SQL Server 2016 SP2 用の累積的な更新 6

適用対象: SQL Server 2016 DeveloperSQL Server 2016 EnterpriseSQL Server 2016 Enterprise Core

説明 6 (CU6) の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド番号: 13.0.5292.0) Microsoft SQL Server 2016 Service Pack 2 (SP2) の。修正2016 SP2 の SQL Server の最初のリリース以降後にリリースされたこの更新プログラムが含まれます。

累積的な更新プログラム

累積的な更新プログラム (CU) は、Microsoft ダウンロード センターでできます。SQL Server 2016 SP2 用にリリースされた最新の CU だけは、ダウンロード センターで利用できます。
  • 最新の CU には、インストール済みの SQL Server バージョン/Service Pack 用に前回の CU に含められていた修正プログラムがすべて含まれます。
  • 予防措置として、CU のリリースごとに継続的にインストールすることをお勧めします。
    • SQL Server CU は Service Pack と同じレベルに認証されるため、同じ信頼レベルでインストールする必要があります。
    • 過去のデータは、リリース済みの CU で既に解決されている問題が多数のサポート ケースで扱われていることを物語っています。
    • CU には、修正プログラムの他に 付加的な機能 (サポータビリティ、管理性、信頼性の更新ファイルなど) が含まれることもあります。
  • SQL Server Service Pack の場合と同様に、CU を実稼働環境に展開する前に CU をテストすることをお勧めします。
  • SQL Server インストールを最新の SQL Server 2016 Service Pack にアップグレードすることをお勧めします。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法


以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。ダウンロード ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。メモ2016 の SQL Server の将来の累積的な更新プログラムがリリースされた後この CU をあるし、 Microsoft Windows Update カタログからダウンロードできます。ただし、常に最新累積的な更新プログラムが利用可能なをインストールすることをお勧めします。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれる追加の修正プログラム


VSTS バグ番号 サポート技術情報番号 説明 修正領域
12710423

4500327

FIX 2016 の SQL Server の「バッチ モードでクエリを実行すると、解放されていないスケジューラの問題が発生します。

SQL エンジン
12186150 4468101

SQL Server 2016、2017 の拡張情報を使用してメッセージを「文字列またはバイナリ データは切り捨てられます」の省略可能な交換を改善します。

SQL エンジン
12748064 4480652 修正: SQL ライター サービス発生する可能性が検出されないデッドロック システム DMV の VSS バックアップを実行するとき SQL エンジン
12671862 4486932 修正: ユーザー正しくは許可されていない 2016 の SQL Server 内のベース テーブルには適合していない非クラスター化インデックスのインクリメンタルの統計情報を作成するには SQL パフォーマンス
12600924 4488403 修正: レポート名に"("の SSRS 2016 の角かっこが含まれている場合、レポート内のイメージは表示されません。 Reporting Services
12646096 4488809 FIX 並列クエリを SQL Server 2014、2016 の Filestream テーブルから削除すると、アサーションが発生します。 SQL エンジン
12668586 4488817 修正: FILESTREAM ファイル I/O アクセス機能を有効にできません 2016 のフェールオーバー クラスターのインスタンスの SQL Server のクラスター共有ボリューム (CSV) を使用する場合 SQL エンジン
12658209 4488853 修正: プル サブスクリプションを作成する SQL Server 2016 の sp_addpullsubscription_agent を実行しても 'MSrepl_agent_jobs' が存在しません。 SQL エンジン
12639882 4488856 FIX エラー 2812 20028 はパブリッシャーを削除するか、SQL Server、2016 をアップグレードした後、パブリケーション データベースを有効にするときに発生して SQL エンジン
12654426 4488949 修正: アサーションが発生するリンク サーバー自体を指すが 2016 の SQL Server データベースにまたがるトランザクション内で使用されます。 SQL エンジン
12654303 4488971 2016 の SQL Server のエラーと修正: MDS データベースのアップグレードが失敗します。 Data Quality Services (DQS)
12660793 4489202 FIX] 2016 の SQL Server データベース内の .NET CLR アセンブリをロードするときにエラー 10314 が発生します。 SQL エンジン
12677809 4490138 FIX、自分自身でフィルター処理された NCI 可能性がありますを保持できません、テーブルが更新されたときは、NCI のキー、または含まれている列の [なし] の方法で SQL パフォーマンス
12673166 4490140 FIX スタック ダンプは、変更追跡の 2016 の SQL Server でのクリーンアップ処理で発生します。 SQL エンジン
12391094 4490141 改善: DMV sys.dm_hadr_cluster レポートはクラウド監視クォーラムの種類「4」と quorum_type_desc 2016 の SQL Server では、"UNKNOWN_QUORUM" 高可用性
12708933 4490435 FIX は、CDC ソース SQL Server の 2016 のプレビューを行う場合に発生する「指定されたキーは、ディクショナリ内に存在でした」 統合サービス
12700350 4490737 修正: SSRS 2016 の日付パラメーターを使用してデータ ドリブン サブスクリプションを編集できません。 Reporting Services
12689122 4490743 修正: SSRS 2016 のグリッド内の項目がクリックされたときに、単純なデータ グリッドの行ヘッダーに表示されなくなります Reporting Services
12664995 4491333 修正: サブスクリプションは、DateTime パラメーターが作成され、SSRS 2016 のさまざまなロケールとキーボードの言語を編集する場合に失敗します Reporting Services
12722975 4492762 FIX は SQL トレース コレクションの設定を収集およびアップロード「今すぐ」2016 の SQL Server でをクリックすると失敗します。 SQL エンジン
12679390 4492865 改善: で使用できる JQuery 3.0.0 以降 SSRS 2016 Reporting Services
12711556 4492880 AG 2016 の SQL Server からデータベースが削除されたときにアサーションをシード処理の修正: 自動 高可用性
12741001 4492899 FIX ファイル テーブルがデータベース レベルのディレクトリはアクセスできなく 2016 の SQL Server でデータベースの起動 SQL エンジン
12644636 4493329 FIX sp_addarticle を使用して、2016 の SQL Server のサブスクライバー上のメモリ用に最適化されたテーブルに、トランザクション レプリケーションのアーティクルを追加すると、エラーが発生します。 SQL エンジン
12738723 4493363 修正: 低い特権を持つユーザーによって実行する特別に細工したクエリは SQL Server の 2016 のマスクされたデータを失う可能性があります。 SQL セキュリティ
12733996 4493364 FIX 2016 の SQL Server のバックアップに基づくコンポーネントではないし、仮想マシンをバックアップする場合、エラーが発生します。 SQL エンジン

この更新プログラムについての注記


ハイブリッド環境への展開

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、更新プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージの情報


必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するに SQL Server 2016 SP2 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。

レジストリ情報

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。