Windows Server 2008、Windows Embedded POSReady 2009 では、Windows 埋め込まれた標準的な 2009 のマイクロソフト グラフィック リモートでコード実行の脆弱性に対するセキュリティ更新プログラムの説明: 2018 年 4 月 10日

適用対象: Windows Server 2008 Service Pack 2Windows Server 2008 DatacenterWindows Server 2008 Enterprise 詳細

概要


Windows フォント ライブラリは、特別に細工されたフォントが埋め込まれてを正しく処理すると、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。

脆弱性に関する詳細については、次の一般的な脆弱性および露出 (CVE) を参照してください。

詳細


重要:
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

更新プログラムの入手およびインストール方法


方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を通じて利用できます。自動更新を有効にすると、この更新プログラムがダウンロードされ、自動的にインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細についてを参照してくださいWindows の更新プログラム: よく寄せられる質問

方法 2: マイクロソフトの更新プログラム カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、 Microsoft Update カタログの web サイトに移動します。

配置情報


このセキュリティ更新プログラムの配置の詳細について、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

詳細


Windows Server 2008 ファイル情報



ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。現地時刻と、現在の夏時間 (DST) バイアスで、日付と時刻、ローカル コンピューター上のこれらのファイルが表示されます。さらに、日付と時刻は、ファイルに対して特定の操作を実行するときに変更できます。

Windows Server 2008、Windows Embedded POSReady 2009 では、Windows 埋め込まれた標準的な 2009 ファイル情報



ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。現地時刻と、現在の夏時間 (DST) バイアスで、日付と時刻、ローカル コンピューター上のこれらのファイルが表示されます。さらに、日付と時刻は、ファイルに対して特定の操作を実行するときに変更できます。