2019 年 3 月 20 日 — KB4489889 (OS ビルド 14393.2879)

適用対象: Windows 10, version 1607Windows Server 2016

 

 

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • テーブルまたは列にカスタム プロパティがある場合に要求された操作が停止する Microsoft Access 97 データベースに関する問題を修正します。
  • ブエノスアイレス (アルゼンチン) のタイム ゾーン情報を更新します。 
  • 日本語の書式の日付に日本の元号のレジストリ設定が使用されない Microsoft Office Visual Basic for Applications に関する問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • カザフスタンのタイム ゾーン情報を更新します。 
  • サントメ・プリンシペのタイム ゾーン情報を更新します。 
  • ユーザーが日本の元号の元年のサポートを有効にすることができない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • dxgkrnl.sys の信頼性の問題を修正します。 
  • ヒューマン インターフェイス デバイス (HID) の Windows デバイス マネージャーに黄色の感嘆符が表示される問題を修正します。 この問題は、ユーザーを切り替え、HID 準拠のデバイスを削除または追加した後に発生します。 HID 準拠デバイスが応答しなくなり、システムがシャットダウン時と再起動時に応答しなくなります。  
  • 再起動後にタッチ スクリーンが動作しなくなることがある問題を修正します。 
  • App-V クライアントを使用してアプリケーションを起動するときに、ユーザーがサインインできず、アカウントがロックアウトされる問題を修正します。 この問題は、ドメイン ネーム サーバー (DNS) からユーザー情報を取得しようとすると Kerberos 認証が失敗するために発生します。 次のレジストリ キーを変更します。

    • 設定: UseDcForGetUserInfo
    • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\AppV\Shared\
    • 種類: REG_DWORD
    • 値: 次の DWORD を 0 以外に設定すると、この解決策が有効になります。
  • App-V アプリケーションが起動できず、エラー “0xc0000225” が生成される問題を修正します。 次の DWORD を 0 以外の数値に設定すると、この解決策が有効になります。 HKLM\Software\Microsoft\AppV\\MAV\Configuration\MaxAttachWaitTimeInMilliseconds。既定値は 0 であり、最大値は 10,000 です。エラーが発生したときのドライバーの最大待機時間を制限します。  詳細については、KB4494206 を参照してください。
  • Windows Defender アプリケーション制御用に Add-SignerRule を実行すると、ポリシーの XML ファイルから ALLOWCLSIDS ポリシーが削除される問題を修正します。 
  • エンタープライズ Web サーバーがインターネットに接続するときに、認証の資格情報ダイアログが表示されない問題を修正します。 
  • ユーザー名のヒントにスマート カードを使用して、リモート デスクトップ サービスを使用して Azure Active Directory (AAD) に参加しているコンピューターにログインすると、クライアントまたはサーバーが再起動する問題を修正します。 
  • ICertPropertyRenewal インターフェイスで CERT_RENEWAL_PROP_ID を使用すると、証明書の更新が失敗する問題を修正します。 
  • 統合書き込みフィルター (UWF) が有効な場合に、ユーザーが UWF サービス モードを使用して入手できるすべての Windows 更新プログラムを受信できない問題を修正します。 
  • NTFS.sys で “Stop 0x133” というエラーが発生することがある問題を修正します。 
  • システムが起動時に応答しなくなる Microsoft サービス コントロール マネージャー (SCM) コンポーネントの問題を修正します。 
  • Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) 管理コンソールに証明書利用者信頼が重複して表示される AD FS の問題を修正します。 この問題は、AD FS 管理コンソールを使用して証明書利用者信頼を作成または表示するときに発生します。 
  • ファイル共有をホストするディスクがオフラインになり、オンラインに戻った後に、以前のファイル バージョンが表示されない問題を修正します。 
  • ハイブリッド スリープから復帰するとき長い待機時間が発生する問題を修正します。 
  • "ループ内の再起動" シナリオ中にシャットダウン時にエラーが発生することがある記憶域スペース ダイレクト環境の問題を修正します。

  • ファイル共有監視が読み取り専用になるとクラスターが動作しなくなることがある問題を修正します。

  • クラスター ノードを 1 つずつ更新するときに発生する問題を修正します。 低いパッチ レベルのノードを再起動すると、高いパッチ レベルのノードが予期せずに検疫されることがあります。

  • エクストラネット スマート ロックアウト (ESL) が Active Directory フェデレーション サービス (ADFS) で有効なときに、ADFS Web アプリケーション プロキシ (WAP) の待機時間が長くなる (10,000 ミリ秒を超える) 問題を修正します。これにより、CVE-2018-16794 で説明されている脆弱性が解決します。 

  • Microsoft Azure で Windows 10 Enterprise for Virtual Desktops のインサイダー ビルドのアクティブ化を有効にします。 Microsoft Azure は、Windows Virtual Desktop の重要な部分である Windows 10 Enterprise for Virtual Desktops をホストできることがテストされ、サポートされている唯一のプラットフォームです。

  • グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) のポリシー レプリケーションの状態レポートに表示されるドメイン コントローラーが、ドメイン全体または特定のグループ ポリシーに存在するドメイン コントローラーよりも 1 つ少ない問題を修正します。 

  • 次の両方の条件を満たす場合に、グラフィック デバイス インターフェイス (GDI) の DeleteObject() による呼び出しプロセスが動作しなくなることがある問題を修正します。

    • 呼び出しプロセスは、2 GB を超えるメモリ アドレスを処理する WOW64 プロセスです。
    • DeleteObject() は、プリンターのデバイス コンテキストと互換性のあるデバイス コンテキストで呼び出されます。
  • 次のポリシー パスにある “設定ページの表示” グループ ポリシーの文字数制限の問題を修正します。 "User Configuration\Administrative Templates\Control Panel"。
  • Windows DNS サーバーの役割に対する Extension Mechanisms for DNS (EDNS) の不明なオプション (不明な OPT) に関する軽微な問題を修正します。

  • GB18030 証明書の要件を満たすように問題を修正します。

  • 日付パーサーが複合ドキュメント (旧称 OLE) の未来と過去の日付 (グレゴリオ暦と和暦) を関連する日本の元号に変換できない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 

  • グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) のレプリケーションの状態レポートに関する問題を修正します。 この問題により、ドメイン全体または特定のグループ ポリシーのすべてのドメイン コントローラーがレプリケーションの状態レポートに表示されません。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) によって管理されているホストの場合、この更新プログラムのインストール後に、ホストに展開されている論理スイッチを SCVMM で列挙および管理できなくなります。

また、ベスト プラクティスに従わないと、ホスト上の vfpext.sys で STOP エラーが発生する可能性があります。

この問題は KB4507459 で解決されています。



 
グループ ポリシーに構成されている “パスワードの最小文字数” が 14 文字を超えている場合、KB4467684 をインストールした後、エラー “2245 (NERR_PasswordTooShort)” でクラスター サービスが起動しなくなることがあります。

ドメインの既定の [パスワードの最小文字数] ポリシーを 14 文字以下に設定してください。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムをインストールすると、WININET.DLL  を使用する Internet Explorer 11 とその他のアプリケーションに認証の問題が発生することがあります。 この問題は、リモート デスクトップ プロトコル (RDP) やターミナル サーバーのログオンなど、同じ Windows Server コンピューター上の複数の同時ログイン セッションに複数のユーザーが同じユーザー アカウントを使用する場合に発生します。 お客様から報告された現象の一部の例を次に示します。

  • キャッシュのサイズと場所がゼロまたは空と表示される。
  • キーボード ショートカットは正しく動作しない場合がある。
  • Web ページの読み込みと表示が適切に実行されないことがある。
  • 資格情報プロンプトに関する問題。
  • ファイルをダウンロードするときの問題。

この問題は KB4493470 で解決されています。

この更新プログラムをインストールした後、appendChild()insertBefore()moveNode() などのノード操作中に例外がスローされた場合、MSXML6 によってアプリケーションの応答が停止します。

Internet Explorer 10 設定のグループ ポリシーの基本設定 (GPP) を含むグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を編集すると、グループ ポリシー エディターが応答しなくなることがあります。
この問題は KB4493470 で解決されています。
この更新プログラムをインストールした後、Internet Explorer 上で、アプリケーション プロトコル ハンドラー用のカスタム URI スキームからローカルのイントラネット サイトおよび信頼済みサイトに対応するアプリケーションが起動しない場合があります。

この問題は KB4493473 で解決されています。

この更新プログラムをインストールした後に、可変のウィンドウ拡張を使用するように構成された Windows 展開サービス (WDS) サーバーから、Preboot Execution Environment (PXE) を使用してデバイスを起動しようとすると問題が発生することがあります。 この問題により、イメージのダウンロード中に WDS サーバーへの接続が中断することがあります。 この問題は、可変のウィンドウ拡張を使用していないクライアントまたはデバイスには影響がありません。

この問題は KB4503267 で解決されています。

フォントごとの外字 (EUDC) を有効にすると、システムが動作しなくなり、起動時にブルー スクリーンが表示されます。 アジア以外の地域では、これは一般的な設定ではありません。

この問題は KB4493470 で解決されています。

PatBlt API を使用して埋め込みオブジェクトを Windows メタファイル (WMF) に配置する複合ドキュメント (OLE) サーバー アプリケーションで、埋め込みオブジェクトが正しく表示されないことがあります。

たとえば、Microsoft Excel ワークシート オブジェクトを Microsoft Word ドキュメントに貼り付けると、セルが異なる背景色でレンダリングされることがあります。
この問題は KB4493470 で解決されています。
名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

次のいずれかの操作を行います。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。
  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4485447) が自動的に提供されます。最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。     

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4489889 のファイル情報をダウンロードしてください。

関連情報