Windows Server Version 1803 および Windows 10 Version 1803 のサービス スタック更新プログラム: 2018 年 11 月 14 日

適用対象: Windows Server version 1803Windows 10, version 1803

概要


Windows で BitLocker のデバイス暗号化が不適切に中断される場合にセキュリティ機能のバイパスの脆弱性が存在します。 電源がオフのシステムに物理的にアクセスできる攻撃者は、この脆弱性を悪用して暗号化されたデータにアクセスできる可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用するには、次回のシステム再起動の前に標的のシステムに物理的にアクセスできる必要があります。

このセキュリティ更新プログラムは、Windows で BitLocker のデバイス暗号化が確実に再開されるようにすることで、この脆弱性を解決します。

この脆弱性の詳細については、CVE-2018-8566 を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの既知の問題


問題

サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールしても、一部の Windows 累積的な更新プログラム (CU) がインストールされないことがあります。 

この問題は、次のいずれかの条件に該当する場合に発生することがあります。

  • 2018 年 8 月以降に累積的な更新プログラムをインストールしていない。
  • 新しいオペレーティング システムをインストールし、この SSU をインストールしてから、2018 年 9 月以降の Windows CU をインストールしようとした。  

この問題の影響を受けるのは、ARM64 ベースのシステムのみです。

この問題から回復するには、Windows を再インストールし、最新の Windows CU をインストールしてから、この SSU をインストールします。

状態

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

この更新プログラムの入手方法


方法 1: Windows Update

この更新プログラムは自動的にダウンロードされ、インストールされます。

注: この更新プログラムは、Windows Server Update Services (WSUS) を介して入手することもできます。  

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

展開方法に関する情報


マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの展開の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2018 年 11 月 14 日

詳細


必要条件

この更新プログラムをインストールするための必要条件はありません。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後に、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、Windows 10 Version 1803 用のサービス スタック更新プログラム: 2018 年 9 月 12 日 (4456655) を置き換えます。

関連情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ファイル情報



ファイル情報
このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows 10 のファイル情報