Office で数式を編集する際に表示されるエラー


現象


Office アプリケーション (Word など) で、数式エディター 3.0 を使用して挿入した数式を編集しようとすると、次のエラーが表示されます。

Microsoft 数式エディターが見つかりません

数式エディターのエラー

 

原因


数式エディター 3.0 は、Design Science (http://www.dessci.com) によって組み込まれたサードパーティ コンポーネントで、これまで Office の多数のバージョンに組み込まれていましたが、実装に関するセキュリティの問題によって、削除されました。 セキュリティ問題に関する詳細情報については、「CVE-2017-11882 | Microsoft Office メモリ破損の脆弱性」を参照してください。

 

解決方法


エディターのビルトを使用して、新しい数式を Office 2007 バージョン以降に挿入および編集できます。 数式の挿入および編集に関する詳細情報については、「数式を入力、挿入、または変更する」を参照してください。 ただし、この方法では、数式エディター 3.0 を使用して挿入された既存の数式を編集することはできません。

また、サードパーティ アプリの MathType を使用すると、数式エディター 3.0 数式を編集でき、セキュリティ問題を回避できます。 MathType は、Wiris Suite の一部となりました。 次のサイトから、MathType 30 日間無料試用版をダウンロードできます。 http://www.wiris.com/equation_editor/microsoft

 

詳細


この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。