[WD2000]多数の単語登録したユーザー辞書を使用し最初の改行時にハング

上記製品を総称する場合は、Word と記述します。

概要

この資料は、IME ユーザー辞書に多数の単語を登録した場合、Word で最初の改行時にハ ングアップしたような状態になる現象について説明しています。

現象

コンピュータの使用環境によっては、IME ユーザー辞書に多くの単語登録を行った場合、 Word で最初の改行を行った際にハングアップしたような状態になり、文字の入力など操 作ができなくなることがあります。
その状態の時間や現象の発生するユーザー辞書の登録単語数は、環境によって異なります。しかし、時間が経過すると操作できる状態に戻ります。

原因

Word 98 以降の Word と、IME 98 以降の IME を使用している場合、Word の文章校正と IME のユーザー辞書が連携します。これにより Word は起動後、最初の文章校正を行う際に、IME のユーザー辞書を読み込みます。そのため、IME のユーザー辞書への単語登録が多い場合には、Word がハングアップしたような状態になることがあります。 以下の条件をすべて満たす場合に本現象は発生します。
  • Word 98 または Word 2000 を使用している
  • IME 98 または IME 2000 を使用している
  • Word の [自動文章校正] オプションを有効にしている

回避策

方法 1.

自動文章校正機能を解除します。
  1. Word を起動します。
  2. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[文章校正] タブをクリックしま す。 注意 : この時点で現象が発生することがあります。
  3. [自動文章校正] のチェック ボックスを オフ にし、[OK] ボタンをクリックします。

方法 2.

使用中のユーザー辞書をシステム辞書に変換し、新たにユーザー辞書を作成します。
  1. IME ツールバーの [プロパティ] ボタンをクリックします。
  2. [IME のプロパティ] ダイアログ ボックスの [辞書/学習] タブをクリックし、[辞書 ツール] ボタンをクリックします。
  3. [辞書ツール] ダイアログ ボックスの [ツール] メニューの [システム辞書の作成] をクリックします。
  4. [システム辞書の作成] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスに、適当な システム辞書のファイル名を入力します。
  5. [開く] ボタンをクリックします。
  6. 確認のダイアログ ボックスで [OK] ボタンをクリックします。
  7. [一覧の出力] ダイアログ ボックスの [終了] ボタンをクリックします。
  8. [ファイル] メニューの [終了] をクリックします。
  9. [辞書/学習] タブのユーザー辞書のファイル名を適当な名前に変更します。
  10. [追加] ボタンをクリックします。
  11. [システム辞書の追加] ダイアログ ボックスで、手順 2. ~ 8. で作成したシステム 辞書ファイルを指定して、[開く] ボタンをクリックします。
プロパティ

文書番号:417140 - 最終更新日: 2001/03/26 - リビジョン: 1

フィードバック