SharePoint Server 2019 のセキュリティ更新プログラムについて2019 年 9 月 11 日

適用対象: SharePoint Server 2019

概要


MicrosoftSharePoint でアプリケーション パッケージのソース マークアップをチェックしない場合、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。このセキュリティ更新プログラムでは、この脆弱性を解決します。 この脆弱性の詳細については、次の CVE の説明を参照してください。  

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft SharePoint Server 2019 がインストールされている必要があります。 

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムには、次のセキュリティ以外の問題についての機能追加と修正が含まれています。
  • ファイル共有のファイルのパスが Windows がサポートする既定のパスの長さ (260 文字) より長い場合、ファイルはアクセス制御リスト (ACL) 情報なしでクロールされます。

  • マルチサーバー ファームへの SharePoint Server 2019 ソリューションのインストールは信頼性の低いプロセスであり、成功しない場合があります。

  • 以前のバージョンの SharePoint Server から SharePoint Server 2019 にコンテンツ データベースを接続すると、そのデータベース内の既存の "目次" Web パーツは、アップグレード後、常に [開始場所のコンテンツを表示する] 設定が有効になります。  この更新プログラムは、アップグレード時に元の設定を保持することにより、この問題を修正します。

  • クライアント側オブジェクト モデル (CSOM) を介すると、外部タスクの TaskLink ProjUid プロパティから、タスクが参照するプロジェクトの ID ではなく、自身のプロジェクトの ID が返されます。  この更新プログラムでは、ExternalProjectUid プロパティと ExternalTaskUid プロパティを Task クラスに追加してこの問題を解決します。

  • タイムシートの読み込みが非常に遅く、1 分以上かかる場合があります。 

  • サーバー管理者ではなくファーム管理者であるユーザーに対して、ファーム管理者のアクセス許可を必要とする Project Server Interface (PSI) API 呼び出しが失敗します。 

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、Windows Update: FAQ」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2019 年 9 月 11 日」を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム 4475555 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

ファイル名 SHA1 ハッシュ SHA256 ハッシュ
sts2019-kb4475596-fullfile-x64-glb.exe C0C8664E30B995A1BE29C4B70DBE78FACE4FFA7A 3BA6C8053669905C3A0AD3CD06C3E1F08E838559B04865188BFC7C0A19A13937


ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ローカル コンピューター上では、これらのファイルの日時は、夏時間 (DST) が反映された現地時間で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法


更新プログラムのインストールのヘルプ: オンライン上で自分を守る

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: マイクロソフト セキュリティ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート