2017 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム 2

適用対象: SQL Server 2017 on Linux (all editions)SQL Server 2017 on Windows (all editions)

2017 の SQL Server の累積的な更新プログラム パッケージ 2 (CU2) について説明します。修正2017 の SQL Server の最初のリリース以降後にリリースされたこの更新プログラムが含まれているし、次のビルドに、SQL Server および分析サービス コンポーネントを更新:

コンポーネント ビルド バージョン ファイル バージョン
SQL Server 14.0.3008.27 2017.140.3008.27
Analysis Services 14.0.1.440 2017.140.1.440

大事な

ストアのクエリ機能を使用する場合、この累積的な更新プログラム 2 (CU2) はインストールしない (14.0.3008.27)。代わりに、 CU3 をインストール(14.0.3015.40)

CU3をインストールした後は CU2 がインストールされているかする必要がありますすぐにCU2 をインストールした後に、ストアのクエリによって収集されたすべてのプランを削除するのには次のスクリプトを実行します。

SET NOCOUNT ON;DROP TABLE IF EXISTS #tmpUserDBs;SELECT [database_id], 0 AS [IsDone]INTO #tmpUserDBsFROM master.sys.databasesWHERE [database_id] > 4AND [state] = 0 -- must be ONLINEAND is_read_only = 0 -- cannot be READ_ONLYAND [database_id] NOT IN (SELECT dr.database_id FROM sys.dm_hadr_database_replica_states dr -- Except all local Always On secondary replicasINNER JOIN sys.dm_hadr_availability_replica_states rs ON dr.group_id = rs.group_idINNER JOIN sys.databases d ON dr.database_id = d.database_idWHERE rs.role = 2 -- Is SecondaryAND dr.is_local = 1AND rs.is_local = 1)DECLARE @userDB sysname;WHILE (SELECT COUNT([database_id]) FROM #tmpUserDBs WHERE [IsDone] = 0) > 0BEGINSELECT TOP 1 @userDB = DB_NAME([database_id]) FROM #tmpUserDBs WHERE [IsDone] = 0-- PRINT 'Working on database ' + @userDBEXEC ('USE [' + @userDB + '];DECLARE @clearPlan bigint, @clearQry bigint;IF EXISTS (SELECT [actual_state] FROM sys.database_query_store_options WHERE [actual_state] IN (1,2))BEGINIF EXISTS (SELECT plan_id FROM sys.query_store_plan WHERE engine_version = ''14.0.3008.27'')BEGINDROP TABLE IF EXISTS #tmpclearPlans;SELECT plan_id, query_id, 0 AS [IsDone]INTO #tmpclearPlansFROM sys.query_store_plan WHERE engine_version = ''14.0.3008.27''WHILE (SELECT COUNT(plan_id) FROM #tmpclearPlans WHERE [IsDone] = 0) > 0BEGINSELECT TOP 1 @clearPlan = plan_id, @clearQry = query_id FROM #tmpclearPlans WHERE [IsDone] = 0EXECUTE sys.sp_query_store_unforce_plan @clearQry, @clearPlan;EXECUTE sys.sp_query_store_remove_plan @clearPlan;UPDATE #tmpclearPlansSET [IsDone] = 1WHERE plan_id = @clearPlan AND query_id = @clearQryEND;PRINT ''- Cleared possibly affected plans in database [' + @userDB + ']''ENDELSEBEGINPRINT ''- No affected plans in database [' + @userDB + ']''ENDENDELSEBEGINPRINT ''- Query Store not enabled in database [' + @userDB + ']''END')UPDATE #tmpUserDBsSET [IsDone] = 1WHERE [database_id] = DB_ID(@userDB)END

累積的な更新プログラム

累積的な更新プログラム (CU) は、Windows 用の Microsoft ダウンロード センターでできます。2017 の SQL Server 用にリリースされた最新の CU だけは、ダウンロード センターで利用できます。

Linux の CU のパッケージはhttps://packages.microsoft.com/.

注意事項

  • 最新の CU には、インストール済みの SQL Server バージョン用として前回の CU に含められていた修正プログラムがすべて含まれます。
  • CUs の SQL Server のサービス パックと同じレベルに認定し、信頼の同じレベルをインストールする必要があります。
  • 予防措置として、CU のリリースごとに継続的にインストールすることをお勧めします。
    • 過去のデータは、リリース済みの CU で既に解決されている問題が多数のサポート ケースで扱われていることを物語っています。
    • CU には、修正プログラムの他に 付加的な機能 (サポータビリティ、管理性、信頼性の更新ファイルなど) が含まれることもあります。
  • CU を実稼働環境に展開する前に CU をテストすることをお勧めします。

Windows 用のこの CU パッケージの入手方法


次の Windows update は、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

このダウンロード ページが表示されない場合は、Microsoft カスタマー サービス サポートに問い合わせてこの累積的な更新プログラム パッケージを入手してください。注: 今後 SQL Server 2017 用の累積的な更新プログラムがリリースされた場合は、その後のこの CU の検索とダウンロードは Microsoft Windows Update カタログで行うことができます。 しかし、入手できる最新の累積的な更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

Linux のこの CU のパッケージを入手する方法


最新の CU には、Linux を更新するには、構成されている累積的な更新リポジトリ最初必要があります。次に、適切なプラットフォームに固有の更新プログラムのコマンドを使用して、SQL Server パッケージを更新します。

インストール手順および CU のパッケージのダウンロードへの直接リンクでは、リリース ノートを参照してください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれる追加の修正プログラム


注: 次の表は、個々 のマイクロソフト サポート技術情報記事の状態を一覧します。バグごとに、別の Microsoft サポート技術情報資料を作成できません可能性があります。 
VSTS バグ番号 サポート技術情報番号 説明 修正領域 プラットフォーム
11076653 4052129

SQL Server 2017 でクリーンアップ プロシージャを追跡する手動で変更の更新

SQL エンジン すべて
11076285 4052126 更新プログラムは、Linux と Windows での SQL Server 2017 の新しい拡張イベント"marked_transaction_latch_trace"を追加します。 SQL エンジン すべて
11123810 4052122 2017 の SQL Server での空間的な中間フィルターのパフォーマンスの向上 SQL エンジン すべて
11129098 4052338 FIX コンパイルまたはメモリ用に最適化されたテーブルまたはテーブルの種類を再コンパイルする作業負荷の実行中に、過剰な PREMPTIVE_OS_CREATEDIRECTORY が待機します。 SQL エンジン Linux
11008401 4035062 2016 の SQL Server の以前のバージョンを超える多数のデータベースを含む修正プログラム: メモリの使用 SQL エンジン すべて
11078705 4039592 LSA の追加の保護を有効にすると、FIX は 2014 の SQL Server サービス アカウントのパスワードを変更できません。 管理ツール Windows
11078715 4042232 修正: SQL Server でインデックス機能が不足している場合、保留中のクエリをキャンセルすると、アクセス違反が発生するを有効に SQL パフォーマンス すべて
11078719 4043947 FIX ブックマーク機能は完全に動作しない SSRS の outlook MHTML 形式でレポートを開いたとき Reporting Services すべて
11128807 4052697 修正: Linux で 2017 を SQL Server のセキュリティで保護された接続の PFS と TLS 暗号スイートが機能しません。 SQL エンジン Linux
11182963 4052969 修正: 最小メモリの制限をインストールまたは SQL Server 2017 を起動する 2 GB に設定 SQL エンジン Linux
11128694 4052984 2017 の SQL Server のメモリ用に最適化されたテーブルを含むデータベースをバックアップするときにエラーを修正: メモリ内 OLTP すべて
11183519 4053291 修正:"sys.dm_exec_query_profiles"DMV を返しますが正しくありません"estimate_row_count"で SQL Server の 2017 Linux と Windows の SQL パフォーマンス すべて
11186915 4053329 複数の予測の T SQL 関数を同時に実行するとデッドロックを修正します。 SQL エンジン Windows
11179675 4053349

修正:"sys.external_libraries"カタログ ビューは、SQL Server 内の dbo 以外のユーザーの空

SQL エンジン Windows
11179674 4053348 修正: R の外部ライブラリがインストールまたはアンインストール繰り返し SQL Server で SQL エンジン Windows
11192144 4053386 修正: メモリ内の最適化されたテーブルで ALTER TABLE を使用して SQL Server 2017 をクラッシュします。 メモリ内 OLTP Windows
11188014 4053393 修正: Linux では、SQL Server 2017 が mssql conf スクリプトで指定された既定以外の IP アドレスをリッスンしません SQL エンジン Linux
11188013 4053392 FIX Linux 上の SQL Server 2017 で IPv6 を無効にすると名前解決エラーが発生します。 SQL エンジン Linux
11133453 4053407 修正: SQL Server 2017 は同じ対称キーを使用して SQL Server の以前のバージョンで暗号化されたデータを解読できません。 SQL エンジン すべて
11195748 4053447 Linux 上の SQL Server 2017 で必要とされていないときに SQL Server を再起動するかを確認する修正プログラム: 不正な警告メッセージ 管理ツール Linux
11133452 4037454 管理ポリシーをポリシー ・ ベースの SQL Server の 2016 SP1 CU2 をインストールした後に動作していません 管理ツール すべて
11187256 4052625 FIX データ検索のクエリが非クラスター化インデックス シークを使用して時間がかかります SQL Server で SQL エンジン Windows
10966006 4037412 修正プログラム: SQL Server レプリケーション アーティクルに GEOGRAPHY_AUTO_GRID または GEOMETRY_AUTO_GRID が含まれているとエラー 156 が発生する SQL エンジン すべて
10970440 4042962 2016 ・ マスター ・ データ ・ サービスの SQL Server で"不明なエラー"を表示する複数メンバー] のエンティティの依存関係のエクスプ ローラーでページの修正。 Data Quality Services (DQS) すべて
11003332 4046102 修正: ForceLastGoodPlan 推奨状態が誤って報告期限切れとして 2017 の SQL Server に手動で適用すると SQL エンジン すべて
11078729 4045814 Columnstore のクラスター化インデックスにデータを挿入するのには一括挿入または選択を挿入を使用する場合に「メッセージ 611」のエラーを修正: SQL エンジン Windows
11076441 4046858 修正:「マージ結合"演算子を含む並列クエリ実行プランは累積的な更新プログラム 3、4 または 5 の SQL Server 2016 Service Pack 1 での実行に長時間かかる SQL パフォーマンス すべて
11057322 4052134 修正: 33111 し、TDE をバックアップするとき 3013 のエラーが暗号化された SQL Server のデータベース SQL エンジン すべて
11195379 4046056 MARS を介してメモリ用に最適化されたテーブルへのアクセスの修正: アサーションが発生します。 SQL エンジン Windows
11195380 4054037 修正: 2017 の SQL Server でのメモリ用に最適化されたテーブルにアクセスするストアド プロシージャをネイティブにコンパイルされたときに致命的なエラーが実行されます。 メモリ内 OLTP Windows
11195381 4054035 FIX エラー 213 マージまたは Linux または Windows での SQL Server 2017 のグラフのパーティション分割されたテーブルのパーティションを分割するとき SQL エンジン すべて
11195382 4054036 FIX エラー 8624 Linux または Windows での SQL Server 2017 のグラフ列に異なる選択ステートメントを含むクエリを実行すると、 SQL エンジン すべて
11229737 4054842 変更 SQL Server 2017 でクリーンアップ処理を追跡する一般的な改善を改善します。 SQL エンジン Windows
11281561 4055758 SQL Server 内の末尾の空白文字とバイナリの最後にデータを返すための修正プログラム: 一貫性のない動作 SQL エンジン すべて

この更新プログラムについての注記


ハイブリッド環境への展開

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、修正プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージの情報


必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2017 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。

レジストリ情報

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。