Windows のゲストのクラスターに所属する仮想マシンをバックアップするときのエラー

適用対象: Windows Server 2019, all versionsWindows Server 2016 DatacenterWindows Server 2016 Essentials

現象


仮想マシン (VM) 共有仮想ディスク (VHD) を使用して、ゲストのクラスターに含まれるバックアップを作成するサード ・ パーティ製バックアップ ・ アプリケーションを使用する 1 つまたは複数の次のエラー メッセージが表示される場合があります。

エラー 1:

エラー 2:

エラー 3:

エラー 4:

その他の情報


1 エラーが発生します。

ゲスト VM 内のクラスター サービスを照会できませんので、この問題が発生します。 この問題を解決するには、クラスター機能がすべてのゲスト仮想マシンにインストールされているし、実行されていることを確認します。

エラー 2

この問題は、VHD ディスクには、として、クラスター共有ボリューム (CSV)、チェックポイントを作成するため使用することはできませんが使用されるために発生します。 この問題を解決するには各ディスクの代わりに、クラスターの共有ボリュームとして共有ディスクとして使用する必要があります。これは、クラスターの共有ボリュームから削除する] オプションを使用して実行できます。

3 エラーが発生します。

共有ドライブは、ゲストのクラスターでオフラインになっていたために、この問題が発生します。 この問題を解決するには、バックアップの一部であるクラスター内のすべての共有ドライブがオンラインになっているを確認します。

Windows Server 2012 R2 または Windows Server の以前のバージョンを使用する場合は、共有ストレージとしてディスクの VHD の設定を使用して、サポートされていません。

エラー 4

この問題は、アクセス許可に問題が発生したために発生します。 この問題を解決するには、VMM のプロセスの追加アクセス許可を付与する VHD ファイルとそれらのスナップショット ファイルを格納するフォルダーを変更しなければなりません。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. フォルダーを使用しているすべての Vm の GUID を確認します。これを行うには、管理者は、PowerShell を開始し、次のコマンドを実行します。
    get-vm | fl name, id
    出力例:
    Name : BackupVMId   : d3599536-222a-4d6e-bb10-a6019c3f2b9b Name : BackupVM2Id   : a0af7903-94b4-4a2c-b3b3-16050d5f80f
  2. VM の guid ごとに、次のコマンドを実行して、VMM のプロセスのフル コントロールを割り当てます。
    icacls <Folder with VHDS> /grant "NT VIRTUAL MACHINE\<VM GUID>":(OI)F

    例:

    icacls "c:\ClusterStorage\Volume1\SharedClusterDisk" /grant "NT VIRTUAL MACHINE\a0af7903-94b4-4a2c-b3b3-16050d5f80f2":(OI)Ficacls "c:\ClusterStorage\Volume1\SharedClusterDisk" /grant "NT VIRTUAL MACHINE\d3599536-222a-4d6e-bb10-a6019c3f2b9b":(OI)F