PXE ブートの問題の構成マネージャーでのトラブルシューティング

適用対象: System Center Configuration Manager (current branch - version 1810)Microsoft System Center 2012 Configuration ManagerSystem Center Configuration Manager (current branch - version 1610) 詳細

はじめに


この資料は、管理者が診断し、PXE ブートの失敗システム センター構成マネージャーでの解決に役立ちます。場合は、ホーム ユーザーとの問題を解決するためのマイクロソフト コミュニティに質問します。

PXE のしくみについては、必要な情報は、 pxe を理解し、構成マネージャーでの比較記事を参照してください。

    詳細情報


    PXE サービス ポイントのトラブルシューティングを開始する前に、次の解決策を行うことをお勧めします。これらのソリューションでは、PXE ブートに影響を与えるほとんどの問題を解決します。解決方法 1 が成功した場合は、解決方法 2 に移動する必要はありません。

    解決方法 1:、IP ヘルパーがいることを確認します。

    DHCP サーバー、クライアント コンピューターで、Windows 展開サービス (WDS)、および PXE が有効な配布ポイント (DP) が実行されている ConfigMgr サーバーは、同じサブネットまたは VLAN のすべての場合、IP ヘルパーは必要ありません。

    別々 のサブネットまたは Vlan では、DHCP サーバー、クライアント コンピューター、または WDS と、PXE が有効な DP を実行している構成マネージャー サーバーのいずれかの場合は、ルーターに IP ヘルパーを構成しなければなりません。これは、通常、ほとんどの環境で、大文字と小文字です。

    このプロセスでは、変化し、ルーターのハードウェアの製造元によって異なります。プロセスの一般的な概要については、ブロードキャストを転送するには、ルーターの構成を参照してください。ルーターに IP ヘルパーを正しく構成する方法の詳細については、ルーターの製造元に問い合わせてください。

    IP ヘルパーは、クライアント コンピューターによって生成された PXE 要求は、ブロードキャストはローカル サブネットまたは VLAN の外側を移動するために必要です。またはしないを参照してくださいが PXE 要求を聞く場合は、DHCP サーバー、または WDS PXE 対応の DP は、同一のサブネットまたは VLAN としてクライアント コンピューターに登録されていない、クライアントからブロードキャストします。そのため、サーバーは、PXE 要求には応答しません。PXE のサブネットまたは Vlan との間のブロードキャストの旅行の要求を表示するには、PXE 要求のブロードキャストが、正常にクライアントの PXE 要求に応答するように、ルーターは DHCP サーバーと WDS と PXE サービス ポイント サーバーによって転送されます。

    マイクロソフトでは、DHCP オプションの使用は推奨しません

    DHCP オプションは、問題が発生することができ、確実にまたは継続的に動作しない可能性します。また、DHCP オプションを使用して、構成マネージャーは、 Microsoft ではサポートされていませんを PXE 要求を制御します。

    したがって、リモート サブネット上のクライアント コンピューターを起動する PXE の推奨およびサポートされているメソッドは、IP ヘルパーを使用します。

    推奨またはサポートされていない DHCP オプションの詳細については、以下の資料を参照してください。

    確認、DHCP オプション60、66、および 67 が構成されていません

    重要続行する前に、次の両方の条件を確認することが不可欠です。

    • ルーターでは、IP ヘルパーの構成があります。
    • DHCP サーバーではない 60、66、または構成されている 67 の DHCP オプションがあります。

    両方の条件が満たされない場合、PXE サービス ポイントに問題が発生します。DHCP オプションをチェックするときは、サーバーおよびスコープの両方のレベルでオプションを確認することを確認します。

    場合によっては、DHCP の構成オプションの 60、66、67 の通知が表示されるように PXE ブート プロセスが続行されたこれらのオプションの構成前以上にします。ただし、ほとんどの場合、プロセスは、不正なパスに沿って実際に作業を進めるです。

    重要DHCP オプションを使用する必要が唯一の例外では、DHCP および WDS が同じサーバーに存在するか。このような状況を設定するだけの DHCP オプション 60 を持っています。DHCP オプション 66 および 67 はまだないこのシナリオで設定します。の詳細については、次のサポート技術情報を参照してください:

    KB 4491871高度な問題のトラブルシューティング PXE ブート構成マネージャーでします。

    解決方法 2: は、PXE (解決方法 1 で問題が解決しなかった場合にのみ使用します) を再インストールします。

    多くの場合、インストールまたは構成中に発生するエラーは、PXE ブートの問題の原因し、困難で、正確に時間がかかることができます。多くの場合、PXE を再インストールして最初からやり直すは、最も効率的で最も時間のかからないソリューション。これを行うには、以下の手順を実行します。

    1. DP で PXE を有効にする] チェック ボックスをオフにします。Windows 展開サービスを削除するメッセージが表示されたら、[はい] を選択します。
    2. PXE がアンインストールされたことを確認します。これを行うには、Distmgr.log のサイト サーバー上の配布ポイント用) または (スタンドアロン DP) の Smsdpprov.log を使用します。
    3. サーバー マネージャーでは、WDS がアンインストールされたことを確認します。WDS をアンインストールする場合は、保留中の再起動が必要があります。
    4. サーバーを再起動します。
    5. 検索し、RemoteInstall フォルダーを削除します。
    6. PXE DP のプロパティで自己署名証明書の日付を変更します。新しい証明書を作成するを待ちます。(これは、DP が HTTPS の場合) です。
    7. WDS サーバー マネージャーをインストールします。
    8. DP プロパティのチェック ボックスを選択することによって、PXE のポイントを再度追加します。(スタンドアロン DP) の Distrmgr.log (、DP がサイト サーバー上にある場合) または Smsdpprov.log を監視し、DP がインストールされていることを確認します。
    9. 新しい Remoteinstall フォルダーが作成されたことを確認します。
    10. その 1 つ以上の x64 ブート イメージと 1 つの x86 を確認、DP にブート イメージを配布します。各ブート イメージを PXE DP に配布して、PXE ブートを使用する、各ブート イメージを PXE オプションが有効になっていることを確認します。Pc の BIOS または UEFI Pc をレガシ モードでは、x86 を必要とする場合でも、すべての Pc 環境では、x64 イメージを起動します。
    11. WDS サービスが開始されていることを確認します。
    12. RemoteInstall フォルダーに移動し、次の SMS フォルダーが作成されたことを確認します。
      • SMSBoot
      • SMSImages
      • SMSTemp
      • SMSTEmpBootFiles
    13. SMSImages フォルダーに移動し、PXE DP に配布されたすべてのブート イメージがここに表示されていることを確認します。ブート イメージは、パッケージ ID で一覧表示されます。
    14. SMSBoot フォルダーに移動し、x86 と x64 の両方のフォルダーにファイルが設定されていることを確認します。
    15. PXE ブートを実行してください。

    さらにヘルプが必要ですか?


    PXE のトラブルシューティングに関するその他のヘルプの起動の問題は、「サポート技術情報の次の資料を参照してください。

    4491871 PXE ブートの問題の構成マネージャーでのトラブルシューティングの詳細設定

    詳細この問題を解決するのにを参照してください、フォーラムのサポート、TechNetまたはマイクロソフト サポートにお問い合わせください