[IME] 入力方式の変更に割り当てられたキーが設定と異なる

概要

この資料は、Windows XP 環境にて IME 2002 もしくは IME 2003 を使用している場合に、[キーシーケンスの変更] ダイアログボックスで設定できる [キーボード レイアウトの変更] に割り当てられたショートカットキーの設定が標準で実際の動作と異なる現象について説明しています。


注: 上記の「標準」とは、Windows XP のセットアップ実行直後の状態を指します。

詳細

Microsoft Word 2002 もしくは 2003 を起動した場合、上記いずれかの IME を使用している環境であれば「Microsoft IME Standard 2002 (2003)」と「Microsoft Natural Input 2002 (2003)」を使用することができます。これらを切り替えるためのショートカット キーの設定は、[テキト サービスと入力言語] の [キーの設定] ボタンをクリックして、更に [キーシーケンスの変更] ボタンをクリックした時に表示される [キー シーケンスの変更] ダイアログボックスで行う事ができます。標準では、[キーボードレイアウトの切り替え] チェックボックスはオフの設定になっています。しかし、実際にはこの設定は有効であり、Microsoft Word 2002 (2003) を起動して、[Ctrl] ボタンと [Shift] ボタンを押下すると、「Microsoft IME Standard 2002 (2003)」と「Microsoft Natural Input 2002 (2003)」の切り替えが行われます。

回避策

[キー シーケンスの変更] ダイアログボックスで [キーボードレイアウトの切り替え] のチェックボックスを一度オンに設定し、再度オフに設定する事によってダイアログボックス上の設定と実際の動作の同期をとることができます。
  1. [コントロールパネル] の [地域と言語のオプション] を表示します。
  2. [言語] タブを表示し、[詳細] ボタンをクリックして、[テキスト サービスと入力言語] ダイアログボックスを表示します。
  3. [キーの設定] ボタンをクリックし、[詳細なキー設定] ダイアログボックスを表示して、”入力言語を切り替える” がアクティブになっている事を確認した上で [キーシーケンスの変更] ボタンをクリックします。
  4. [キーボードレイアウトの切り替え] チェックボックスをオンに設定し、[OK] ボタンを押下します。
  5. もう一度 [キーシーケンスの変更] ボタンをクリックして、[キーボードレイアウトの切り替え] チェックボックスをオフに設定し、[OK] ボタンを続けて押して全てのダイアログボックスを閉じます。

状況

この問題は弊社にて IME の問題として確認しています。
プロパティ

文書番号:436652 - 最終更新日: 2004/03/03 - リビジョン: 1

フィードバック