NUL デバイスにリダイレクトされたシェルは、MS-DOS のメッセージを表示しません。

サポートが終了した KB の内容についての免責事項

この記事は、マイクロソフトがサポートを提供しなくなった製品について記述しています。 したがって、この記事は「現状のまま」で提供され、更新されることはありません。

概要

基本的なプログラムから、MS-DOS コマンドを実行するシェル ステートメントを呼び出すことができます。通常、多くの MS-DOS コマンドを提供する確認メッセージ。(ので、シェルの操作性) メッセージが表示されないようにする場合は、MS-DOS の標準の出力を NUL デバイスにリダイレクトできます。


例を以下に示します。
   SHELL "copy file1 file2 > NUL"
上記のステートメントはファイル 1 をファイル 2 にコピーし、成功レポート」1 個のファイルがコピーされる」にリダイレクトは NUL デバイスは、表示されることはありません。プリンター (PRN) デバイスで印刷の DOS の成功レポートを防ぐために同一のリダイレクトを行うことができます。
   SHELL "copy file1 PRN > NUL"

詳細

上記の情報は、以下の製品に適用されます。


  1. Microsoft QuickBasic バージョン 2.00、2.01、3.00、4.00、4.00b、および IBM PC の 4.50
  2. 6.00 および 6.00b MS os/2、MS-DOS 用の Microsoft の基本的なコンパイラのバージョン
  3. Microsoft 基本 Professional 開発システム (PDS) バージョン 7.00 および 7.10 の MS-DOS と MS os/2
  4. Microsoft GW Basic インタープリターのバージョン 3.20、3.22、MS-DOS の 3.23
MS-DOS では、大きい方の署名より">」、標準入力を標準出力にリダイレクトします。小-なり記号、"<」、標準入力を標準出力にリダイレクトします。
プロパティ

文書番号:40592 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック