Exchange Online で異なる地域にホスティングされているメールボックスに対してコマンドレットを実行すると "… メールボックスに接続できません” というエラー メッセージが返される

適用対象: Exchange Online

現象


お客様がアカウントの管理者であると想定します。自身のアカウントと異なる地域にホスティングされているメールボックスに対して Get-CalendarProcessingGet-InboxRuleStart-ManagedFolderAssistant または、Get-MailboxCalendarConfiguration コマンドレットを実行しようとすると、以下のようなエラー メッセージが返されます。


注:

  • 自身のアカウントと同じ地域にホスティングされているメールボックスに対しては、上記のコマンドレットを正常に実行できます。
  • そのほかの地域にホスティングされているメールボックスに対して、Set-CalendarProcessing コマンドレットや Get-Mailbox コマンドレットのような別のコマンドレットは正常に実行できます。

原因


メールボックスが、管理者に使用されているアカウントとは異なる地域に存在する場合に、コマンドレットは失敗します。管理者アカウントに特定の地域のメールボックスが含まれている、または管理者アカウントはメールが有効なユーザーであり、既定の地域の調停メールボックスに接続している可能性があります。

回避策


この問題を回避するには、New-PSSession コマンドレットを使用する際に、ConnectionUri パラメーターの値を変更して別の地域に強制的に接続します。コマンドレットの例は以下のようになります。

New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid?email=alias@contoso.com -Credential $UserCredential -Authentication  Basic -AllowRedirection


ConnectionUri パラメーターに追加される電子メール アドレスは、Get-CalendarProcessingGet-InboxRuleStart-ManagedFolderAssistant または、 Get-MailboxCalendarConfiguration コマンドレットを実行する地域にあるメールボックスとなります。

例えば、自身のメールボックスが欧州地域にあり、北米地域にあるメールボックスに対してコマンドレットを実行する場合、北米地域のメールボックス (北米地域にあればどのメールボックスでも可能) を指定して、当該メールボックスの電子メール アドレスを ConnectionUri パラメーターに追加する必要があります。北米地域のメールボックスに関して特別な承認は必要ありません。電子メール アドレスを追加することで北米地域に強制的に接続されるため、北米地域のメールボックスに対しては、上記のコマンドレットを正常に実行できます。

その他トピックは、Microsoft コミュニティ Web サイトを参照してください。