FIX 並列再実行動作しない SQL Server のインスタンスでのトレース フラグ 3459 を無効にした後

適用対象: SQL Server 2017 DeveloperSQL Server 2017 EnterpriseSQL Server 2017 Enterprise Core

現象


Microsoft SQL Server では、可用性グループに常を使用することを想定しています。 後に切り替えたシリアルやり直し並列再実行のトレース フラグの 3459 を有効にすると serial は期待どおりに動作をやり直します。 ただし、トレース フラグ 3459 を無効にすることで並列再実行に切り替えると並列再実行は動作しません。 再起動する場合、並列に、SQL Server のインスタンスは、期待どおりに動作をやり直します。

解決方法


SQL Server の以下の更新プログラムでこの問題を解決します。

累積的な更新プログラム 9SQL Server 2017 の 

2016 Service Pack 2 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム 2

2016 Service Pack 1 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム 10

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


マイクロソフトを使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語について説明します。