Windows Server 2012 R2 上でエミュレーション モードの記憶域スタックで実行される仮想マシンのパフォーマンスの低下

適用対象: Virtual Machine running Windows

現象


エミュレーション モードでは、VM の記憶域スタックの場合、Windows Server 2012 R2 を実行している仮想マシン (Vm) はパフォーマンスが低下する場合があります。さらに、ローカル リソースの VHD (一時ディスクの I/O パフォーマンスが極端に低下が発生する可能性があります。

原因


この問題は、準備中ですがイメージにファントムの IDE デバイスがある場合に公開されている Windows の最近発見されたバグが発生したために発生します。この問題が発生した場合、予期せずVMストレージ デバイス スタックからstorfltのドライバーがアンインストールされます。これにより、VM を再起動するたびを使用してエミュレートされたモードが低速のパスを使用するVMストレージ スタック。

ドライバーがアンインストールされたままになり、以降の再起動時に再インストールされていません。

解決方法


Windows Update を通じて利用可能な更新プログラム 4057903 では、この問題が解決します。詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

4057903 HYPER-V 統合コンポーネントを Windows 仮想マシンの更新します。