Dynamics 365 でソリューションをインポートするときに「管理プロパティの構成のためこのコンポーネントの操作を完了できません」エラーが発生します。

適用対象: Dynamics 365

現象


Dynamics 365 でソリューションをインポートしようとすると、ソリューションのインポートは、次のメッセージが失敗します。

"ソリューションのインポート: [ソリューション名] に失敗しました」

エラー] ダイアログ ボックスがありますのエラー ステータスは、[詳細] 列で、次のメッセージが表示されます.

「管理プロパティの構成のためこのコンポーネントの操作を完了できません」

ログ ファイルのダウンロード] をクリックして Excel で、[コンポーネント] タブを表示して、メッセージが表示、次のようにします。

[状態] 列: エラー

エラー コード: 0x8004F026

エラー テキスト: 現在のコンポーネントの評価 (名 = エンティティ id の条件の管理プロパティの評価中に失敗しました、現在の操作 (更新) [GUID] を =: 現在のコンポーネントの評価 (名 = エンティティ、id [GUID] を現在の操作 (=条件の管理プロパティの評価中に更新) が失敗しました: 管理プロパティ名: [ManagedPropertyLogicalName] です。コンポーネント名: エンティティです。属性名: [ManagedPropertyLogicalName];"

原因


マイクロソフトは、マーケティング リストは、システム ユーザー、チーム、顧客住所、位置、取引のエンティティの一部のエンティティを含むソリューションをインポートするときにこのエラーが発生することが、問題に注意してください。 ソリューションには、これらのエンティティのいずれかが含まれる、する場合は、この資料の「解決方法」を参照してください。

このエラーは、対象となる組織内の同じエンティティをインポートしようとしているエンティティの管理プロパティの不一致があるを示します。 ターゲット エンティティの属性と、ソース エンティティの属性との間の不一致は、送信元組織を対象となる組織 (8.2 を 9.0 の使用例) よりも古いバージョンの中のバージョンに関連します。 システムのアップグレードが実行される対象となる組織では、マネージ エンティティの属性を更新するには場合は、このエンティティの属性の別の定義が含まれている場合、ソリューションは失敗します。

例:Dynamics 365 バージョン 8.2 では、マーケティング リストのエンティティとの関連付けとユーザー定義エンティティを作成します。 Dynamics 365 モバイル アプリケーションで表示されるようにするのにはマーケティング リスト エンティティの管理対象の属性を変更するのには Dynamics 365 バージョン 9.0 では、システムの更新プログラムが適用されたが (名前: IsVisibleInMobileClient、論理名: canmodifymobileclientvisibility) を true にします。 マネージド ソリューションは、カスタム エンティティを含む 8.2 組織からエクスポートし、マーケティング リストの既定ではエンティティの定義は、ソリューションの依存関係として含まれています。 9.0 の CRM の組織に管理対象のソリューションがインポートされると、属性の定義の不一致があります。 ターゲット組織内のエンティティを管理し、マネージ属性は更新可能ではありませんので、別の発行者から、ソリューションのバージョンには変更できませんし、エラーが表示されます。

解決方法


マイクロソフトの「原因」に記載されているエンティティについて、この問題の修正プログラムをリリースしました。これらのエンティティの 1 つは、ソリューションの一部である場合、その間を使用することができます回避策があります。、ターゲット組織のエンティティの属性と一致するソースの組織エンティティの属性値を変更するのには、ソリューション ファイルを変更できます。

注: この解決方法はこのソリューションのインポートにのみ動作します。 送信元組織からもう一度ソリューションをエクスポートする場合は、この編集を再実行する必要があります。 修正プログラムがリリースされるまで、一時的な解決方法があります。

1. ソリューション ファイルを解凍します。

2. テキスト エディターで customizations.xml ファイルを開きます。

3.、LogicalCollectionName の検索 (例: リスト、チームなどです。..)

<EntitySetName>lists</EntitySetName>

4. スクロール ダウンし、エラー メッセージに記載されている属性名が見つかりません。 Markeitng リスト エンティティの属性があります IsVisibleInMobileClient。 「原因」に記載されている、他エンティティ フィールドになりますIsReadOnlyInMobileClient です。

<IsVisibleInMobileClient>0</IsVisibleInMobileClient>

5. 現在の設定とは逆の値を変更 (例: 0 ~ 1)

<IsVisibleInMobileClient>1</IsVisibleInMobileClient>

6. zip のすべてのファイルに編集した新しいソリューションにし、このソリューションを使用して、インポート時にします。

詳細情報


不一致のあるターゲット組織内のエンティティは、エラー ダイアログ ボックスで識別されます。 一致していない [ManagedPropertyLogicalName] 属性の値を取得するには、GUID によって識別されるエンティティを取得するのに Web API を使用します。

  1. ソリューションをインポートしよう、対象組織の Dynamics 365 web アプリケーションにアクセスする web ブラウザーを開きます。
  2. タブを複製する (タブを右クリックし、[複製] をクリックして)、認証されたブラウザー セッションを使用できるようにします。
  3. 、新しいタブの [GUID] をエラーの詳細から GUID の値に置き換えると、置き換え、組織の URL を [organizationURL] は、次のコマンドを実行します:https://[organizationURL]/api/data/v8.2/EntityDefinitions([GUID])
  4. [ManagedPropertyLogicalName] で、文字列の出力を検索します。
  5. 送信元組織で同じ手順を実行し、エラー メッセージに示された属性の値を比較します。

 

例:

エラー メッセージ:

現在のコンポーネントの評価 (名 = エンティティ、id = efd3a52d-04ca-4 d 36-a54c-2a26a64f5571) の条件の管理プロパティの評価中に失敗しました、現在の操作 (更新): 現在のコンポーネントの評価 (名 = エンティティ、id =efd3a52d-04ca-4d36-a54c-2a26a64f5571) の条件の管理プロパティの評価中に失敗しました、現在の操作 (更新): 管理プロパティ名: canmodifymobileclientvisibility。コンポーネント名: エンティティです。属性名: canmodifymobileclientvisibility。

クエリhttps://[organizationURL]/api/data/v8.2/EntityDefinitions(efd3a52d-04ca-4d36-a54c-2a26a64f5571)を使用して、エンティティの表示名は、[マーケティング リスト] です。

「表示名」: {

"LocalizedLabels": [

{

[ラベル]: [マーケティング リスト]

"LanguageCode": 1033、

「IsManaged」: true の場合、

"MetadataId":"479709b3-2241-db11-898a-0007e9e17ebd"、

「HasChanged」: null

}

],

LogicalName のエンティティは、[リスト] です。

"LogicalName":「リスト」、

リスト] では、entitiesLogicalCollectionName と

「LogicalCollectionName」:「リスト」、

t です。