ライセンス認証の失敗と、2019 年 1 月 8日ボリューム ライセンスの Windows 7 の KMS クライアントの周りの「非正規品」の通知

適用対象: Windows 7 ProfessionalWindows 7 Enterprise

概要


この資料は、ボリューム ライセンスに適用されます。KB 971033更新プログラムがインストールされているキー マネージメント サービス (KMS) ライセンス認証を使用するWindows 7 のデバイスです。一部のユーザー、Windows のライセンス認証または 2019 年 1 月 8日 10時 00分 UTC 以降を開始する「Windows が正規品である」の通知が適用される場合があります

2019 年 1 月 9日のマイクロソフトのライセンス認証と検証のサーバーに対して行った変更が戻されます。でデバイスのアクティブ化と「非正規品」通知を報告し続けるのは、「解決方法」セクションの手順に従って、 KB 971033を削除していますください。

ボリューム ライセンスのライセンス認証をサポートする Windows エディションを以下に示します。

  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Professional N
  • Windows 7 Professional E
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Enterprise N
  • Windows 7 Enterprise E

2019 年 1 月 8日周りのマイクロソフトのライセンス認証と検証のサーバーが原因ではない経験のアクティブ化と「非正規品」エラーを変更する Windows エディションのライセンス認証の標準的なトラブルシューティングを実行することをお勧めします。

現象


  1. ログオンした後、 Windows が正規の製品でないエラー メッセージが表示されます。
    スクリーン ショット テキストの説明
     エラー
    ダイアログ タイトル: Windows のライセンス認証 Windows が正規品ではありません。 お使いのコンピューターは、Windows の偽造コピーを実行している可能性があります。 正規の製品を今すぐ取得します。 後で確認します。 0xC004F200
     
  2. 黒の背景に、Windows デスクトップ上でwindows のこのコピーは非正規品のウォーターマークが表示されます。
    スクリーン ショット テキスト形式の説明
     エラー
    「この Windows のコピーが正規品である」の透かしは、黒の背景には、Windows デスクトップの右下隅に表示されます。
     
  3. slmgr /dlv出力には、エラー 0xC004F200 が報告されます。

    スクリーン ショット テキスト形式の説明
     エラー
    注: PII を削除するフィールドの選択がクリアされます。 名前: windows (r) 7、Enterprise edition 説明: Windows オペレーティング システムの windows (r) 7 では、チャネル ・ VOLUME_KMSCLIENT ライセンス認証 ID: ae2ee509-1b34-41c0-acb7-6d4650168915 アプリケーション ID: 55c92734-d682-4d71-983e-d6ec3f16059f 拡張 PID: < 削除 > インストール ID: < 削除 > 部分的なプロダクト キー: HVTHH ライセンス状況: 通知 通知の理由: 0xC004F200 は (非正規)。 残りのウィンドウれているリアームの数: 2 時刻を信頼する: < 削除 > アクティブにし、値を更新するために KMS クライアントの情報を更新するのには、slmgr.vbs/ato を使用してください。
     
  4. アクティブ化を使用して行われる、slmgr /atoコマンドが失敗して、以下のメッセージ:「Windows は非正規の通知期間内で実行されています。実行 ' slui.exe' をオンラインにし、Windows を検証します。」
    スクリーン ショット テキスト形式の説明
     エラー
    Windows (r) 7、Enterprise edition (ae2ee509-1b34-41c0-acb7-6d4650168915) をアクティブにする. エラー: Windows は、非正規の通知期間内で行われています。実行 'slui.exe' をオンラインにし、Windows を検証します。
     
  5. 次のイベントは、イベント ログに記録されます。
    イベント ログ イベント ソース イベント ID 説明
    アプリケーション Microsoft Windows セキュリティ SPP 8209 アプリケーション Id 55c92734-d682-4d71-983e-d6ec3f16059f の正規の製品ではない (0x00000000) を正規の状態を設定
    アプリケーション Microsoft Windows セキュリティ SPP 8208 正規チケットの取得に失敗しました (hr = 0xC004C4A2) のテンプレート Id 66c92734-d682-4d71-983e-d6ec3f16059f
    アプリケーション Windows のライセンス認証テクノロジ 13 正規品の検証の結果: hrOffline = 0x00000000、hrOnline = 0xC004C4A2
    アプリケーション Microsoft Windows セキュリティ SPP 8196 ライセンスのライセンス認証スケジューラ (sppuinotify.dll) は、自動的にアクティブにできませんでした。エラー コード: 0xC004F200。

原因


最近の更新、マイクロソフトのライセンス認証と検証を誤ってced KB 971033がインストールされている必要があるがボリューム ライセンスの Windows 7 クライアントで、「非正規品」のエラーです。変更は [2019 年 1 月 8日 10時 00分: 00 UTC に導入され、2019 年 1 月 9 日に 4時 30分: 00 UTC に戻されます。

注: このタイミングは、2019 年 1 月 8日火曜日にリリースされた「1 b」の 2019年 1 月更新 (KB 4480960KB 4480970) のリリースと一致します。これらのイベントが関連付けられていません。

KB 971033を持つ Windows 7 のデバイスがインストールされましたが、変更の時間の間には、この問題は発生しませんでした (2019 年 1 月 8日 10時 00分: 00 UTC) とその変更の復帰の時刻 (4時 30分: 00 (UTC)、2019 年 1 月 9 日)この資料に記載されている問題は発生しませんする必要があります。

KB 971033 (「上の説明Windows ライセンス認証技術の日」) 次のテキストにはが含まれています

"を使用しているボリューム ライセンス キー マネージメント サービス (KMS) またはマルチ ライセンス認証キー (MAK)、一般的な推奨事項の参照イメージであるか、既に、この更新をインストールするのにはエンタープライズの注顧客は、コンピューターを展開します。この更新プログラムに的を絞った消費者製品のライセンス認証を使用して Windows インストールします。"

KB 971033は、すべてのボリューム ライセンスの Windows 7 ベースのデバイスからアンインストールすることを強くお勧めします。これには、現在の「現象」に記載されている問題によって影響を受けないためデバイスが含まれます。

解決方法


KB 971033がインストールされているかどうかを確認するには、 1 つの次のメソッドを使用します。

  • コントロール パネルの [インストールされた更新プログラムの項目を開く (コントロール パネル> Windows Update >更新履歴の表示>インストールされた更新プログラム)、 Microsoft Windows (KB971033) の更新を探して、リストです。
  • 次管理者は、コマンド プロンプト ウィンドウでコマンドを実行し、検索の実行Microsoft Windows のセキュリティ ・ WindowsActivationTechnologies ・ パッケージ ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 7.1.7600.16395の結果にします。
    dism /online /get-packages
  • コマンド プロンプトで次のコマンドを実行し、 KB 971033がインストールされていることを示す値の結果になります。
    wmic qfe where HotFixID="KB971033"
  • Windows PowerShell で次のコマンドを実行し、 KB 971033がインストールされていることを示す値の結果になります。
    Get-Hotfix -id KB971033

KB 971033が現在インストールされている場合を使用して、 1 つ以下の方法の更新プログラムを削除します。更新プログラムを削除した後、システムを再起動することをお勧めします。

  • コントロール パネルの [インストールされた更新プログラムの項目の (コントロール パネル> Windows Update >更新履歴の表示>インストールされた更新プログラム)、 Microsoft Windows (KB971033) の更新を、右クリックし、アンインストールを] を選択します。
  • 管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを実行します。
    wusa /uninstall /kb:971033
  • 管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを実行します。
    dism /online /Remove-Package /PackageName:Microsoft-Windows-Security-WindowsActivationTechnologies-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~7.1.7600.16395

KB 971033をアンインストールした後、またはインストール済みとして表示されなくなります後は、ライセンス認証に関連するファイルを再構築し、管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを実行して、システムを再アクティブ化し、します。

net stop sppuinotifysc config sppuinotify start= disablednet stop sppsvcdel %windir%\system32\7B296FB0-376B-497e-B012-9C450E1B7327-5P-0.C7483456-A289-439d-8115-601632D005A0 /ahdel %windir%\system32\7B296FB0-376B-497e-B012-9C450E1B7327-5P-1.C7483456-A289-439d-8115-601632D005A0 /ahdel %windir%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Roaming\Microsoft\SoftwareProtectionPlatform\tokens.datdel %windir%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Roaming\Microsoft\SoftwareProtectionPlatform\cache\cache.datnet start sppsvccscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /ipk <edition-specific KMS client key>cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /atosc config sppuinotify start= demand

注: 最初の「cscript」のコマンドでは、実際キーを使用して >特定のエディションの KMS クライアント キーの < を交換してください。詳細については、Microsoft のドキュメントの次の資料を参照してください。

KMS クライアント セットアップ キー

次の表は、Windows 7 の各エディションの KMS クライアント キーを示します。

オペレーティング システムのエディション

KMS クライアント セットアップ キー

Windows 7 Professional

FJ82H-XT6CR-J8D7P-XQJJ2-GPDD4

Windows 7 Professional N

MRPKT-YTG23-K7D7T-X2JMM-QY7MG

Windows 7 Professional E

W82YF-2Q76Y-63HXB-FGJG9-GF7QX

Windows 7 Enterprise

33PXH-7Y6KF-2VJC9-XBBR8-HVTHH

Windows 7 Enterprise N

YDRBP-3D83W-TY26F-D46B2-XCKRJ

Windows 7 Enterprise E

C29WB-22CC8-VJ326-GHFJW-H9DH4

注意事項

  • KMS クライアント セットアップ キーが含まれているスクリプトには、対応するオペレーティング システムのエディションをターゲットする必要があります。
  • KB 971033がないサービスのインストールしますが、もライセンス認証に関連するファイルを再構築して、再アクティブ化] ボックスの一覧に記載されているスクリプトを使用してシステムを再アクティブ化に、「現象」に記載されている問題が発生コマンドです。