CLT のチケットを開く方法


チケット システム CLT ツールについては、次の手順を参照してください。

Explore.msとログをツールにアクセスします。

コールログに記録するツール (CLT)ツールを選択します。

CLT1

新しいクエリを選択します。

CLT2

自分のアカウントにサインイン

CLT3

システムおよびツールのクエリ


システムやツールに関連するサポート案件を記録と、以下はサポートされています。

問題とクエリの他のツールはサポートされません、正しいマイクロソフトのサポート チームにログに記録する必要

システムの問題 EDI をライブ チャット、べラム紙
アクセスおよびシステムの問題 BART、CLT、eAgreements、エクスプ ローラー、レター ボックス (MPC)、業者、MsOps (基本ポータル)、パートナーの見積もり、パートナーの Web フォルダー、詩人と RO のツール、対応アプリ、VLSC
MOET」または「PWF のみ基準に EPP

分類の下は、大文字と小文字を正しくルーティングするのには使用する必要があります。

PCN EOC の外部に問題が関連して、パートナーは PCN の場所の国または地域を選択してください。
ビジネス ストリーム 商用
プログラム 関連のクエリの「プログラム固有ではない」オプションが使用されますが、適用されたツールの多くのプログラムを正しく選択する必要があります。
タイプ 照会する必要があります。
理由 ツール/システムの質問を常にする必要があります。
サブの理由

関連性を使用する必要があります、最も一般的です。

[エラー メッセージとヘルプ] 「ログに記録できません、システムに」

重要な:ツールやアクセスの問題やエラー、パートナーは、CLT を作成するときに添付してくださいステップ バイ ステップのスクリーン ショットがエラーまたは問題の原因を提供する必要があります。指定しない場合、この検証の際に要求され、追加の遅延に 。

正しく使用されている分類の例

CLTcorrect
CLTcorrect2

顧客のクエリをマスター


顧客のマスターのメインの CLT の要求に関連しています。

  • の連絡先の詳細の変更: この要求は、eAgreements またはエラーが発生しました経由ではサポートされていない場合は、CICR のフォームを提供する必要があります (スクリーン ショットやパッケージの数を添付)
  • 会社名の変更-の会社の方向の用紙に会社名の顧客レターの変更が必要な顧客の要求を確認することによって署名された
  • 契約時場合は、マイクロソフトの契約管理チームからパートナー契約時の要求が承諾することができます。
  • OPS MF の詳細情報への変更
パートナーが PCN の場所の国または地域を選択する必要があります PCN EOC の外部に問題が関連している場合
ビジネスストリーム 商用
プログラム これは、契約書が送信されるプログラムを選択してください。
タイプ 照会する必要があります。
理由 連絡先の詳細
サブの理由 連絡先の詳細の変更

masteringqueries1

顧客ケアのクエリ


ほとんどの場合は、契約、注文、およびポリシーに関連します。

パートナーが PCN の場所の国または地域を選択する必要があります PCN EOC の外部に問題が関連している場合
ビジネス ストリーム 商用
プログラム これは、契約書が送信されるプログラムを選択してください。
タイプ 照会する必要があります。
理由

最も一般的な次のとおりです。

契約の質問 注文関連の質問 請求書/DAF のコピーの要求 クレジット関連の質問
サブの理由

最も一般的な次のとおりです。

協定の設定に関する問題

契約の状態

価格の計算方法の質問

私の請求書の表示が正しくないです。

私の注文のステータスは何です。

私の注文を保留にするはなぜです。

私の注文が拒否された理由

重要 - この rebill クレジットとクレジットを要求する場合は、照会ではなく、トランザクションとして記録されます。

scenario1

scenario2

scenario3

scenario4

5

新しい契約修正の処理と


これは、トランザクションおよび関連する分類を使用して作成する必要があります。

errorsCLT

FPP (物理的な製品) のクエリ:


一般的なクエリは次のとおりです。

  • 私の出荷が正しくないです。
  • 私の出荷があります。

EOC の顧客サービスによってサポートされていないと、クエリは、 commfpp@microsoft.comにメールで送信する必要があります。

 

CLT のサポート


Https://partner.microsoft.com/supportに移動する際にさらに CLT のツールとガイダンス、

分類ドロップダウンから選択します。

テクニカル サポート] → [のボリューム ライセンス (VL) ツールのオプション] → [呼び出しのログ ツール (CLT)

CLT サポートにお問い合わせ