Dynamics 365 でサーバー側の同期の通知に「UnknownIncomingEmailIntegrationError-2147220956 例外」が表示されます。

適用対象: Dynamics 365

現象


Dynamics 365 メールボックス レコード内では、次の警告レベルのアラートが表示されます。

"メールボックスから電子メールを受信中に不明なエラーが発生しました] [メールボックス名]".関連付けられている電子メール サーバーのプロファイルの所有者[プロファイル名]通知されました。システムは、後でもう一度メールを受信しようとしています

メール サーバーのエラー コード:UnknownIncomingEmailIntegrationError-2147220956 例外が Exchange サーバーに返されます」

原因


エラー コード-2147220956 は、IsvUnexpected エラーを示します。これは通常カスタム プラグインを示します。 またはワークフローでエラーをスローすること、エラーが発生する電子メールの作成が発生します。

解決方法


カスタム プラグインまたは電子メールの作成を同期的に実行するワークフローがあるかどうかを確認します。プラグインまたはワークフロー エラーが発生して、サーバー側の同期は、電子メールを作成することはできません。次の手順は、ワークフローや、組織内の電子メールの作成時に実行するプラグインがあるかどうか判断するのに役立ちます。

ワークフロー

  1. Dynamics 365 の web アプリケーション内の設定に移動し、[プロセス] をクリックします。
  2. プロセスをアクティブにするビューを変更します。
  3. 主エンティティ] 列と、主エンティティと、カテゴリとしてワークフローとして電子メールですべての行の外観をソートします。 カテゴリでフィルター処理するグリッドのフィルター処理オプションを使用する代わりにワークフローの主エンティティ = = メール
  4. 検索する (存在する場合) は、上記の条件を満たしているそれぞれのワークフローを開きます。
  5. 起動オプションがある場合、レコードの作成] オプションが選択されていると(推奨)、バック グラウンドでこのワークフローを実行する] オプションが選択されていない、このワークフローが原因である可能性がある可能性があります。
  6. 正常に作成されていない電子メールに関連するすべてのエラーの lookg、ページの左側にあるプロセスのセッションをクリックします。

プラグイン

  1. Dynamics 365 の web アプリケーション内の設定のカスタマイズ] に移動し、システムのカスタマイズ] をクリックします。
  2. Sdk メッセージ処理手順をクリックします。
  3. プライマリ オブジェクトの種類コード (sdk メッセージ フィルター)の列と電子メール エンティティの任意の行を並べ替えます。
  4. すべて wors を検索すると、実行モードは、同期、メールの作成時に interferring 可能性があります可能性があります。

場合は、問題が一貫して再現し、ワークフロー、またはテスト用にプラグインを一時的に無効にすることは、このかどうかは、ワークフローまたはプラグインが原因を特定することを許可できます。