SharePoint Enterprise Server 2016 のセキュリティ更新プログラムについて: 2020 年 9 月 9 日

適用対象: SharePoint Server 2016

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、特別に細工された Office ファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります。 これらの脆弱性の詳細については、次のセキュリティ アドバイザリを参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft SharePoint Enterprise Server 2016 がインストールされている必要があります。  

このパブリック更新プログラムは SharePoint Server 2016 の Feature Pack 2 を提供します。 Feature Pack 2 には次の機能が含まれています。

  • SharePoint Framework (SPFx)

このパブリック更新プログラムは、以下の機能を含め、SharePoint Server 2016 Feature Pack 1 に含まれていたすべての機能も提供しています。

  • 管理操作ログ
  • MinRole の強化
  • SharePoint カスタム タイル
  • ハイブリッド分類
  • SharePoint オンプレミス用 OneDrive API
  • OneDrive for Business のモダン ユーザー エクスペリエンス (ソフトウェア アシュアランス ユーザーが利用可能)

OneDrive for Business のモダン ユーザー エクスペリエンスを使用するには、このエクスペリエンスを有効にする時点でソフトウェア アシュアランス契約が有効である必要があります。契約を有効にするには、パブリック更新プログラムをインストールするか、手動で有効にします。 OneDrive for Business を有効にする時点でソフトウェア アシュアランス契約が有効ではない場合は、OneDrive for Business のモダン ユーザー エクスペリエンスをオフにする必要があります。

詳細については、次の Microsoft Docs の記事を参照してください。

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムには、次のセキュリティ以外の問題についての機能追加と修正が含まれています。
  • カスタム コードから、Content Management Interoperability Services (CMIS) の REST クエリを介して SharePoint データを取得できない問題を修正します。
  • サブフォルダーの [他のユーザーと共有] コンテキスト メニューがクラシック ビューで機能しない問題を修正します。

    注: この問題を完全に解決するには、この更新プログラムと共に KB 4484512 をインストールする必要があります。 
  • OneDrive for Business のクラシック ビューでファイルが間違ったフォルダーにアップロードされる問題を修正します。

    注: この問題を完全に解決するには、この更新プログラムと共に KB 4484512 をインストールする必要があります。 
  • ドイツ語の複合語のクエリ候補トークンの 2 つまたは 3 つの重複を引き起こすヒットの強調表示に関する問題を修正します。
  • ユーザー ピッカーで 1 つのスペースを解決すると、"すべてのユーザー (Windows)" が生成される問題を修正します。 
  • リストに新しい項目を追加し、リボンで [保存] を複数回クリックすると、リストに複数の項目が追加される問題を修正します。
  • Excel テーブルから複数の列または行をクイック編集ビューのリストにコピーできない問題を修正します。
  • 拡張 Web アプリケーションで検索 API を呼び出すときに、高い CPU コストがかかる問題を修正します。
  • Internet Explorer またはレガシ Edge 以外のブラウザーを使用している場合、Word でドキュメントを強制的に開く必要があるライブラリ設定が、クラシック エクスペリエンスで反映されない問題を修正します。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2020 年 9 月 9 日」を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム 4484473 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

ファイル名 SHA1 ハッシュ SHA256 ハッシュ
sts2016-kb4484506-fullfile-x64-glb.exe 7A2DC30B1DDFF99E0AC3D5583914507610A66C06 39D098B80DCB90C7E0A6FB00CC1F02FF858858190BCA2DA523813FB0AD155028


ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (4484506) に含まれるファイルの一覧をダウンロードしてください。

保護とセキュリティに関する情報


オンライン環境で身を守る: Windows セキュリティ サポート

サイバー脅威を防ぐ方法の詳細: マイクロソフト セキュリティ