SharePoint Server 2019 のセキュリティ更新プログラムについて: 2019 年 6 月 12 日

Gjelder: SharePoint Server 2019

概要


影響を受ける SharePoint サーバーを対象とする特別に細工された Web 要求を Microsoft SharePoint Server が正しくサニタイズしない場合、クロスサイト スクリプト (XSS) の脆弱性が存在します。このセキュリティ更新プログラムでは、この脆弱性を解決します。   また、Microsoft Word ソフトウェアがメモリ内のオブジェクトを正しく処理できない場合、このプログラムでリモートでコードが実行される脆弱性も解決します。    これらの脆弱性の詳細については、次の資料を参照してください。 

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の SharePoint Server 2019 がインストールされている必要があります。

機能追加および修正


次の点が強化されました。

  • 検索時に日本の新しい元号名が正しく分割されるように、日本語の単語区切り機能に新しい元号名を追加します。  

  • アルゼンチンや南アメリカの他の国のユーザーがブラウザーの言語設定としてスペイン語を設定している場合、SharePoint のクラシック検索で検索言語設定の選択肢としてスペイン語が表示されるようになりました。 

次のセキュリティ以外の問題が修正されます。

  • 状況によっては、データベース内の参照テーブルから複数値の選択をサポートするカスタム フィールドに関連付けられているビューをいくつか削除してから、Repair-SPProjectWebInstance コマンドレットを実行すると、データベースに最初のビューが生成されないことがあります。 

  • モダン UI で Information Rights Management (IRM) 保護を適用したファイルが、ドキュメント ライブラリにアップロードされません。  

  • 既存のフォルダーは、空の場合にのみ、特殊フォルダーとしてマークできます。 現在は、既存のコンテンツがあるフォルダーを使用できるようになりました。

  • CalendarWeekRule を設定するための特定のカレンダー選択オプションで値が正しく更新されません。

  • 2019 年 1 月の更新プログラムをインストールすると、“リソース" Web パーツがサーバーの全体管理ホームページから削除されます。  この更新プログラムではこの問題を修正し、“リソース" Web パーツをサーバーの全体管理ホームページに復元します。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 自動更新を有効にする方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2019 年 6 月 12 日」を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム 4464556 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

ファイル名 SHA1 ハッシュ SHA256 ハッシュ
sts2019-kb4475512-fullfile-x64-glb.exe 4407C1313C2661E91314BD81A4C6E0A5C9553A9D 36DA12097444C002045373ABCC289E982D825D9FC4A83D6F3280309446F80118


ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ローカル コンピューター上では、これらのファイルの日時は、夏時間 (DST) が反映された現地時間で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法


更新プログラムのインストールのヘルプ: オンライン上で自分を守る

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: マイクロソフト セキュリティ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート