SharePoint Enterprise Server 2013 のセキュリティ更新プログラムについて: 2019 年 8 月 14 日

適用対象: Microsoft SharePoint Server 2013 Service Pack 1

概要


このセキュリティ更新プログラムは、影響を受ける SharePoint サーバーに対する特別に細工された Web 要求を Microsoft SharePoint Server が正しくサニタイズしない場合に存在するクロスサイト スクリプト (XSS) の脆弱性を解決します。この脆弱性の詳細については、「Microsoft Common Vulnerabilities and Exposures CVE-2019-1203」を参照してください。   

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft SharePoint Server 2013 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムでは、以下の点が強化されています。

  • SharePoint サーバーの全体管理サイトの追加のエントリ ポイント。 これは、SharePoint Online への移行の選択肢になります。

    注: これらの機能強化を有効にするには、この更新プログラムと共に更新プログラム 4475565 および 4475567 をインストールする必要があります。

  • 簡体中国語 (CHS) および繁体中国語 (CHT) のワードブレーカーに日本の新元号のサポートを追加しました。 これらは、CHS/CHT ワードブレーカーの出力に複合文字として表示されます。

    注: この機能強化を有効にするには、この更新プログラムと共に KB 4475565 をインストールする必要があります。 

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、Windows Update: FAQ」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2019 年 8 月 14 日」を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム 4475522 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

ファイル名 SHA1 ハッシュ SHA256 ハッシュ
coreserverloc2013-kb4475557-fullfile-x64-glb.exe 303A520E96BDE44438C0E6AF13BF7FC4F4E80809 4CF2B73750166A8A570063FFD1EB78922E10AE6A2668CD5F04CEF2BEA95EB0C9


ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (4475557) に含まれるファイルの一覧をダウンロードしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法


更新プログラムのインストールのヘルプ: オンライン上で自分を守る

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: マイクロソフト セキュリティ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート