アカウント ロックアウトと管理ツールの概要

適用対象: Windows Server 2019, all versionsWindows Server 2016Windows Server 2012 R2 詳細

概要


この記事では、アカウント ロックアウトと管理ツールを紹介します。このツールのセットでは、アカウントを管理し、アカウントのロックアウトのトラブルシューティングを行うことができます。

詳細


アカウント ロックアウトと管理ツール パッケージには、次のファイルが含まれています。

  • AcctInfo.dll-では、分離し、アカウント ロックアウトのトラブルシューティングし、そのユーザーのサイト内のドメイン コント ローラー上のユーザーのパスワードを変更することができます。このツールでは、Active Directory ユーザーとコンピューター Microsoft 管理コンソール (MMC) 内のユーザー オブジェクトに新しいプロパティ ページを追加します
  • ALockout.dll- プロセスまたはアプリケーションが正しくない資格情報を送信しているクライアント コンピューターに支援を決定します重要はネットワーク アプリケーションまたはサービスをホストするサーバーでこのツールを使用できません。また、使用しないでください ALockout.dll 開始からは、Exchange ストアできないようにするため、Microsoft Exchange Server を実行しているサーバーにします
  • ALoInfo.exe- の名前とすべてのユーザー アカウントのパスワードの有効期間が表示されます
  • EnableKerbLog.vbs- UWindows 2000 およびそれ以降のバージョンの Windows を実行しているすべてのクライアントにログオンするための Kerberos プロトコルを有効にすると、スタートアップ スクリプトとして sed
  • EventCombMT.exe- 1 つの場所で複数のコンピューターのイベント ログから特定のイベントを収集します
  • LockoutStatus.exe- To d、関連するログを収集するためetermines ユーザー アカウントのロックアウトに関連するすべてのドメイン コント ローラーです。リターン状態コードを特定の Netlogon ログ Netlogon を解析するための NLParse.exe ツール LockoutStatus.exe を使用します。このツールは、後で並べ替えることができるコンマ区切り値 (.csv) ファイルに出力を指示します
  • NLParse.exe- Used を抽出して表示する Netlogon ログ ファイルからのエントリを必要に応じています