2018 年 5 月 18 日 — KB4103722 (OS ビルド 15063.1112)

適用対象: Windows 10, version 1703

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • 更新されたタイム ゾーン情報に関するその他の問題を修正します。 
  • 拡張ディスプレイを使用しているときに、セカンダリ モニターの Internet Explorer ダイアログがプライマリ モニターにも表示 される問題を修正します。 
  • 日本語 IME をテキスト ボックスで使用する場合の .NET アプリケーションの信頼性に関する問題を修正します。 
  • 一部の Bluetooth デバイスの接続状態に関する問題を修正します。 
  • UE-V が有効になっている場合に、Microsoft Outlook 2013 の自動検出がメール アカウントの設定に使用できない問題を修正します。 
  • 多数のプロセッサが搭載されたシステムで、パフォーマンス カウンターをパフォーマンス モニターに追加できない問題を修正します。 
  • スマート カード サービスのスタートアップの種類を [無効] から [手動] または [自動] に変更しようとすると、エラーが発生する問題を修正します。 “既に存在するファイルを作成することはできません” というエラーが表示されます。  
  • Web アカウント マネージャーを使用しているときに散発的に発生する認証の問題の原因となる問題を修正します。 
  • サーバーに対して要求を送信すると、Windows Authentication Manager を使用するクライアント アプリケーションが動作しなくなる問題を修正します。 
  • 更新プログラムが適用されたときに BitLocker が回復モードに切り替わる問題を修正します。 
  • Visual Studio IntelliTrace のステップバック機能を有効にして、デバッグ プラットフォームのターゲットが x86 に設定されているアプリケーションのスナップ ショットを作成します。 
  • 複数のモニターでフルスクリーン モードを使用しているときに仮想マシン接続 (VMConnect) で接続バーが表示されない問題を修正します。 
  • 802.1x WLAN アクセス ポイントに対して認証する Windows 10 クライアントが、ユーザー ログオン時にグループ ポリシーのアクセス許可の適用、スクリプトの実行、または移動プロファイルの取得に失敗する問題を修正します。 この問題は、\\domain\sysvol、\\domain\netlogon、およびその他の DFS パスに対する Kerberos 認証が失敗するために発生します。 
  • XAML マップ コントロールを使用しているときに UWP アプリケーションが動作しなくなる問題を修正します。
  • 顔認識を実行するときに Windows Hello が使用するアルゴリズムのセキュリティを強化します。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

重要 Microsoft Update カタログからサービス スタック更新プログラム (SSU) KB4132649 と最新の累積的な更新プログラム (LCU) 両方の更新プログラムをインストールする場合は、LCU をインストールする前に SSU をインストールしてください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4103722 のファイル情報をダウンロードしてください。