーのソリューションを構築することを確認するのには全体の要件をサポート、さまざまな関連するコンポーネントは、互換性があり、サポートされています。

仮想化、ストレージ、およびハードウェア ・ レイヤーの他のサポート ポリシーに適用されるサポート ポリシーに関するオペレーティング システムのベンダーに問い合わせてください。

マイクロソフトでは、さまざまなコンテナーのリポジトリを Microsoft が公開されている公式のコンテナーのイメージの使用をサポートします。他の投稿者からの SQL Server コンテナーのイメージを使用すると、マイクロソフトのサポートが公式のコンテナーのイメージで問題を再現することを要求する可能性があります。この手順をカスタマイズまたは秘密のコンテナーのイメージへの変更は、問題に関与する可能性を除外するために必要なことがあります。問題は、コンテナーのエンジンの動作に分離されている場合、問題を解決するコンテナーのエンジンのベンダーの連携が必要があります。

マイクロソフトは、サポートされていない機能を使用して、サポートされていない、または文書化されていない方法で機能を使用するか、テクニカル サポートを提供することがあります。

Azure の SQL Server


Azure の仮想マシンで SQL Server を展開する場合の問題のトラブルシューティングを行うと、Azure のサポート ポリシーが適用されます。サポート ポリシーをここでは、Azureを確認することができます。また裏書済の配布とサポートの Azure のポリシーを参照してください。

他のクラウド ソリューションまたはプラットフォームで SQL Server を展開する場合、特定の生産または商用サポートを管理するポリシーについて、クラウド ソリューション ・ プロバイダーで確認してください。

製品のライフ サイクル


サポートとアップデートを取得するための固定のライフ サイクル ポリシーを SQL Server に依存します。ライフ サイクルおよび製品のバージョンごとに、ステージ (主流となって、拡張、およびアウト オブ サポート) は、マイクロソフト ライフ サイクル ポリシーの web ページを参照してください。

バージョン 2016 まで SQL Server の Service Pack のリリースです。サポートは、次の service pack がリリースまたは製品のサポート ライフ サイクルの最後に、いずれかを最初から 12 か月後を終了します。詳細については、サービス パックのポリシーを参照してください。

2017 を SQL Server からは、サービス パックはリリースされません。詳細については、 SQL Server 2017 から SQL Server のサービス パックが生産中止を参照してください。

2017 を SQL Server からのリリースに対応するリリース (またはそのいずれかの最後の 1 年にリリース) を最新の累積的な更新を適用することをお勧めします。サポート チームは、問題のトラブルシューティングを行う場合、特定の問題に対処する特定の累積的な更新プログラムを適用する必要があります。

独自のライフ サイクルをオペレーティング システムに従います。該当するライフ サイクルの期間およびサポートされているバージョンのシステムのベンダーに問い合わせてください。

Microsoft からサポートを受ける


これは、多くのチャネルを使用する SQL Server のサポートを取得することができます。SQL Server の設置型展開で問題が発生した場合は、ビジネス ユーザー向けのオプションをサポートしてサポート チームからサポートを入手するのにはを確認できます。Azure クラウド環境で SQL Server を展開する場合は、Azure 管理ポータルのヘルプし、サポートのブレードからのサポート要求を送信できます。

接続サイトに、問題レポートまたは製品提案を送信することもできます。

次のオプションを使用して、、SQL Server エンジニア リング チームとも取り組むことができます。

Linux オペレーティング システムのベンダーからサポートを受ける


技術的な問題が発生することが SQL Server 製品に含まれていないオペレーティング システムで発生する可能性が場合は、問題のトラブルシューティングを行うオペレーティング システムのベンダーを直接操作できます。オペレーティング システム ベンダーのサポート チームは、次のチャンネルを使用してお問い合わせいただけます。