公開の問題が含まれていた KB4041676 または KB4041691 の 10 月 11 日 (米国太平洋夏時間では 10 月 10 日) バージョンをインストールした後に Windows デバイスが起動しないことがある

適用対象: Windows Server 2016Windows 10, version 1607Windows 10, version 1703

概要


マイクロソフトは、WSUS/SCCM 管理対象デバイス用の Windows 10 バージョン 1703 (KB4041676) および 1607 (KB4041691) と Windows Server 2016 (KB4041691) を対象とした 2017 年 10 月 11 日 (米国太平洋夏時間では 10 月 10 日) の月例セキュリティ更新プログラムに公開の問題があることを認識しています。 Windows Update (ホームおよびコンシューマー デバイス) または Windows Update for Business から直接更新プログラムをダウンロードするユーザーは影響を受けていません。  

米国太平洋夏時間の 10 月 10 日の午後の時点で、この公開の問題は訂正済みであり、累積セキュリティ更新プログラムは検証済みです。 マイクロソフトは、すべてのユーザーがこれらの累積セキュリティ更新プログラムを使用することを推奨します。 

Windows Server Update Services (WSUS) および System Center Configuration Manager (SCCM) のユーザーに影響を与える以下の現象が報告されています。  ユーザーが報告したシナリオとその軽減計画を以下に示します。  

  1. WSUS/SCCM 管理者が 10 月 11 日 (米国太平洋夏時間では 10 月 10 日) の更新プログラム (KB4041676 または KB4041691) を米国太平洋夏時間の 10 月 10 日午後 4 時以前に同期し、これらの更新プログラムがまだキャッシュされている可能性がある。

  2. 公開の問題がある 10 月 11 日 (米国太平洋夏時間では 10 月 10 日) の KB4041676 または KB4041691 更新プログラムを WSUS/SCCM 管理対象デバイスでダウンロードした後、これらのデバイスの再起動が保留状態である。

  3. 10 月 11 日 (米国太平洋夏時間では 10 月 10 日) の KB4041676 または KB4041691 更新プログラムを WSUS/SCCM 管理対象デバイスにインストールした後、これらのデバイスを起動できない、または回復画面が表示されることがある。

問題の詳細