ハイブリッド展開で Exchange Online からオンプレミスの空き時間情報を検索すると失敗する

適用対象: Exchange Online

現象


Exchange Online のメールボックスからオンプレミスのメールボックスの空き時間情報を検索すると失敗します。

ハイブリッド展開で Microsoft Office 365 テナントを所有していると仮定します。この展開で、contoso.com はプライマリ オンプレミス ドメインとして構成されています。オンプレミスのメールボックス ユーザーについて、Azure Active Directory Connect は、オンプレミス環境の Exchange 組織のメールボックス ユーザーを同期し、Exchange Online にメールが有効なユーザーを作成します。

TargetAddress (ExternalEmailAddress) の属性値は、SMTP:user@contoso.com と自動的に設定されます。ただし、メールが有効なユーザーが複数の場合、ExternalEmailAddress の属性値は、SMTP:user@fourthcoffee.com など別のドメインに設定されます。

メールが有効なユーザーの ExternalEmailAddress の属性値は、Exchange Online リモート PowerShell で以下のコマンドを実行することにより変更できます。

Get-MailUser "Identity of MailUser" | fl name, *ext*

出力される ExternalEmailAddress の値は、以下のとおりです。 

ExternalEmailAddress      : SMTP:user@fourthcoffee.com

また、ExternalEmailAddress の属性値は、Office 365 Exchange 管理センターから変更することもできます。これを実行するには、[受信者][連絡先] の順にクリックします。問題のある電子メール ユーザーをダブルクリックし、[全般] タブを表示します。ページの一番下までスクロールし、外部のメール アドレスを確認します。

ExternalEmailAddress 値から Office 365 の Exchange 管理者センター

: Azure Active Directory Connect 同期ツールを使用してオンプレミス環境からユーザーを同期していると、この外部のメール アドレスを Exchange Online で直接変更することはできません。代わりに、オンプレミス組織で同期されたユーザーを変更する必要があります。

回避策


Exchange Online ExternalEmailAddress の属性値を設定するのは、同期中のみです。オンプレミス環境のメールボックス ユーザーの電子メール アドレスについて変更がない場合、Azure Active Directory Connect ツールが、当該属性値を計画済み差分同期中に同期することはありません。

また、TargetAddress の属性値がメールボックス ユーザーで常に使用されることは想定していません。

この問題を回避するには、以下の手順に従ってください。

  1. TargetAddress の属性値が、オンプレミス環境のメールボックス ユーザーに対して既に使用されていないことを確認します。
  2. オンプレミス環境のメールボックス ユーザーの電子メール アドレスを変更します (: 新しい電子メール アドレスを一時的に追加する)
  3. Azure Active Directory Connect ツールを使用して差分同期を実施します。

ExternalEmailAddress (TargetAddress) の属性値が、SMTP:user@contoso.com という想定どおりの値に戻っていることを確認します。本変更を確認後は、必要に応じて、本変更をオンプレミス環境の電子メール アドレスに戻すことができます。

: Exchange Online への同期を妨げる可能性がある Azure Active Directory オブジェクトについて、検証エラーが発生していないことも確認する必要があります。Office 365 ポータルまたは Windows PowerShell Azure Active Directory モジュールからステータスをチェックする方法の詳細については、「Office 365 ポータルまたは Windows PowerShell Microsoft Online Services モジュールでユーザーの確認エラーが表示される」を参照してください。

ステータス


これは想定された動作です。

追加情報


Exchange Online が空き時間情報検索を実施する際は、ExternalEmailAddress の属性値によって、使用する Organization Relationship (組織上の関係)、または Intra-Organization Connector (組織内のコネクタ) を判断します。Exchange Online は通常、オンプレミス環境のメールボックス ユーザーのプライマリ SMTP アドレスに基づいて、ExternalEmailAddress の属性値を自動的に設定します。

TargetAddress の属性値が、オンプレミス環境のメールボックス ユーザーで使用されている場合、Azure Active Directory Connect TargetAddress の属性を同期し、設定値を上書きします。Exchange Online が空き時間情報要求を実施すると、この要求は想定されていない場所に送信される可能性があります。

TargetAddress の属性値がその後、オンプレミス環境で削除されたとしても、Exchange Online ExternalEmailAddress の属性値は想定どおりの値に戻りません。