Xbox の音声認識とプライバシー

適用対象: PrivacyXbox

Xbox が発音をより正しく認識できるように、発音によって Xbox を操作すると音声認識の情報が Microsoft によって収集されます。

情報はデバイスの快適に使えるようにする目的で収集されるため、この情報がいつどのように利用されるかに関して適切な選択を行うのに必要な情報を提供することを目標としています。

Cortana と音声認識サービスがクラウドと Xbox の両方に存在します。また、Microsoft が収集する情報によってサービス自体も向上します。クラウドに依存せず、デバイスでのみ動作する音声認識サービス (音声認識など) は、この設定がオフになっていても動作します。ただし、ユーザーの同意なしに Microsoft が音声認識情報を収集することはありません。

音声認識の情報の管理

Xbox が音声認識情報を収集しないようにするには

  1. Xbox ボタン  を押してガイドを開き、[システム] > [設定] > [システム] > [Cortana 設定] の順に選択します。
  2. 「コルタナさん」と言ったときに Cortana が実行できる操作の一覧を確認します。既定の設定は [同意する] で、サインインすると、Cortana がお使いの本体で個人エクスペリエンスと関連する候補を提示できるようになります。
  3. Cortana を使用しない場合は、[No thanks] (起動しない) を選択します。これにより、デバイス上のデータが消去され、ディクテーション サービスが新しいデータを収集できなくなって、Cortana がオフになります。

クラウドから音声認識情報をクリアするには

  1. 本体でガイドを開き、[システム] > [設定] > [アカウント] > [プライバシーとオンラインの安心設定] > [アプリのプライバシー] > [音声認識] の順に選択します。
  2. [Let Xbox and Cortana collect my speech info] をオフにします。これにより、デバイス上のデータが消去され、音声認識サービスが新しいデータを収集できなくなって、Cortana がオフになります。
  3. 次に、[Manage personal info] を選択します。これにより、本体から Microsoft アカウントのプライバシー ダッシュボードに移動します (サインインが必要な場合があります)。
  4. [Cortana のノートブック] で、[Cortana データを消去する] までスクロールし、[Cortana データを消去する] を選択します。