2018 年 3 月 14 日 — KB4088779 (OS ビルド 10586.1478)

適用対象: Windows 10, version 1511

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • F12 ベースの開発者ツールを使用していると、Internet Explorer が動作しなくなる問題を修正します。

  • マイクロソフトはウイルス対策 (AV) パートナーと連携することで、AV ソフトウェアは Windows 更新プログラムとの幅広い互換性を安定して維持しています。 利用可能なデータを分析した後、Windows Update を介して、AV と 2018 年 3 月の Windows セキュリティ更新プログラムとの互換性チェックをサポート対象の Windows 10 デバイス向けに解除しています。 今後も AV ソフトウェアの互換性を維持する予定です。 既知の AV ドライバーの互換性の問題があるデバイスは、更新プログラムからブロックされます。 インストールされた AV ソフトウェアの互換性については AV プロバイダーに問い合わせることをお勧めします。

  • Internet Explorer、Microsoft Edge、Microsoft Scripting Engine、Microsoft Graphics コンポーネント、Windows カーネル、Windows シェル、Windows MSXML、Device Guard、Windows Installer、および Windows Hyper-V のセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、『セキュリティ更新プログラム ガイド』を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

2018 年 3 月 14 日以降の Windows 10 バージョン 1511 の累積的な更新プログラムをインストールした後は、最新の Windows 10 の機能更新プログラムのみが適用可能と表示されます。 その結果、ConfigMgr (Current Branch) と Windows 10 サービス プランを使用する以前にリリースされた機能更新プログラムが展開されなくなります。

サポートされている最新バージョンの Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709) に更新することをお勧めします。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4088779 のファイル情報をダウンロードしてください。