2017 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム 4

適用対象: SQL Server 2017 on Windows (all editions)SQL Server 2017 on Linux (all editions)

2017 の Microsoft SQL Server の累積的な更新プログラム パッケージ 4 (CU4) について説明します。この更新プログラムが修正2017 の SQL Server の最初のリリース以降後にリリースされたことが含まれていて、SQL Server を更新し、分析サービス コンポーネントを次のビルドにします。

コンポーネント ビルド バージョン ファイル バージョン
SQL Server 14.0.3022.28 2017.140.3022.28
Analysis Services 14.0.204.1 2017.140.204.1

 

大事な

累積的な更新 4 (CU4)がインストールされているお客様にペース管理可用性グループと Linux 環境での SQL Server で次の現象が発生します。

  • ペースは AG リソース、スレーブのマスターのレプリカをすぐに降格し、決してにプライマリのスレーブを促進します。
  • 'crm_mon' 'モニター'、'notify' または '宣伝' AG リソースの 'ocf:mssql:ag' のリソース エージェントのアクションから報告されたエラーが表示されません。
  • 'crm_simulate -sL' AG のリソースのすべてのレプリカで '-1' のプロモーションのスコアを示しています。

いずれかの問題を軽減するために

  1. Mssql-サーバーの ha.cu4.patchを適用するペースのすべてのノード上の/usr/lib/ocf/resource.d/mssql/agファイルにクラスターの場所、 mssql サーバーの haパッケージがインストールされています。
  2. 累積的な更新 5 (CU5)は、推奨されるオプションを更新します。
  3. 累積的な更新プログラム 3 (CU3)に戻します。

大事な

ストアのクエリ機能を使用して、累積的な更新プログラム 2 (CU2) をインストールしていたかどうか (14.0.3008.27)、次の要件に適用します。

累積的な更新プログラム 3 (CU3) をインストールした後 (14.0.3015.40) または後で CU の場合は、CU2 をインストールした後、ストアのクエリによって収集されたすべてのプランを削除するのには次のスクリプトすぐに実行する必要があります。

SET NOCOUNT ON;DROP TABLE IF EXISTS #tmpUserDBs;SELECT [database_id], 0 AS [IsDone]INTO #tmpUserDBsFROM master.sys.databasesWHERE [database_id] > 4 AND [state] = 0 -- must be ONLINE AND is_read_only = 0 -- cannot be READ_ONLY AND [database_id] NOT IN (SELECT dr.database_id FROM sys.dm_hadr_database_replica_states dr -- Except all local Always On secondary replicas  INNER JOIN sys.dm_hadr_availability_replica_states rs ON dr.group_id = rs.group_id  INNER JOIN sys.databases d ON dr.database_id = d.database_id  WHERE rs.role = 2 -- Is Secondary   AND dr.is_local = 1   AND rs.is_local = 1)DECLARE @userDB sysname;WHILE (SELECT COUNT([database_id]) FROM #tmpUserDBs WHERE [IsDone] = 0) > 0BEGIN SELECT TOP 1 @userDB = DB_NAME([database_id]) FROM #tmpUserDBs WHERE [IsDone] = 0 -- PRINT 'Working on database ' + @userDB EXEC ('USE [' + @userDB + '];DECLARE @clearPlan bigint, @clearQry bigint;IF EXISTS (SELECT [actual_state] FROM sys.database_query_store_options WHERE [actual_state] IN (1,2))BEGIN IF EXISTS (SELECT plan_id FROM sys.query_store_plan WHERE engine_version = ''14.0.3008.27'') BEGIN  DROP TABLE IF EXISTS #tmpclearPlans;  SELECT plan_id, query_id, 0 AS [IsDone]  INTO #tmpclearPlans  FROM sys.query_store_plan WHERE engine_version = ''14.0.3008.27''  WHILE (SELECT COUNT(plan_id) FROM #tmpclearPlans WHERE [IsDone] = 0) > 0  BEGIN   SELECT TOP 1 @clearPlan = plan_id, @clearQry = query_id FROM #tmpclearPlans WHERE [IsDone] = 0   EXECUTE sys.sp_query_store_unforce_plan @clearQry, @clearPlan;   EXECUTE sys.sp_query_store_remove_plan @clearPlan;   UPDATE #tmpclearPlans   SET [IsDone] = 1   WHERE plan_id = @clearPlan AND query_id = @clearQry  END;  PRINT ''- Cleared possibly affected plans in database [' + @userDB + ']'' END ELSE BEGIN  PRINT ''- No affected plans in database [' + @userDB + ']'' ENDENDELSEBEGIN PRINT ''- Query Store not enabled in database [' + @userDB + ']''END')  UPDATE #tmpUserDBs  SET [IsDone] = 1  WHERE [database_id] = DB_ID(@userDB)END

累積的な更新プログラム

累積的な更新プログラム (CU) は、現在 Microsoft ダウンロード センターで入手できます。ダウンロード センターで入手できるのは、SQL Server 2017 用にリリースされた最新の CU だけです。

Https://packages.microsoft.com/に Linux 用の CU のパッケージを利用できます。

注意事項

  • 新しい各 CU には、SQL Server のインストールされているバージョンの前の CU に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。
  • SQL Server CU は Service Pack と同じレベルに認証されるため、同じ信頼レベルでインストールする必要があります。
  • 予防措置として、CU のリリースごとに継続的にインストールすることをお勧めします。
    • 過去のデータは、リリース済みの CU で既に解決されている問題が多数のサポート ケースで扱われていることを物語っています。
    • CU には、修正プログラムの他に 付加的な機能 (サポータビリティ、管理性、信頼性の更新ファイルなど) が含まれることもあります。
  • CU を実稼働環境に展開する前に CU をテストすることをお勧めします。

累積的な更新プログラム

累積的な更新プログラム (CU) は、現在 Microsoft ダウンロード センターで入手できます。ダウンロード センターで入手できるのは、SQL Server 2017 用にリリースされた最新の CU だけです。

Https://packages.microsoft.com/に Linux 用の CU のパッケージを利用できます。

注意事項

  • 新しい各 CU には、SQL Server のインストールされているバージョンの前の CU に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。
  • SQL Server CU は Service Pack と同じレベルに認証されるため、同じ信頼レベルでインストールする必要があります。
  • 予防措置として、CU のリリースごとに継続的にインストールすることをお勧めします。
    • 過去のデータは、リリース済みの CU で既に解決されている問題が多数のサポート ケースで扱われていることを物語っています。
    • CU には、修正プログラムの他に 付加的な機能 (サポータビリティ、管理性、信頼性の更新ファイルなど) が含まれることもあります。
  • CU を実稼働環境に展開する前に CU をテストすることをお勧めします。

Windows にこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法


以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。このダウンロード ページが表示されない場合は、Microsoft カスタマー サービス サポートに問い合わせてこの累積的な更新プログラム パッケージを入手してください。注: 今後 SQL Server 2017 用の累積的な更新プログラムがリリースされた場合は、その後のこの CU の検索とダウンロードは Microsoft Windows Update カタログで行うことができます。 しかし、入手できる最新の累積的な更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

Linux 用にこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法


最新の CU には、Linux を更新するには、構成されている累積的な更新のリポジトリの最初が必要です。次に、適切なプラットフォームに固有の更新プログラムのコマンドを使用して、SQL Server パッケージを更新します。

インストール手順については、CU のパッケージのダウンロードへの直接リンクは、リリース ノートを参照してください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれる追加の修正プログラム


VSTS バグ番号 サポート技術情報番号 説明 修正領域 プラットフォーム
11281513 4042948 修正プログラム: SSRS 2008 から SSRS 2016 にアップグレードした後、データドリブン サブスクリプションが失敗する Reporting Services Windows
11281532 4053550 FIX 処理 SQL Server 2016、2017 でハングしたセッションの結果を XML メッセージを Service Broker を使用 SQL エンジン すべて
11281570 4052123 修正: 認証 cookie の有効期限をスライドに動作していないし、SSRS 2016、2017 のログオン ページにリダイレクトするのには障害が発生しました。 Reporting Services Windows
11307676 4057054 FIX CXPACKET と CXCONSUMER の待機の種類を表示する一貫性のない結果一部の並列クエリ プランの SQL Server 2017 SQL パフォーマンス すべて
11226058 4057087 FIX: データベースを復元できませんを使用してオプションを置き換える場合はファイル名には、SQL Server 2017 でスラッシュを 2 つの演算子が含まれています。 SQL エンジン すべて
11507782 4076982 FIX ペースは Linux 上の SQL Server 2017、AlwaysOn AG の既存のプライマリ レプリカを降格し、決して新しいを推進 高可用性 Linux
11457913 4077103 2017 の SQL Server のリカバリ中にメモリ内のデータベース可用性グループのハングする修正プログラム。 メモリ内 OLTP すべて
11457917 4077683 FIX は、システムのストアド プロシージャの sp_execute_external_script と SQL Server 2017 で DMV sys.dm_exec_cached_plans 原因のメモリ リークが発生 SQL エンジン Windows
11035710 4055727 FIX: データベースのリカバリ時間がかかる SQL Server 2016、2017 内のテーブルのメモリの最適化が含まれている場合 メモリ内 OLTP Windows
11305031 4053439 改善: master データベースとログ ファイルのエラーの場所を移動 2017 の SQL Server で Linux で SQL エンジン Linux
11455811 4057759 SSAS 2016 の階層のメンバーは、多次元モードで 2017 をドリル ・ ダウンするときに内部エラーを修正します。 Analysis Services Windows
11281541 3010148 修正: 管理者以外の役割を受信できない ChildCount 見積もりの正しい SSAS の親子ディメンションのリーフ メンバーの Analysis Services Windows
11281540 4052572 FIX SSAS 2016、2017 がクラッシュするスクリプトを使用してマルチ ディメンション データベースの名前を変更するときに断続的に Analysis Services Windows
11524673 3216543 修正: 連続するトランザクションを多く使用すると、SQL Server の 2016、2017 で、一時テーブルにデータを挿入するが消費する CPU よりも SQL Server の 2014 年の SQL セキュリティ Windows
11466444 4078301 SSAS 2017 表形式モデルの改善: 実行することで、現代の外部のクエリの並列処理の増加を取得データの操作性 Analysis Services Windows
11290048 4078302 FIX は、表形式モデルのデータベースを処理するテーブルまたはパーティションがかかる SSAS 2017 で処理する Analysis Services Windows
11296787 4078303 SSAS 2017 の SQL Server での MDX クエリの実行時にアクセス違反エラーを修正します。 Analysis Services Windows
11525703 4078288 FIX 関数は、不足している列のエラー メッセージが返されませんし、2017 ML サービスの SQL Server 内のツリーまたはフォレスト モデルの学習のパラメーターを処理しませんを予測します。 SQL エンジン Windows
11511976 4077105 修正: メモリ不足エラー SQL Server プロセスの仮想アドレス空間では、SQL Server 2014、2017 で非常に低いとき SQL エンジン Windows
11511978 4058565 SQL Server 2014、2017 で大規模なオブジェクトを参照するストアド プロシージャを実行すると、FIX アサーション エラーが発生 SQL パフォーマンス Windows
11405613 4055556 SQL Server 2014、2016 のオンライン インデックスの 1 つのパーティションを再構築するとエラーを修正します。 SQL パフォーマンス Windows
11455807 4056955 FIX クエリ文字列またはバイナリ データを XML にキャストするには SQL Server の 2016、2017 でコンパイルするのには時間がかかる SQL セキュリティ Windows
11455793 4037412 SQL Server レプリケーションのアーティクルには、GEOGRAPHY_AUTO_GRID または GEOMETRY_AUTO_GRID のいずれかが含まれているエラーを修正: SQL エンジン Windows
11455794 4055456 修正: [機能の選択」が不完全なのでインストールされている"エラー ページを 2016 SP1 の SQL Server または SQL Server の 2016 SP1 CU5 の現在のインストールを変更すると、 セットアップとインストール Windows
11455797 4055281 SQL Server 2016 2017 内のセカンダリ可用性グループのセカンダリ レプリカでクエリを実行すると、FIX「Msg 3948」エラーが発生 高可用性 Windows
11281547 4049027 2016、2017 の SSRS データ ソースは、msmdpump.dll を使用する場合、FIX"AdomdConnectionException"エラーが発生 Reporting Services Windows
11448088 4078095 改善: は、小規模なシステムで 2017 の SQL Server のパフォーマンスを向上させる SQL エンジン すべて
11457912 4078096 修正: SQL Server をシャット ダウン再起動後 C2 監査モードが有効になっている場合 SQL エンジン すべて
11317815 4078097 修正: NEWSEQUENTIALID 関数が生成されます GUID が重複している Linux で 2017 を SQL Server が再起動された後 SQL エンジン Linux
11448085 4078098 修正: データベースのスキーマはアップグレードまたはダウン グレードをインストールまたは Linux 上の SQL Server 2017 の累積的な更新プログラムをアンインストールするとき SQL エンジン すべて
11514491 4077899 修正: PolyBase はインストールされません 2017 の SQL Server をインストールすると、インストーラーが JRE の 9 を認識しないので SQL エンジン Windows
11455799 4056821 常に上の可用性グループでは、SQL Server の 2016、2017 と一緒に使用するときの修正: ログ配布が失敗した場合 高可用性 Windows
11281550 4044064 FIX「要求がタイムアウトしました」エラーが発生 SQL Server 2016、2017 で MDS のセキュリティ グループのセキュリティ オプションを変更すると、 Data Quality Services (DQS) Windows
11455809 4057055 FIX] で SQL Server の 2016、2017 columnstore のクラスター化インデックス上で並列クエリを実行するとデッドロックが発生します。 SQL エンジン Windows
11467181 4075203 修正: メモリ ランプアップ フェーズが長すぎます TF834 を Linux で 2017 を SQL Server で有効にしました後 SQL エンジン Linux
11455814 4057280 FIX 高と CPU 使用率、メモリの最適化でテーブルを SQL Server の 2016、2017 クエリでは、大規模なインデックスを使用してください。 メモリ内 OLTP すべて
11455813 4057190 14684 2016 年の SQL Server の名前付きインスタンスにデータ ウェアハウスの管理を再構成する場合、2017 エラーを修正: 管理ツール Windows
11455788 4056117 修正: SQL Server 2016、2017 でテーブル値パラメーターとしてストアド プロシージャをテーブルのメモリ用に最適化された変数を渡すと、アサーションが発生します。 SQL エンジン Windows
11405622 4054398 修正:「ない照合順序が無効な比較」の製品版アサートを SQL Server 2014 2017 で発生します。 SQL エンジン Windows
11405603 4046745 FIX UPDATE ステートメントがサイレント モードで SQL Server を 2017 の WHERE 句に存在しないパーティション関数を参照する場合 SQL エンジン すべて
11281548 4048943 修正: アクセス違反が発生する SQL Server での AlwaysOn 可用性グループのプライマリ レプリカ 高可用性 Windows
11405608 4048967 FIX] を有効にするまたは SQL Server を 2017 に添付した後、データベースの変更データ キャプチャを無効にすることはできません。 SQL エンジン Windows
11281538 4048942 修正: メモリ ダンプが SQL Server の後に「IOCP リスナーを停止している」と「解放されていない IOCP リスナー」の生成を再開します。 SQL エンジン すべて
11454778 4074661 修正: msdb データベースの互換性レベルは 130 で SQL Server 2017 のスリップ ストリーム アップグレードを実行して、 管理ツール Windows
11415502 4073684 修正: 2017 の SQL Server で変更データ キャプチャが機能しません。 SQL エンジン Windows
11453962 4073670 FIX は、Linux 上の SQL Server 2017 の親ドメインに属しているユーザーに基づいてログインを作成できません。 SQL セキュリティ Linux
11281552 4052633 SQL Server の修正プログラム: 複数の null 許容列をカウントする集計演算子を返します不適切なバッチ モードのハッシュを使用する選択クエリの結果します。 SQL パフォーマンス すべて
11281551 4045795 修正: スレッド プールが使い果たされ、AAG の CMEMTHREAD の競合のデータを SQL Server の 2016、2017 のシードと SQL エンジン すべて
11281542 4040934 修正: SQL Server の統合サービス パッケージにランダムにハングするカスタム ログが有効になっている場合 Integration Services Windows
11441099 4017445 修正: REDO のスレッドはセカンダリ レプリカで、可用性データベースを SQL Server で削除した後 高可用性 Windows
11317816 4073045 Linux で 2017 を SQL Server の tcp プロトコルを使用する場合に予期しないメモリの消費を修正: SQL エンジン Linux
11281563 4052121 DMV クエリを SQL Server での分散可用性グループに対して実行のアクセス違反を修正します。 高可用性 Windows
11281515 4052131 FIX DMV の sys.dm_os_windows_info 値を返しますが正しくない 10 の Windows および Windows Server 2016 SQL エンジン Windows
8898811 3192154 最適ではないクエリ プランの選択の統計情報で表される範囲外の値が SQL Server 2016、2017 で検索するとパフォーマンスが低下すると、します。 SQL パフォーマンス Windows

この更新プログラムについての注記


ハイブリッド環境への展開

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、修正プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージの情報


必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2017 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。

レジストリ情報

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。