2018 年 1 月 4 日 — KB4056899 (セキュリティのみの更新プログラム)

適用対象: Windows Server 2012 Standard

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Windows SMB Server、Windows カーネル、Windows Datacenter Networking、および Windows Graphics のセキュリティ更新プログラム。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

CoInitializeSecurity を呼び出す場合、特定の条件下で RPC_C_IMP_LEVEL_NONE を渡すと呼び出しが失敗します。

CoInitializeSecurity を呼び出すときに、認証レベルとして RPC_C_AUTHN_LEVEL_NONE を渡すと呼び出しが失敗することがあります。 失敗時に返されるエラーは STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL です。

この問題は KB4057402 で解決されています。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは WSUS を介してインストールできるようになりました。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 4056899 のファイル情報をダウンロードしてください。