Windows Media エンコーダでファイル変換時に C00D1B83 エラーが発生する

サポートが終了した KB の内容についての免責事項

この記事は、マイクロソフトがサポートを提供しなくなった製品について記述しています。 したがって、この記事は「現状のまま」で提供され、更新されることはありません。

概要

この資料では、エンコーダで Windows Media ファイルに変換時に発生するエラーについて説明しています。

現象

エンコーダを利用して、Windows Media ファイルに変換する場合に以下のエラーが発生する場合があります。
このメディアを開くために必要な 1 つ以上の codec が見つかりません。 (0xC00D1B83)

原因

変換前の動画ファイルを、エンコーダがサポートしていない codec を使用して開こうとしている場合があります。


サード パーティ製の codec をインストールしている場合、標準の DirectShow が持つ codec よりも高機能な場合があり、DirectShow はレンダリングする場合に、より高機能な codec を選択します。また同じ機能の場合は、最後にインストールされた codec を使用します。

回避策

サード パーティ製の codec をアンインストールするか、無効にした上でエンコーダをご利用下さい。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:417153 - 最終更新日: 2005/05/13 - リビジョン: 1

フィードバック