コマンドレットを作成するか、オンプレミス Exchange 環境でのリモートの共有メールボックスを変更するには

適用対象: Exchange Server 2016 Enterprise EditionExchange Server 2013 Enterprise CAL

概要


Exchange Server 2016 、オンプレミスの Exchange Server 環境での Exchange Server 2013 と累積的な更新プログラムの 10 の累積的な更新プログラム 21 以降、直接作成するか、新しいを使用してリモート共有メールボックスを変更するパラメーター -共有次のコマンドレットに

  • を有効にする RemoteMailbox:[-ユーザーの識別情報] [の共有] [-RemoteRoutingAddress user@domain]
  • 新しいの RemoteMailbox:[-共有] [-remoteMailboxName の名前]
  • セット RemoteMailbox:[-ユーザーの名前] [-の種類の共有] 

詳細


Exchange Server 2016

パラメーターを有効にする-共有それが動作するようには、次のコマンドを実行して、Active Directory を準備することを確認します。

<path_to_Exchange2016CU10_or_LaterBuild>\setup.exe /PrepareAD /OrganizationName:"first_organization_name" /IAcceptExchangeServerLicenseTerms

2016 の Exchange Server の Exchange Server 2016 または後で累積的な更新累積的な更新の 10の同じビルドをインストールしてください。

Exchange Server 2013

新しいパラメーターを有効にする-共有それが動作するようには、次のコマンドを実行して、Active Directory を準備することを確認します。

<path_to_Exchange2013CU21_or_LaterBuild>\setup.exe /PrepareAD /OrganizationName:"first_organization_name" /IAcceptExchangeServerLicenseTerms

Exchange Server 2013 の Exchange Server 2013 または後で累積的な更新累積的な更新の 21の同じビルドをインストールしてください。

関連情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。