2019 年 2 月 20 日 — KB4487022 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

適用対象: Windows Server 2008 Service Pack 2

機能追加および修正


このセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4487023 (2019 年 2 月 13 日リリース) に含まれていた機能強化と修正プログラムが含まれています。また、次回のマンスリー ロールアップ更新プログラムのプレビューとしてこれらの新しい品質強化も含まれています。

  • チリのタイムゾーン情報を更新します。  
  • SignerSignEx2 API のサポートが追加され、Windows Server Update Services 3.0 SP2 でこの API を使用してファイルに署名できるようになります。
  • 最新の更新プログラムで、日本の元号に関する元年のサポート動作が上書きされる可能性がある問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。
  • 日本の元号の最初の年を元年と表示できるようにします。 詳細については、KB4469068 を参照してください。
  • Microsoft Office Visual Basic for Applications で、正しい日本の元号名が表示されない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。
  • 日本の元号名の省略形として、最初の文字が認識されない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。
  • 仮想マシン (VM) が前に一度保存され復元されたことがある場合、VM が正常に復元できないことがある問題を修正します。 エラー メッセージは、“仮想マシンの状態を復元できませんでした。 保存された状態データを読み取ることができないため、この仮想マシンを復元できません。 保存した状態データを削除してから、仮想マシンを起動してみてください。 (0xC0370027)” です。これは、AMD Bulldozer ファミリー 15h、AMD Jaguar ファミリー 16h、および AMD Puma ファミリー 16h (第 2 世代) のマイクロアーキテクチャに影響します。 
  • Microsoft Access 95 ファイル形式の Microsoft Jet データベースを使用するアプリケーションがランダムに動作しなくなることがある問題を修正します。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
この更新プログラムのインストール後、日本の元号名の最初の文字が省略形として認識されず、日付を解析する際に問題が発生することがあります。

この問題は KB4489880 で解決されています。

PatBlt API を使用して埋め込みオブジェクトを Windows メタファイル (WMF) に配置する複合ドキュメント (OLE) サーバー アプリケーションで、埋め込みオブジェクトが正しく表示されないことがあります。

たとえば、Microsoft Excel ワークシート オブジェクトを Microsoft Word ドキュメントに貼り付けると、セルが異なる背景色でレンダリングされることがあります。
この問題は KB4493471 で解決されています。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update のオプションの更新プログラムとして提供されています。 Windows Update の実行方法については、「Windows Update から更新プログラムを入手する方法」を参照してください。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 4487022 のファイル情報をダウンロードしてください。