インターネットでプライバシーを保護する

適用対象: SecurityWindows 10Windows 8.1

インターネット上には、さまざまな情報が流れています。インターネットのプライバシーは、どの程度の個人情報を提供し、その情報に誰がアクセスできるかを制御する能力に依存します。

インターネットでの個人情報に対する危険性

日常的なオンライン アクティビティを実行する際には、無意識に個人情報を公開していることがあります。このような情報が他人によって使用され、プライバシーが侵害される可能性があります。これには、IP アドレス、メール アドレス、現在の物理的な場所、自宅や職場の住所など、機密性の高い情報も含まれます。たとえば、オンライン ショッピングの手続きでは通常、クレジット カード情報や自宅の住所が必要になります。

個人情報がインターネットに流れる起因

ビジネス、公的機関、その他の組織に個人データが収集されるのは、次のような場合です。

  • オンライン アカウントを開設したとき
  • オンライン ストアで購入したとき
  • コンテストに登録したとき
  • アンケートに参加したとき
  • 無料ソフトウェアをダウンロードしたとき
  • Web を閲覧したとき
  • コンピューター上またはモバイル デバイス上のアプリを使用したとき
  • 写真や近況をソーシャル メディアに投稿したとき

個人情報の用途

Microsoft やその他信頼性のある企業では、ユーザーの入力や手続きを支援する、ユーザーの好みを記憶する、ユーザーに合わせたコンテンツや特別なプランを提供するなど、製品やサービスに関するユーザー エクスペリエンスを向上するために個人情報を使用します。

サービスへの登録や商品の購入などのオンライン手続きは、配送先住所やクレジット カード番号などの情報によってユーザーとリンクされます。ただしほとんどの場合、ビジネスによって収集されるのは、名前でユーザーを特定できないデータです。Web サイトでは、ユーザーを個人的に追跡するのではなく、ユーザーがアクセスした Web サイトおよびクリック操作が追跡されます。

履歴書やチャット、Facebook などのソーシャル ネットワーク サイトのページ、ディスカッション グループや Twitter などのコメントに自身の情報を追加したことがある場合も、自身の個人的な詳細情報がオンラインに存在する可能性があります。

自身の情報が他人によって公開されることも考えられます。友人によって自身のことが書き込まれたり、自身や家族の写真が投稿されることもあります。自宅の写真、その価値、誕生証明書、署名のコピーなど、公的機関の記録を検索できる場合もあります。教会のグループ、クラブ、職能団体などにより、姓名、勤務先、寄付履歴などが開示されている場合もあります。

個人情報がオンライン状態にあると問題になる理由

オンライン状態にある個人情報は、次の 2 つの理由で重要です。

  • 企業や採用担当者は、この情報を使用し、その個人のインターネット上の評判によって、職務への適合性を判断することがあります。
  • フィッシング詐欺、本人情報の盗用、他の犯罪行為のターゲットとするために、その個人の情報がオンラインで不正に使用されることがあります。この記事のアドバイスに従ってオンラインのプライバシーを保護することで、リスクを軽減できます。

オンライン情報は検索可能で、多くの場合永続的です。紙に書き留めたデータとは異なり、強力なインターネット検索エンジンおよびデータ集約ツールにより、データを収集して特定人物の完全なプロファイルを容易に構築することが可能です。

データがオンラインで公開されると、そのデータは事実上そこに永久に存在し、データを保持している会社のプライバシー ポリシーによっては、極端な場合はインターネット上の誰もがそのデータを閲覧できます。サイトでは、ユーザーが投稿した情報だけでなく、ユーザーから収集したデータもアーカイブできます。自身の情報が友人 (または元友人) によって他者に提供される場合や、セキュリティの失効またはハッカーによって情報が外部に公開される場合もあります。

オンラインで情報を共有する際のヒント

他者による投稿内容を監視する

  • ポピュラーな検索エンジンを使用して、インターネットで自分の名前を検索します。テキストと画像の両方を検索してください。自身に関する機密性の高い情報が Web サイトで見つかった場合は、Web サイトの連絡先情報を探し、その情報の削除依頼を送信します。
  • 自身について、他者によってブログやソーシャル ネットワーク Web サイトで書かれている内容を定期的に確認します。自身や家族の写真を許可なく投稿しないように、友人に伝えます。他者の Web サイトに投稿されている情報や写真などのコンテンツが望ましくないと思う場合は、削除を依頼します。
  • Facebook やその他のソーシャル メディアで、自身が写っている写真に対して許可なく他者からタグ付けされないようにするには、タグ レビュー オプションを有効にします。

情報を保護する