PXE ブートの問題の構成マネージャーでのトラブルシューティング

適用対象: System Center Configuration Manager (current branch)Microsoft System Center 2012 R2 Configuration ManagerMicrosoft System Center 2012 Configuration Manager

この資料は、管理者が診断し、PXE ブートの失敗システム センター構成マネージャーでの解決に役立ちます。場合は、ホーム ユーザーとの問題のヘルプについてマイクロソフト コミュニティに質問します。

この資料では。

開始する前に


PXE サービス ポイントのトラブルシューティングを開始する前にするかどうかは説明する問題が原因として考えられる問題を参照してください以下の資料を確認することをお勧めします。PXE ブートの一般的な問題のいくつかが含まれていますが、完全な一覧ではありません。

IP ヘルパーを確認する


場合は、DHCP サーバー、クライアント コンピューターで、Windows 展開サービス (WDS) と、PXE が有効な配布ポイント (DP) が実行されている ConfigMgr サーバーすべてに同一のサブネットまたは VLAN では、IP ヘルパーは必要ありませんし、。

それ以外の場合、DHCP サーバー、クライアント コンピューター、または WDS と、PXE が有効な DP を実行する構成マネージャー サーバーが別々 のサブネットまたは Vlan で、ほとんどの環境では、通常、上にある場合、ルーターに IP ヘルパーを構成しなければなりません。このプロセスでは、変化し、ルーターのハードウェアの製造元によって異なります。ブロードキャストを転送するには、ルーターを構成する一般的な概要を示しています。詳細については、ルーターに IP ヘルパーを正しく構成する必要がある場合は、ルーターのハードウェアの製造元に問い合わせてください。

IP ヘルパーは、クライアント コンピューターによって生成された PXE 要求は、ブロードキャストはローカル サブネットまたは VLAN の外側を移動するために必要です。またはしないを参照してくださいが PXE 要求を聞く場合は、DHCP サーバーと WDS PXE 対応の DP は、同一のサブネットまたは VLAN としてクライアント コンピューターに登録されていない、クライアントからブロードキャストするため、サーバーが要求に応答しない、PXE。PXE 要求のブロードキャスト走査のサブネットまたは Vlan との間には、PXE 要求は、クライアントの PXE 要求に正しく応答するよう DHCP サーバーと WDS と PXE サービス ポイント サーバーをルーターで転送する必要がありますをブロードキャストします。

IP ヘルパーを使用する代わりには具体的には DHCP オプション 60 (PXE クライアント)、66 (ブート サーバー ホスト名)、および 67 (ブート ファイル名)、DHCP サーバーの DHCP オプションを設定しています。ただし、DHCP オプションは問題が発生することができ、一貫して信頼性の高い、またはが動作しない可能性があります。さらに、ConfigMgr はマイクロソフトのサポートで PXE をコントロールする DHCP オプションの使用を要求します。したがって、リモート サブネット上のクライアント コンピューターを起動する PXE の推奨およびサポートされているメソッドは、IP ヘルパーを使用してです。

推奨またはサポートされていない DHCP オプションの詳細については、以下の資料を参照してください。

重要強制することを確認、ルーター IP ヘルパーの構成DHCP サーバーでは使用しないことでは、続行する前に 60、66、または構成されている 67 の DHCP オプションがあります。両方の条件を満たしていないとすると、PXE サービス ポイントに問題が発生します。DHCP オプションをチェックするときは、サーバーおよびスコープの両方のレベルでオプションを確認することを確認します。

特定の状況では、DHCP オプション 60、66、および 67 を構成すると、これらのオプションの構成前よりも PXE ブート プロセスが先まで進行しているように思われることがありますが、多くの場合、単に不適切な経路を突き進んでいるだけです。

重要DHCP オプションを使用する必要がある唯一の例外は、DHCP および WDS は、同じサーバー上に存在している場合です。このインスタンスでのみの DHCP オプション 60 を設定する必要があります。DHCP オプション 66 および 67 を静止する必要がありますこのシナリオでは設定できません共同ホスティング DHCP と同じサーバーに WDSで詳細に説明します。

同じサーバー上で DHCP と WDS を共存ホストする場合の特別な考慮事項


DHCP および WDS は、ホストを同じコンピューターには、特定のポートをリッスンできるように、WDS 特別な構成が必要です。この構成は、 Windows 展開サービスおよび動的ホスト構成プロトコル (DHCP)に記載されています。に従って、この資料では、次の 2 つのアクション必要があることを WDS と DHCP が同じサーバーでホストするときに完了するに注意してください。

  1. UseDHCPPortsの値は、次のレジストリ キーで0に設定する必要があります。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WDSServer\Providers\WDSPXE
  2. WDS の次のコマンドを実行する必要があります。 WDSUTIL/Set-Server/UseDHCPPorts:No/DHCPOption60:Yes

ただし、上記の推奨事項の問題は、 WDSUTILコマンドを実行するために WDS を構成します。これは、ないConfigMgr PXE 対応の DP をインストールする場合は、WDS を構成する最善の方法を移動します。しかし、 WDSUTILコマンドを必要としないし、そのため必要としない WDS を構成することを別の方法を使用して、 WDSUTILコマンド (UseDHCPPorts および DHCPOption60) を使用して指定されている 2 つの設定を構成できます。WDS を有効にすることがなくこれらの設定を構成するのには以下の手順を実行します。

  1. Wdsutil を使用するための UseDHCPPorts スイッチは、実際には 0 の値を次の場所に UseDHCPPorts のレジストリ キーを設定するのと同じです。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WDSServer\Providers\WDSPXE したがって、UseDHCPPorts スイッチを使用していない必要なレジストリ キーは手動で設定されている限り。WDS がインストールされていない場合は、このレジストリ キーがないがあることに注意してください。
  2. DHCPOption60 スイッチは、WDS サービスではなく、DHCP サービスのオプションを構成します。したがって、 WDSUTILを使用して、この DHCP オプションを設定するのには、代わりには、同等の DHCP コマンドを同じオプションを設定するのには使用できます。これは、リモート ブート サービスのための DHCP の構成で説明したように、 netshコマンドを使用して実行できます。 要約すると上記の資料ではを開かれていると管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行するすべての DHCP コンソールを閉じます。netsh dhcp server \\<DHCP_server_machine_name> add optiondef 60 PXEClient String 0 comment=PXE support netsh dhcp server \\<DHCP_server_machine_name> set optionvalue 60 STRING PXEClient

    これら 2 つのコマンドを実行すると、DHCP サーバー上で DHCP オプション 60 を設定して有効にします。 上記の 2 つのコマンドを実行した後に、DHCP コンソールで "060 PXE Client" ではなく "Unknown" という名前のオプションが表示された場合は、これらの設定を有効にできるようにサーバーを再起動します。 再起動後、オプションは適切に表示されます。 このようになるのは、通常、2 つのコマンドが実行された時点で DHCP コンソールが開かれたままであった場合です。

注: DHCP が別のサーバーに移動され、WDS をホストしているサーバーから削除された場合は、上記の手順を元に戻す必要があります。 上記の手順を元に戻すには、WDS サーバー上で以下の手順を実行します。

  1. 管理者特権でコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。REG ADD "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WDSServer\Providers\WDSPXE" /v UseDHCPPorts /t REG_DWORD /d 1 /f
  2. 管理者特権のコマンド プロンプトで次の 2 つのコマンドを実行します。netsh dhcp server \\<DHCP_server_machine_name> delete optionvalue 60 netsh dhcp server \\<DHCP_server_machine_name> delete optiondef 60 PXEClient2 つのコマンドの最初の DHCP オプション 60 を無効にし、2 番目の DHCP オプション 60 を完全に削除します。

DHCP 検出のトラブルシューティング


PXE ブート プロセスの最初の DHCP 検出段階のトラブルシューティングを開始する前に、考慮すべき重要な点がいくつかあります。

  • MAC アドレスまたは SMSPXE.log で起動しようとしているデバイスの DHCPREQUEST を表示できない場合、クライアントと配布ポイント (DP) との間のルーター構成に問題がある可能性があります。
  • DHCP オプション 60、66 および 67 は使用しないでください。このような使用法はサポートされていません。 
  • PXE には、DP が有効になっているように、同じサブネット上のスイッチに接続されている場合、デバイスをブートできるかどうかをテストします。場合は、問題があるルーターの構成を持つ可能性があります。
  • DHCP (67 と 68)、TFTP (69) および BINL (4011) ポートがクライアント コンピューターと DHCP サーバーおよび PXE DP の間で開いていることを確認します。

プロセスのこの段階では、ログを参照するのにはありません。ただし、通常、PXE ブート プロセスでは、WinPE が起動する前に失敗すると、PXE のエラー コードが表示されます。表示されるエラーの例を以下に示します。

  • PXE-E51: No DHCP or proxyDHCP offers were received. (DHCP OFFER または proxyDHCP OFFER が受信されませんでした)
  • PXE-E52: proxyDHCP offers were received. (proxyDHCP OFFER が受信されました) No DHCP offers were received. (DHCP OFFER は受信されませんでした)
  • PXE-E53: No boot filename received. (ブート ファイル名が受信されませんでした)
  • PXE-E55: proxyDHCP service did not reply to request on port 4011. (ポート 4011 上で proxyDHCP サービスが要求に応答しませんでした)
  • PXE-E77 bad or missing discovery server list. (PXE-E77: 不正または欠損している検出サーバー リスト)
  • PXE-E78: Could not locate boot server. (ブート サーバーが見つかりませんでした)

これらのエラー コードを記述した web ページのいくつかSymantec の PXE のエラー コードとその意味の一覧です

これにより、ネットワーク監視NetmonなどWireSharkツールで、問題のネットワーク トレースをキャプチャする必要がありますが、トラブルシューティングの対象を絞り込む。PXE が有効な DP にインストールする必要がある、ネットワーク監視ツールと、コンピューターは、スイッチ上のミラー ・ ポートに接続されています。ミラー ・ ポートの構成に関する詳細については、特定のスイッチまたはルーティング デバイスの製造元によって提供されるマニュアルを参照してください。典型的な手順は、DP とミラー ・ ポートに接続されているマシンの両方でネットワーク トレースを開始して、PXE を使用してデバイスを起動します。完了後、トレースを停止し、さらに分析します。PXE が有効な DP からキャプチャされた DHCP 会話のサンプル トレースを以下に示します。

3876_image14
 

PXE クライアントが最初の DHCPDISCOVER に続いて、DHCPOFFER DHCP サーバーから、PXE DP を表示できます。(0.0.0.0) クライアントからの要求が行われ、DHCP サーバー (10.238.0.14) を確認し、します。PXE クライアントが、IP address(10.238.0.3) を持つと、ネットワーク ブート プログラムの詳細を確認、PXE DP (10.238.0.2) に要求を送信します。

クライアントと DP 上で同時のネットワーク トレースをキャプチャして、通信が正常に行われているかどうかを確認します。

  • DHCP サービスが実行中で、利用可能であることを確認します。
  • DP 上で WDS サービスが実行中であることを確認します。
  • サーバーとクライアント間で DHCP ポートをブロックするファイアウォールがないことを確認します。
  • クライアント コンピューターが、DP と同じサブネット上に存在する場合にブートできることを確認します。
  • DP とは別のサブネットからブートする場合、IP ヘルパーが適切に構成されていることを確認します。

TFTP 転送のトラブルシューティング


PXE ブート時にエラーは、TFTP を参照している場合は、ブート ファイルを転送中にエラーがあります。これらのエラーの例を以下に示します。

  • PXE-E32: TFTP は、タイムアウトを開きます。
  • PXE-E35: TFTP は、タイムアウトをお読みください。
  • PXE-E36: TFTP サーバーからの受信にエラーが発生しました。
  • PXE-E3F: TFTP パケットのサイズが有効ではありません。
  • PXE-E3B: TFTP エラー - ファイルが見つかりません。
  • PXE-T04: アクセス違反が発生

これらのエラーをトラブルシューティングするのに適しては、ネットワーク モニターまたは Wireshark を使用してネットワークを監視します。開く TFTP タイムアウトが発生するときに PXE クライアントから取得されたデータの例を以下に示します。

3876_image15

ここで読み取りがwdsnbp.comファイルの要求が、応答を受信していないクライアントが送信します。これは、クライアントが受信確認応答の何かが拒否されていることを示します。ここでは、ように表示する必要があります。

3876_image16

次のトラブルシューティング手順を試してください。

  • ブロックを削減、PXE のサイズには、DP が有効になっている ( http://support.microsoft.com/help/975710を参照してください)
  • DP に WDS サービスが開始されていることを確認します。
  • クライアント コンピューターと DP の間で TFTP ポートが開かれていることを確認します。
  • REMINST 共有/フォルダー上のアクセス許可が正しいことを確認します。
  • その他の TFTP エラーがないか WDS のログを確認します。
  • RemoteInstall\SMSBoot\x86\x64フォルダーに次のファイルが含まれていることを確認します。
    3876_image17
  • フォントは、 SMSBoot\Fontsに存在します。
    3876_image18
  • Boot.sdiファイルは、 RemoteInstall\SMSBootディレクトリに存在します。
    3876_image19

WinPE ブートの問題 - ドライバー


このフェーズ中に発生する最も一般的な問題は、関連するドライバーです。全体に、最新バージョン WinPE にはには、膨大なネットワークおよび大容量記憶装置ドライバーが含まれています。ただしは、必要なドライバーが含まれていませんし、ブートの WIM にインポートする必要があるための機会があります。これに関しては、ここで注意すべき点のいくつかあります。

  • 必要なドライバーのみをインポートします。ブート イメージにあるすべてのドライバーをインポートするだけしません。
  • のみ NIC または大容量記憶装置ドライバーを追加することを検討してください。他のドライバーを含める必要はありません。

SMSTS.log ファイル (場所は X:\Windows\temp\SMSTS) は、これらの問題のトラブルシューティングに最も有用なリソースです (このファイルを調べることができるように、必ずブート中にコマンド プロンプトを有効にします)。 以下に示すような、有効な IP アドレスと共に記録されている行が表示されていない場合、通常はドライバーの問題が存在します。 

確認するためには、f8 キーを押し、NIC が認識されるかどうかと、IP アドレスがあるかどうかを決定するコマンド prmpt でIPCONFIGを実行します。WIM ファイルまた、DP の x86 と x64 の両方のブート イメージが存在していることを確認してください。(またされるコンテンツ ・ ライブラリに) 次のディレクトリに Wim を表示できます。C:\RemoteInstall\SMSImages\ < パッケージ Id >

マークされているPXE が有効な配布ポイントからは、このブート イメージの展開のブート イメージのプロパティを確認します。

Configuration Manager のポリシーの問題


タスク シーケンスの展開では、PXE ブートに対応した別の一般的な問題です。次の例では、タスク シーケンスは、不明なコンピューターに展開しますが、既にデータベースに。最初の現象は、PXE ブートを中止することです。

3876_image20

詳しく調べると、SMSPXE.log に以下の情報があることがわかります:

おり、nbs 経由で保存されている場合の手順を実行した、使用可能なポリシーが見つかりません、ブート操作が中止されましたのでここで確認できます。逆できる場合もあります (つまり場合、コンピューターが正常ではありませんが、タスク シーケンスは、既知のコンピューターのコレクションに配置される)。

次のトラブルシューティング手順を試してください。

  • 展開タスク シーケンスを対象としているコレクションで起動しようとするコンピューターが存在することを確認します。
  • 有効にする不明なコンピューターをチェックしていることを確認して、DP に PXE 設定をサポートします。
  • 不明なマシンにタスク シーケンスを展開する場合は、コンピューターがデータベースにまだ存在しないことを確認します。

さらにヘルプが必要ですか。


この問題を解決する助けが必要、する場合は、 TechNet のフォーラムのサポートまたはマイクロソフト サポートにお問い合わせを参照してください。